Blog☆Hilo

日々の出来事を思いつくままに。そして,たまにHilo's Farmの農作業。

2028年が最後のオリパラになる?

2017-06-17 21:00:16 | 日々の出来事
このことについては以前にも少し書きましたココが、ここに来て俄然信憑性が出て来ました。

オリパラの2024年と2028年の開催国をまとめて決めてしまおうという話が再び報道されています。

なぜなら、2028年以降に立候補する国がなくなると予測されるからです。


理由は簡単。

開催するメリットがないから。

ロンドン以降のオリパラはうまくいきませんでした。

原因はわかっているのに同じことを繰り返している。


ボクはオリパラがあってもなくてもどちらでも良いのだけど、もし存続させるとしたら。

まずはIOCを解体する必要があると思う。

そして、今の時代にふさわしいオリパラとすること。

それは、原点に戻ることではないだろうか。

商業主義を排除して,参加者はアマチュアのみとする。

種目はシンプルにする。

これだけで大きな変革があるはずです

まずはスポンサーが激減するでしょう。

お金をかけることができなくなります。

ドーピングをしてまでメダルにこだわらなくなる。

これが本来のオリパラの姿だと思いませんか?

これならオリパラが生き残ることができるのではないだろうか。

2020東京オリパラはこれらのことに逆行しています。

種目をさらに増やしてオリパラの枠を広げようとあがいている。



最近は過去のドーピングが続々と明るみに出て来ています。

薬物などで汚染された選手も続出している。

日本選手だって、大麻やカジノ問題で騒がれました。

そもそもオリパラに出場する選手が光り物を身につけるなんてありえないでしょ。

1964年の大会を思い出してください。

日本の選手団の規律正しい姿が印象的でした。

それがオリパラの原点に繋がると思いませんか?

今なら間に合います。

こんな馬鹿げたオリパラは2020年を最後にしようよ。



『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイズスペンディングってなに? | トップ | ロレックスの秘密:出石尚三著 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。