平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録3月31日(金)

2017-03-31 11:44:38 | アマチュア無線

本日午前7時曇り8.7℃

【2017年の月別衛星概況】  3月
3/6  Meteor-M GISの話題この頃
3/9 MinXSS Linux用デコーダー公開される
3/11 Ballon CNSP-30 K6RPT-11 地球3周目
3/14 この頃新衛星打上げ情報
3/15 Nayif-1 FO-29 衛星2段中継 JA0CAW
3/16 Meteor GISの話題この頃
3/26 Telemetry Forwader バージョンアップ
3/29 ISS Shadow Beacon証明書発行される
3/31 MinXSS Win用デコーダー動作確認
3月  AO-73 夜間運用モード+週末常時ON
3月 AO-85 パスによってFMトラポンON使える状態
3月 FO-29 SO-50 良好

【Nayif-1】08:59 Upload:49

【Meteor-M N2】09:11

【MinXSS】Win10 64bit

【MinXSS Decoder】Complete Win10 64bit Sample.wav使用

MinXSSのWindows版Decoderの動作を確認しました。OSはWin10 64bitです。サンプル.wevファイルを再生してHigh Speed Sound Modemでデコード、それをLocalhostを使ってMinXSSデコーダーに渡す形です。Configファイル「input_properties」のIP addressとポートを書き換えました。Win10では通常ファイルにセキュリティーが掛かっていて上書き保存出来ません。ファイルのプロパティからセキュリティを開き「編集」で予めアクセス許可を与えておきます。JA0CAWさんに解説とアドバイス、またサンプル.wavを提供していただきました。Tnx.

解凍し任意に作ったMinXSSのフォルダーの中にサブフォルダーが三つあります。assets dist screenshots assetsの中には.pngのマークがあります。.exeのDecoder本体をdistの中から出すとassetsのマークにアクセスし画面に表示されるのではないかと思います。

pyファイルとはMinXSS Decoderのフォルダーの中には「pyファイル」が幾つか見えます。pyファイルとは何でしょう。Pythonに関係しています。Web上にはあらゆる情報があって便利です一通り読みましたが、分からなくはないです。どうもこの種のことについて教室で勉強したことがないので、発音が困ります。教室なら講師なり学友から発音を聞くことが出来ますが「Python」=「パイソン」ですかね。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛星通信記録3月30日(木) | トップ | 衛星通信記録4月1日(土) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事