平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録3月8日(水)

2017-03-08 08:03:52 | アマチュア無線

本日午前7時快晴マイナス1.0℃ 大霜 厳寒 真冬に逆戻り

【Nayif-1】読み方について現地語(アラビア語)の発音が聞き取れるビデオ映像をJE9PELさんが紹介しています。結論的に「ナイフ」と「ナイーフ」の中間、つまり伸ばす部分は半分伸ばすくらいの感じに聞き取れますそれはそれとしてNayif-1は「FUNcube-5」の訳で、FUNcubeはAMSAT-UKのプロジェクト、今回なぜアラブ首長国連邦が製作し、140個の衛星と一緒に打ち上げたのでしょうか。一般的に言う「OEM」なのでしょうか。細かい分析は時間がないのでしていませんが、いずれにしてもTransponderの運用など、主導権はアラブ首長国連邦の管制局が握っているようです『アラブ首長国連邦』(UAE)アラビア語、首都:アブダビ市 最大の都市:ドバイ 人口:9,157,000人

【JARLメールマガジン】「2月20日号」2/21に引用記事を書いておいて忘れていました(再掲)今回の打ち上げで軌道に投入された小型衛星のうち、Nayif-1はアラブ首長国連峰(UAE)のドバイ政府の宇宙機関であるMBRSC(The Mohammed bin Rashid Space Centre)と、同国のシャルジャにあるシャルジャアメリカン大学の共同プロジェクトで製作されたCubeSatタイプのアナログ中継器を搭載したアマチュア衛星です。〇テレメトリー 145.940MHz 1200BPSK FUNCUBEプロトコル仕様〇リニア中継器(逆へテロダイン)・アップリンク:435.045~435.015MHz・ダウンリンク:145.960~145.990MHz

↑プロジェクト、構想、ライセンスはAMSAT-UKのはずですが、一般的に言うOEMに似た形と思えます。

08:30~17:00 Working

【Nayif-1】21:03 前半変と思う程Capturingしませんでした。衛星の姿勢による偏波の影響かも知れません。そのうち採れ始めて最終Upload:62

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛星通信記録3月7日(火) | トップ | 衛星通信記録3月9日(木) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む