平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録10月12日(水)

2016-10-12 08:12:55 | アマチュア無線

本日午前7時薄曇り13.3℃ 冷え込みました。

【Meteor-M N2】08:43『Carrier Locked』Carrier周波数がドップラーに応じて変化しています。137.900+3.5kHzくらいから始まりました。この周波数帯のDopllerとしては、これくらいでしょう。そして最大仰角時にDopller量は「0」になるはずです。CALSAT32では08:51に最大仰角になると表記されています。しかし「分」表記では60秒の幅があります。08:51′44秒の時、Dopller量が「0」になりました。51分台ですから表記は合っています。この『キャリアーロックド』の仕組み、良く分かりませんが考えて見ると凄いです画像は丁度を見計らって「プリントスクリーン」したのですが、25Hz下がった表記になりました「1Hz」オーダーで変化しています台風20号、Meteor-M N2の画像では近く感じますが、ひまわりの画像では遠く見えます。 

【Himawari-8 real-time Web】 それでは、同じ「ひまわり」でもほぼ同じ時刻のこちらの画像ではどうでしょうMeteor-M N2を追うことによって、いろいろ「考察」が出来ます。只追うだけでなく、日々その辺をねらいとしているのであります「恐れ入りました。」自画自賛、歳をとったらしてはいけないことの一つ。

【5.6GHz】☆☆☆

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛星通信記録10月11日(火) | トップ | 衛星通信記録10月13日(木) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む