平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録8月4日(金)

2017-08-04 08:36:55 | アマチュア無線

本日午前7時曇り24.0℃

【ロケット打ち上げ見学レポート】8月1日の記事に関連して、JR8LWY武田さんからレポートをいただきましたので、紹介いたします『ロケットの打ち上げは種子島か肝付町に行かなければ見れないと思っていましたが、山を挟んだ隣町ということもあり行きました。報道されているように、全国から打ち上げを見ようと多くの人達が田舎町に押し寄せました!私がいた一般観覧エリアでは、実際の観覧者数は、各ウインドウ7ー800人位だと思います。関西や関東から来た人の中には飛行機の時間の都合があって最終ウインドウを見ることなく帰った人達がいました。いたとしても濃霧で機体は見えませんでしたが…それでもジェットエンジンとは違う瞬発力のあるエンジン音には感動しました。H2Aやソユーズはこんなもんじゃないんでしょうが…打ち上げの直前になってから気がついたのですが、霧のかかっていない内陸部に行けば霧の中から飛び出すロケットを見ることが出来たかもしれません…気づくのが遅かったです。今後も実験は続くと思いますので、衛星の軌道投入が可能になったらJARLにもご尽力頂いて新衛星の開発をお願いしたいところです!長きに渡り宇宙基地誘致活動を続けて来られた隣町の方々に敬意を表します。』続き『今回の打ち上げを失敗と思われている方もいるようですが、私はそうは思いません。宇宙と言われる高度100km、今回のmomoは20km位(20,000m)まで上昇!テレメトリーが途絶したため、エンジン停止コマンドを送信しています。8月1日には機体の一部が襟裳岬周辺で回収されています。今回の打ち上げで得たデータにより改善点も見えていると思います。会場には、工学的に興味のある人、ロケットの打ち上げを見に来た人、取材で来た人、様々な人達がおりました。次回は11月位のようですが、サテライト通信の準備をしていこうかと考えています。』そうですか、大樹町は武田さんの住んでいられる隣町なのですね。長い間の誘致活動で宇宙基地が実現、良かったと思います。実際に見学された人のレポートはリアルさがあり、様子が良く分かりました。Tnx.

【Meteor-M N2】09:11 異常 考えられるのは、CALSAT32と内臓のTLEが違っていたことだけ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加