平成徒然草

衛星通信つれづれなるままに…。 JE1CVL Kuge Fumio
衛星ごとに初回交信のみQSLカードを発行します。

衛星通信記録7月3日(金)

2015-07-03 08:34:04 | アマチュア無線

本日午前7時雨21.5℃ 雨が強く降っています。梅雨まっただ中

【Meteor-M N2】09:41 北海道東部、中国地方は、晴れているようです。九州、四国も晴れ間が出ていると思います。

 【イギリス旅行記⑤】『当世イギリス事情』は追って書くとして、本日は『当世海外ツアー事情』今回のツアーはLOOK JTB「添乗員がご案内する湖水地方とコッツウォルズイギリス周遊8日間」への参加でした。旅行パンフレットを見て期間、日程、値段などを判断して申し込みました。8日間と言っても実質、中6日です。JTBのツアーと言えば一応ブランドだと思いますので、主催者も相当気を使っているようでした。当然、事前に資料が送られて来て、担当添乗員さんから確認の電話も入りました。

参加者は総勢29人、1人キャンセルがあったようですから、30人の人員で計画がなされたようです。北は北海道から南は九州まで全国各地からの参加者でした。新婚さんが1組、若い娘さんとの親子連れ6組。何故かこのようなツアーに若い男子が来ているのを見たことがないのが不思議です。他は私たちのような現役リタイア組です。3人のグループが3組でしたが、飛行機・バスの席、ホテルの部屋の関係で「3」は少し難があるのですが、これは致しかたないこと。聞いて見ると割合、皆さん海外旅行の経験はあるようで、初めてという人は新婚さんだけだったでしょうか。最終日のロンドンでは、ツアーの日程をキャンセルして自分で行動する人が3組ほどありました。また、延泊が2組、新婚さんと、息子さんの嫁さんがイギリス人ということでその家に行くための延泊するご夫婦でした。

添乗員(ツアーコンダクター)さんの仕事は大変です。常に、持てる能力の全てを全ての場面で発揮している必要があります。現地でのガイド、交渉、トイレの心配、ホテルの使い方、部屋割り、手荷物のチェック、食事の手配、飲み物の注文受け、明日の行程確認、出発時刻、人員確認…等々。男性の添乗員さんでしたが、私たちが日本に無事帰り着くまで、本当に良くやってくれました。感謝しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加