パンの仏道日記

仏道の思いを自由気ままに、勝手に記す。
時事問題を考える。市民運動を推進する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本版FCC

2009-10-26 00:12:56 | メディア
ヤメ蚊さんのブログはいつも見ています。大変勉強になります。

さて、ヤメ蚊さんの今回のエントリー(放送行政を担う独立機関構想に向けた提言~日本版FCCは×)で、放送行政に関する独立行政機関構想について、みんなで議論を深めていきましょう、と呼びかけておられる。

ヤメ蚊さんのブログを読み、放送の独立行政委員会の設置の必要性を知ることになったのですが、私の勉強不足で、市民知識レベルに達していない自分は、これを論ずることはできない。

そこで、ヤメ蚊さんの上記エントリーに掲載されている、開かれたNHKをめざす全国連絡会による、「放送行政に関する独立行政機関構想に対する提言」について、私のそれの理解のために、それをかなり単純化して、まとめてみようと思う。私なりのまとめであり、それにほとんど知識がない私であるので、誤りがあるかもしれないことをお断りしておきます。

総務省が放送局に対して、免許の権限を握っているために、放送局が時の政府にとって不都合な放送を行った場合、総務省がその局の免許取消を行うのでないかという惧れが生じる。
変な放送をしたら、免許取り上げるぞ、という脅しがありえる。
そのような政府の不当な圧力を防ぐために、政府から独立した機関が免許を移す。この機関が独立行政委員会ということになる。
この独立行政委員会の設置は、諸外国では標準であり、日本がそれがないとは、特異である。
民主党の日本版FCCはそれに応えようとするのである。

しかし、それにはいくつかの懸念があるらしい。そこで、上記の会は、いくつかの提言をする。

1.新委員会には免許権限を、しかし内容規制はNO
新委員会には免許権限は、上記の説明がその理由であるだろう。
では、内容規制はNOとは、何の理由なのか。
「放送局が番組で人権侵害などの問題を起こした場合、日本では放送倫理・番組向上機構(BPO)が迅速に、経済的負担も少ない形で救済する仕組みがすでに機能しています。」
が、その理由であるようだ。BPOがあるのに、わざわざ、新委員会にその機能はいらないということなのだろう。

2.多数委員制と選任過程の透明化を

民主党の日本版FCCはアメリカのFCCを参考にしているといわれている。それにある問題があるというのだ。
それは、「与野党および大統領の推薦による5名の委員で構成」されていること。
与党の寄りの委員構成では、その独立性が保たれないということだろう。また、5名では少なすぎる。最低でも10名前後必要だろうと。
また、委員の選任に当たっては、「政府・総務省が委員候補の選考過程には一切関与しない仕組み」が必要だとし、公募や、選考委員会による推薦などの方法を採るべきで、「選任過程を可能な限り公開して、市民の目に見えるような形にすることが求められます。」という。

3.議事の公開など組織運営も透明化を
「政府の審議会が曲がりなりにも公開の方向にあるにもかかわらず、総務省の電波監理審議会はその議事を一切公開しないままとなっています。」と。

酷いですね。私は知りませんでした。どう考えても、公開すべきでしょう。

4.事務局には役人OBでなく民間登用を
「アメリカのFCCは1800人に及ぶという事務局スタッフを抱えていますが、番組内容の規制を行わない組織なら、これほど巨大な事務局は必要ないと思われます。それでも、事務局スタッフを総務省などからの出向や天下りで占めてしまっては、独立行政委員会方式を採用する意義が大きく減じられることになります。(以下省略)・・・」

5.NHKと政府の関係も同時に見直しを

「国会がNHK予算の審議・承認の権限を持っているために」、NHKの報道機関としての自立・自律を保つことができない。NHK予算の国会承認制度の廃止し、その自立・自律を促そうという。
「NHKと同様に受信料で成り立っている英国のBBCは、国会に対しては決算の報告のみで予算の承認は受けていません。」という。
BBCと同じくしろ、ということのようだ。

NHK経営委員会の委員選出過程に公募枠を設け、政府・総務省は委員候補の選考に関与しない仕組みにすべきであると。

以上。
自分なりに簡単にまとめてみた。まとめになってる??

一応、ダメダメだが、やってみた。
自分で、ある程度自由に述べるほどの知識が得られるようになるためには、今後、だいぶ勉強が必要なことがわかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日と今日は市民運動の集会... | トップ | 玉城康四郎著『仏道探究』が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リンクさせていただきました (監激)
2009-10-26 10:16:56
醍醐聰のブログ
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-c61f.html
も参考になります。
ありがとうございます。 (パン)
2009-10-26 23:09:17
監激さん

ありがとうございます。私の本当に拙いエントリーで恐縮してしまいますが、ありがたいです。

監激さんのブログ、醍醐聰のブログ、拝見させていただきます。
私は、本当に不勉強なので、これから、少しずつですが、勉強したいと思います。一市民として、何かができれば、と思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「開かれたNHKをめざす全国連絡会」放送行政の独立機関化について提言を提出 (NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ)
「開かれたNHKをめざす全国連絡会」(視聴者コミュニティも参加)は10月23 日、代表者が内藤正光総務副大臣と面会し、「『日本版FCC』でない独立放送委員会を」