四十の学び舎(旧校舎)

2013年5月~2014年3月までの、学び直しオバサーンの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待望のレポートご帰還につき、引っ越し作業の手を止めて。

2014年03月12日 19時01分43秒 | 東洋史概説Ⅰ,Ⅱ
 本日、東洋史概説Ⅰのレポートが戻って参りました。
この科目に取り組んだ先輩方のブログを読ませていただくと、だいたい1ケ月で戻ってきていたようだったので、そろそろ戻って来てもいい頃だなーと、思っておりました。今の棲家から引っ越してしまうと、レポートは新住所への転送扱いになってしまふ、するってーと、迷子になる確率も高くなるのではなかろうかと、ちょっと心配をし始めていたところでした。

 2012年の課題で取り組み、逃げ道を作らず積極的に一発合格を目指したレポートです。不合格だった場合、精神的ダメージは計り知れない。小ぶりの窓付き茶封筒を開く手が、緊張でもたつきます。そして、、、

結果は、まんまと合格
えへへへへ

頂いたコメントは、
「(前略)大変骨の折れる作業を地道になしとげ、自分なりの列伝解釈と、こそから導かれる古代中国像を築きあげようとした、その努力は大いに評価できます」
ありがとうございます!
でも、古代中国像を的確に把握できたぞ!という手応えは微妙だったの、見抜かれているようです。「築きあげた」ではなく「築きあげようとした」ですもんね^^;

続けて、
「やや誤字脱字の多さは気になりますが、」
申し訳ございません
見直しはしましたが、疲れている上に焦っていて上滑りしている感覚はありました。
以後精進いたします。。。

最後に、
「全体的に非常によくまとめられています。ご苦労さまでした。」
・・・こ、これは、
嬉しすぎますーーーーっ

考えることを諦めないでよかった。
思いついてしまった手間のかかるアイデアを、投げ出さないでよかった。
レポートの書き方についても、復習して取り組んでよかった。。。


 今回のレポート作成道中はとっても苦労しましたが、担当していただいた先生にはその苦心を読み取って頂けたようです。やればやっただけの評価を頂けるのだと分かり、大いに励みになりました。
ありがとうございました!

しかし、テキストや参考文献の読み方については、まだ浮ついていて余計な行ったり来たりが多く、要点を押さえて読む力が不足している自覚があります。その点を改善できれば、テキスト科目は1教科1ケ月でレポートを書き上げることが出来るのではなかろうか。
まだまだレポート修行は続きます


あゝ、とっとと引っ越しを済ませて勉強を再開したい。
今は、宮崎市定著『アジア史概説』をリュックの中に放り込んでいて、時間が空いたときにチビチビと読んではおります。が、やはり、手を使って読まないと手応えがアヤシイ・・・
せっかくレポートで合格を頂いたのだから、4月の試験もしっかり勉強して受けたいところです


=========
受付: 2月14日
返送: 3月11日
=========
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の咲く4月まで、当ブログ... | トップ | リアルで引っ越し、ブログも... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Uika)
2014-03-13 08:42:42
一発合格おめでとうございます♪
とても骨の折れる作業をなさったんですね。お疲れ様でした!

「考えることを諦めないでよかった」というこの深い言葉を、どんなレポートでも言えるようにしたいものです(^^;
Unknown (cimico)
2014-03-13 12:27:39
Uikaさん

ありがとうございます
ここで「一発合格を目指す!」なんて書いてましたので、ホッとしました。

史記列伝は70篇、文庫本にして5冊あります。当初は、目的の数篇だけを材料として組み立てるつもりだったのですが、結局すべての内容を読んで俯瞰しないと、詳細に言及できないなぁということに気付きまして、「鳥瞰から虫瞰へ」(「虫瞰」は、現役学生当時の地理学教員の造語です)という手法を取りました。これを分かりやすく説明して4000字凸凹に収めるのが、思った以上の骨折りだったんです。。。

いやー、ホント”骨折り損のくたびれ儲け”にならなくてよかったです♪

今回は「考える」ことに疲れ果てましたが、きっとめげないで続けていれば脳筋が鍛えられてこれくらいのレベルの思考なら鼻歌交じりに出来るようになると信じて、この先もしっかり取り組みたいと思います
Unknown (フーテンのドラ)
2014-03-13 19:51:57
おめでとうございます。
このレポートを書かれる苦労話、思い出します。
次のレポートもこの調子で!
Unknown (cimico)
2014-03-14 09:45:22
ドラさん

ありがとうございます。
たとえ習作のレポートでも、しっかり考えてじっくり取り組むのは大切ですね。苦労が報われたようで、とっても嬉しいです(^^)。

富士登山に例えれば、樹海を抜けて森林限界の一歩手前くらいでしょうか。森林限界を超えればきっと見晴が良くなります。
着実に前進してまいる所存です

あわせて読む