四十の学び舎(旧校舎)

2013年5月~2014年3月までの、学び直しオバサーンの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「1+1=2」

2014年02月21日 10時14分43秒 | 論理学
 大雪の影響で、英語学概論の参考文献の到着が予定到着日時よりも2日ばかり遅れておりましたので、ちょいと論理学に寄り道をしたのです。

 テキストで論理記号を見てしまったし、少し予備知識を入れておこうと考え、『入門! 論理学』(著:野矢茂樹、中公新書)に手を伸ばしました。実は先日すでに再読モードに入っていたのですが、17頁で壁にブチ当たっておりました。昨冬に初めて読んだときには、スルーっと通過した地点なんですけどね。。。

その壁の名前は、「演繹」。
野矢先生曰く「いくつかの前提からなんらかの結論を導くもので、その導出が絶対確実なもの(前提を認めたならば結論も必ず認めなければならないもの)、そのようなものを「推論」と呼びます。あるいは、もうちょっと専門的というか堅い言い方では「演繹」と呼ばれます。論理学があつかうのは、まさにここなのです。」

論理学があつかうまさにココ、の演繹が、私には今一つ掴めなかったのです。

演繹は、史学概論をカジカジしていたときにも遭遇したコトバです。当時のノートを見ると、「演繹と帰納」のところに、変な図説がありました(自分で書いたんんですけどね)。いろいろな形の物体に縦線や横線、水玉の模様が書いてあって、その集合から共通の模様を取り出すのが帰納。帰納で取り出した共通の模様から物体を特定するのが演繹、と説明してあります。

この私の理解した演繹と、論理学の演繹が、どうしても頭の中で重なってくれないのです。

困りました。
で、考えました。
思いつく一番簡単な演繹を検証してみよう!
で、私の思いついた一番簡単な演繹である可能性をもったモノ。
それが「1+1=2」なのでした。

一番簡単だと思ったんです。
「一本の木と一本の木があれば、二本の木があると結論してもよい」というのがすなわち「1+1=2」だし、間違ってないはずなんですけど、なんだか落ち着かない。その理由が分からなくて、「1+1=2」はしばらくの間、泳がせていたのです。

1本の木と1人の人間が存在するとき、「1+1=2」は適用されるのか、ということも考えました。木と人間との存在を名前で分けなければ、大丈夫。しかし、名付けてしまうと、単位が違うということになるなぁ、とか。

 ブチブチと考えていた私に、そもそも「1」という数字に演繹があるのだと教えてくれたのは、『数学入門(上)』(著:遠山啓、岩波新書)第1章「数の幼年期」でした。1本の木から「1」という数字を抜き出して理解することについて、書いてあります。
ある集合から数を抜き出す方法の説明があって、をれを元に自分で適当に作ってみたのが、「大教室に大勢の学生がいる。教授が全員に小テストの問題用紙を配ってすべて回収したら、53枚あった。大教室には53人の学生がいたと言える」という例文です。
学生の数を、紙に移して数える方法です。当たり前すぎるくらい当たり前のことなのですが、あまりに当たり前すぎて考えたことがなかったんですよね。
これは、紙に人間の数を写し取る方法です。
存在を記号に写し取っているのが数字(自然数と言うべきかな)。
「1」という数字が存在から演繹されたものである、と考えてもいいのかな、といまビクビクしながら考えています。
するってーと「1+1=2」はどうなるか。
演繹の上塗りではなかろうか、とこれもビクビクしながら考えています。
演繹を使った演繹ですね。

そんなこと言ったら、「語」はどうなのよ。
こうなるとビクビクも極地。
木、人、山、川などなど存在と対になっている「語」
心、勇気、愛情、神さまなど、存在を確認できないものを表す「語」
数字は存在から抽出された「語」
論理学が取り出した、否定「~でない」、連言「または」、選言「かつ」、条件法「ならば」という「語」は何を表しているのだろう???

・・・あれ?
論理学は「1+1=2」と同じように、第1次の演繹を経た次のフェーズの演繹なんじゃないか、と書こうと思っていたのですが、、、
よくわからなくなってしまいました・・・


タイムアウトです。
いい加減、英語学概論に帰らないとレポートが終わらない!
レポートが終わったら、改めて論理学に向き合おうと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テキストをパラパラ

2014年02月14日 12時58分17秒 | 英語学概論
 昨晩より、英語学概論に突入。レポートの準備に着手しました。
まず、レポート課題をメモ用紙に書き写し、次に『テキスト科目履修要綱2013』を再確認、続けて「熟読すること」とされていたテキストをレポート課題の同義語(類義語)が出てくるあたりまでパラパラパラパラと読み飛ばし、最後にアマゾンで参考文献をポチ!

参考文献は、池上嘉彦著『英語の感覚・日本語の感覚』(NHKブックス)と、同著者『意味論』(大修館)の2冊に的を絞ってみました。
選択の根拠は、”カン”です。

同義語は手元にある2冊の『The Little Prince』を使って探すことにしました。仏語→英語の翻訳本。それぞれ訳者が違いますので、読み比べればすぐにサンプルを抽出できるという、、、えー、実に効率の良い、まぁ、手抜きなんですけど、よい方法を思いついたんじゃないかなと、思っております。。。


カンに頼るのも、手抜きよのうにも思われる方法を思いつくのも、ショウガナイのです。だって、レポートの締切りまであと半月しかない!

時間がないのは自業自得ですけれども。
パラパラ読みをしていて、レポート課題について書かれている「第6章 意味論」の範疇に論理記号を見たような見なかったような気がしましたが、、、


・・・まぁ、意味論は認知言語学に繋がっているらしーし、なんとか噛んで噛んで呑み込みたいと思います
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第3稿でようやっと発送~

2014年02月13日 16時22分57秒 | 東洋史概説Ⅰ,Ⅱ
 東洋史概説Ⅰのレポートのことでございます。
昨夜、第2稿を脱稿。今朝それを読み直し微調整しながら、後注の付け間違いなどを修正。えいやッと第3稿4733文字を封筒に放り込みました。

いやー、苦戦しましたw^^;
1月中に投函する予定だったのに、13日も余計に費やしてしまいました。3月末に期限切れを迎える2012年度の課題で取り組んでおりまして、「不合格ならまた別の課題で書けばいいや」という弱気路線を一転「目指せ、一発合格!」という積極路線へと変更致しましたので、慎重になったせいもありますが、、、

なんだか今回のレポートは、これまで以上に、いっぱい読んで、いっぱい考えたなー・・・
すべては、参考文献の宮崎市定著『史記を読む』(岩波文庫)と、司馬遷『史記列伝』が想像以上に面白かったためです。

現時点で、自分が出来る限りのことはしました。
私的には今回のレポートは結構イケているのではなかろうか、という超希望的観測をしております。もう提出してしまいましたし、あれで不合格ならしょうがないや。


レポートは提出したので、4月の科目試験は受けられます。
うふふふふふ。
試験勉強には、宮崎先生の『アジア史概説』(購入済)と『中国文明論集』(レポ完成のご褒美にアマゾンでポチ!)を読むんだ♪



さて、と。
次のレポートは、英語学概論です。
締切りは3月3日の雛祭り。
はてさて、間に合うかな???
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目覚めと共に、ひらめいた!

2014年02月07日 11時36分12秒 | My notes of English
 レポートの第一稿を書き終えて、疲れ果てた脳味噌が、目覚め一番でよい仕事をしてくれました。どうもダラダラした展開になっているなぁと感じていた部分があったのですが、目覚めと共に妙案が”ひらめいた”のであります。

 ところで「ひらめいた」って、英語でなんて言うの?

 さっそく英語学習者の友『英辞郎on the WEB』の検索窓に”ひらめく”を放り込むと、ツラツラツラと”ひらめく”が出て来てくれました。


自動詞で、「flash」「streak」
句動詞は、「flash on」「run into」


幾つか紹介されているPhrasesの中で、私が気に入ったのは、
「have a brainwave」
コレですw

 目覚めのときに、私の脳味噌さんが昔の家電製品(←まぁ実際に昭和の産んですから、古い方ですw)のように、スイッチを入れ電流を流した軽いショックに、ふるるんとひと震えするような、あの感じが出ているようで、いいなぁと思うのです。
夏の朝のダラダラした目覚めよりも、冬の寒い朝の目覚めの方がよく”ひらめく”気がします。


ということで、きょうのセンテンス!

I couldn't resolve a problem in my report, so I gave up and went to "futon" last night.
という状況で、
When I woke up in this morning, I had brainwave!

状況説明を入れたのは、ワンセンテンスだけだと、病院に緊急搬送かなんかされて脳波が消えてしまっている状況の翌朝の翌朝を想定されたりするのではなかろうかと、気になったからです。
「flash on」を使えば、そんな心配はいらないのかな、とは思いつつ、、、


あ”、もうこんな時間www
せっかく解決策をがひらめいても、実行に移せないのでは意味がないじゃーありませんか。。。
うーん、このコーナーを毎日更新するのは難しいかも知れませんが、ワンスレーズでも思ったことを英語でノートに書き留めるのは、毎日の習慣にする構えです。

ではでは!

この記事をはてなブックマークに追加

第1稿、脱稿しました(ヌケガラ)。

2014年02月07日 00時11分41秒 | 東洋史概説Ⅰ,Ⅱ
 ようやく東洋史概説Iのレポート第1稿を書き終えました。
ワープロ可の科目なのに、何故か手書きで、です。どういうわけだか気が向いてしまって、手書にしちゃいました。今のところ400字詰で12枚と、図表1枚。文字数は、アチコチ消したり加えたりしてあって、ようわかりません^^;

 6日中に出すことを目指しておりましたが、第一稿をそのままPC打ちしたのでは、一発合格はアヤシイのではなかろうか? というデキでしたので、諦めました(ゴメンナサイ(-"-)。

 図表を付けなければ説明しきれない部分があって、せっせと表を作ったのですが、それを作ったことで肝心の説明の記述が手抜きになってしまいました。でも、ここを膨らませると、字数がかなりオーバーしてしまいそうです。実に悩ましい。。。

この記事をはてなブックマークに追加