中国ビジネス服務信息

日中ビジネスをつなぐ日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十日えびす

2015年01月15日 | 服務信息

いつもブログを拝見してくださりありがとうございます。

皆様、遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。        

 

さて先日、毎年恒例となっている十日戎に行ってきました。

十日戎とは何ぞや?と思われる方も少なくはないかと思いますが

関西では“えべっさん”の名称で広く親しまれており、商売繁盛、家内安全を願う祭事で

毎年1月9日~11日にかけて開催されます。

 

私達も商売繁盛を願いスタッフ一同、今宮戎神社へ!

今宮戎神社は「日本三大えびす神社」のひとつで、これに西宮神社、京都ゑびす神社を加え日本三大えびす神社と呼ばれています。

普段は閑散としている神社ですが毎年この時期になると大勢の参詣者が訪れ、大変賑わいます。

参道にも出店が並び、この3日間での参詣者数は約100万人に上るそうです。

 

 

私達はお昼頃に行ったのですが境内は大勢の参詣者で賑わっていました。

 

まずは、参拝から!ということで参拝者の列に並び今年の抱負を・・・

その後、福笹をもらい福娘に縁起物をつけてもらいます。

境内では「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声が飛び交っており、

私もバリバリの関西人でしたが、掛け声があることは初めて知りました。

 

縁起物をつける福娘♪

 

福娘のなかには外国人の方もいらっしゃいました。

 

最後は本殿の裏側に回り、耳が遠いえびす様に聞こえるように

ドラを叩きながら願い事をして終了です。

えびす様にしっかりと届いているといいなぁ~

 

今年もえびす様にあやかり、インバウンド業界が繁盛するように

また、皆様のインバウンドビジネスのお役に立つことができるよう

しっかりと精進していきたいと思います。(畑山)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反日デモの影響は・・・

2012年09月21日 | その他

柳条湖事件が起きた9月18日には最高潮に達した反日デモも
翌19日には政府が本腰を入れて抑え込みに入ったようで
反日デモが政府によって公式に禁止されました。(時事通信伝)
これを機にデモも一気に沈静化した模様です。
忘れてならないのは、行き過ぎた暴力行為には、
ほとんどの一般中国人は批判的と言う事です。

これから日本は秋の季節を迎え、もう少しすれば青々とした木葉が
赤く色づき始めるでしょう。
日本の紅葉の美しさは、もちろん中国の人の目にも同じように
美しく映ります。
それをお目当ての中国人観光客も大勢います。
10月1日から中国はゴールデンウィークに入ります。
家族旅行の期間です。
それを境に中国内の空気もぐんと落ち着く事でしょう。

見事に赤く染まった日本の自然の美しさを、きっと中国の人々と
共有できると思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『商機を見いだす「鬼」になれ 中国最強の商人・温州人のビジネス哲学』出版セミナー

2012年07月06日 | お知らせ

「温州商人」と呼ばれる人たちをご存知だろうか。

中国浙江省温州市。福建省との省境にある、それほど大きくない街だ。しかし、今や経済大国となった中国で、その一大原動力となった「温州人」を知らない人間はいない。

「中国のユダヤ人」とも称される、商売上手。中国不動産バブルを生んだのも、彼ら、温州人だと言われる。

 

中国で最も勤勉で、過酷なビジネスの世界に生きる温州商人。

その温州商人のビジネス哲学を日本で初めて紹介した『『商機を見いだす「鬼」になれ 中国最強の商人・温州人のビジネス哲学』が、阪急コミュニケーションズから発行された。

なぜ、温州商人たちは中国で、世界で成功をおさめたのか? 彼らの秘密を知れば、中国ビジネスの神髄がわかるはず!

 

http://amzn.to/KXg9Mw (amazon.com)

http://bit.ly/MNx6yh (楽天ブックス)

 

 

出版を記念して、今月12日(木)19時から大阪市総合生涯教育センター(大阪駅前第2ビル5階)で、出版記念セミナーが開かれます。

講師は、日本温州総商会事務局長の金氏、同書翻訳を担当した永井麻生子氏、原口昭一氏の3氏。

○温州人はなぜ世界で勝ち続けているのか―金氏(日本温州総商会事務局長)

○ビジネス書に見る中国人の商売観―永井麻生子氏(翻訳者)

○温州人のビジネス哲学―原口昭一氏(翻訳者)

 

セミナー終了後には、懇親会も用意されているようです。

この機会にぜひ、中国一の商売上手「温州人」について知識を深めてみませんか?

 

参加費1000円。(『商機を見いだす「鬼」になれ 中国最強の商人・温州人のビジネス哲学』持参者は無料。)

懇親会参加費4500円。

お問い合せは、株式会社シープロジェクト セミナー事務局 050-1281-2725 へ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国国際旅游交易会CITM2012(11月15日~18日)へ一緒に参加しませんか

2012年06月01日 | お知らせ

中国で毎年開催されている『中国国際旅游交易会 CITM2012』が、今年も11月15日(木)から18日(日)上海で開かれます。

弊社は今回、2度目のCITMオリジナルブース出展する事になりました。

ブースは12、広さは108平方メートルの予定です。

参加は2010年上海開催に続き2度目ですが、今年はブース数もぐんと増やし、より積極的に、より個性的に中国旅行マーケットに挑戦するつもりです。

詳しい内容については、こちらをご覧ください。

ご一緒にご参加してみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

≪逍遥関西遊≫第6号ができました。

2012年05月14日 | 服務信息

 

ゴールディンウィークが過ぎ、だんだん暑い夏が近付いて来ています。みんなさんはいかがお過ごしでしょうか?昨日母の日でした、母親に何のプレゼントを送ったんでしょうか?もちろん、プレゼントを送らなくても、そばにいるだけでも、母親は喜ぶでしょう。

 

ちなみに昔、母の日は5月第二の日曜日ではありませんでした。1949年頃からアメリカに倣って第二の日曜日にしたそうです。

余談はそこまでとしまして、今回、≪逍遥関西遊≫第6号ができましたので、皆さんにお知らせいたします。内容に関しましては、さらに豊富になり、関西にいらっしゃる観光客のニーズに応えるように有名でおいしい店を紹介、しかも、お得なクーポン付です。日本に来たら、やはり日本の味を味わいたいと思う方にぜひお勧めします。

 

次の父の日でも、休日でも、家族旅行をしてみてはいかがでしょうか。きっと絆が深まりますよ。

 

2012年6号『逍遥関西游』簡体字版→PDF『逍遥関西游』(26.5M)

2012年6号『逍遥関西游』繁体字版→PDF『逍遥関西游』(37.6M)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル旅行シリーズを『Cosmo Times』で制作

2012年04月20日 | 服務信息

中国のテレビ視聴者向けに日本、特に関西観光の魅力を訴えたい、とかねてより企画を進めていた上海テレビ局との合同オリジナル旅行シリーズの制作を、上海テレビInternational China Shanghaiチャンネル『Cosmp Times(動感都市絵)』内で始めました!

第1回取材では、京阪神の観光スポットや人気ショップやホテルを中心に東京にも足を伸ばしてみました。
3月28日から4月3日までの一週間と言う短い時間の中で、駆け足の取材となりましたが、リアルタイムで生き生きした情報を持ち帰ってもらえたと思います。

 



先日、第1回の放送が始まったばかり。
これからも、日本の観光情報を更にディープに掘り下げて中国の視聴者の皆さんに伝えて行きたいと考えています。

★International China Shanghaiは上海テレビ(SMG)傘下の海外情報専門チャンネル。海外情報に敏感な、高感度視聴者の注目を集めています。
『Cosmo Times(動感都市絵)』は毎週土曜20:00~20:30と言うゴールデンタイムに放送される人気番組でグルメ、ファッション、音楽情報等を発信しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行雑誌で日本の魅力を中国に発信!

2012年03月28日 | 服務信息

中国の旅行雑誌などで、日本の観光情報を発信する機会が続きました。
和歌山高野山、四国周遊、広島、山口、鳥取など。

都市観光だけでは味わえない日本の伝統や宗教、自然や素朴な生活文化など、それぞれの記者たちが新しい日本の発見に驚きや喜びを綴ってくれて、読みごたえのある記事ばかりでした。

文化や習慣は違えども、自然や人間の根源的なものへの感動は国を超えるものですね。
旅の魅力とは、そう言うもののような気がします。
もっともっと多くの機会を得て、日本の魅力を発信して行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011中国国際旅游交易会 in 昆明

2011年10月31日 | 服務信息

ご無沙汰しております。企画営業部の中西です。                                                                                        6月の「2011北京国際旅游博覧会」ぶりのブログ更新です。。。サボってしまい、すみません。これまで何をしてたかと言いますと、

1.弊社・中華圏観光客向け情報誌『逍遥関西游』の営業                                                                                   (お陰様で全50ページ以上、中国大陸版、台湾・香港版と2版制作を実現♪)

2.中国語人財の紹介・派遣事業の拡大                                                                                                                  (震災後の観光客回復及び旧正月に向けた、中国語人財の採用・育成のお話が増↑)

そして、

3.「2011中国国際旅游交易会」の出展準備!?

いえ、今年は来年のCITM上海のため、出展はお休みさせていただきました。ただ、中国の内陸に位置する雲南省・昆明での開催ということで、内陸旅行社の動き、CITM2010(上海)との比較をしたく、贅沢ながら弊社から私一人参加をさせていただきました。(お客様と代表に感謝です☆)

  

まずは、10月25・26日、お客様と一緒に提携先・上海の各旅行社を訪問。ある旅行社を訪問した際、日本の某ホテル様も営業に行かれてみたいで、中国とビジネスをする上で“足しげく訪問する”ことがいかに大切かを改めて感じました。

26日の午後の便で上海から昆明に入り、翌日のCITMに備えてホテルで待機。

 

今回お世話になった昆明海天ホテル。昆明のホテルと聞くと、観光地とは言え大して整備されてないのでは!?なんて思っていましたが、写真のように立派でサービスもいいホテルでした。

そして27日、CITM2011開催!!

 

会場は、「昆明国際会展中心」。昆明ということもあり、上海と比べ日本パビリオンの規模は小さく、出展のほとんどが自治体関係でしたが、全体としては非常に活気あふれる展示会でした。出展企業は2社、そのなかで私もお客様と一緒に販促のお手伝いをさせていただきましたが、現場で感じたことは以下3点。

◎内陸、特に地元・雲南省の旅行社が積極的に情報収集をしにきてくれた。                                                                           ◎相変わらず日本への関心が高い。                                                                                        ◎販促物として、“翌年のカレンダー”を配ると非常に効果的

 

昨年の7月の個人観光ビザの緩和に伴い、ビザ申請可能旅行社が内陸にも大幅に増え、これまで沿岸部の大手旅行社に頼っていた内陸旅行社が、自社で旅行商品が作れるようになり、日本のいろんな情報を集めにきたのかと思います。

また、これまで尖閣問題、地震による原発等の風評被害がありましたが、日本のおもてなし、アニメ、日本食などの文化面での影響力というのは非常にパワーあると感じました。実際に現場で「日本人です。」と答えると、お辞儀をしながら「コンニチハ」と言ってくれたり、日本アニメのコスプレをした参加者など。日本の魅力というのは、変わらずこういうソフトな面だと再認識させられました。                                                                                弊社の『逍遥関西游』を数百部配布しましたが、みなさん非常に興味深く読んでくれてたのも印象的でした。

最後に、今回弊社は、某企業様の販促物制作などのお手伝いをさせていただき、現地でパンフレットから、手提げ袋、ボールペン、ポスター、カレンダーを制作しました。ブースにあつまる中国の方に、中国語で「来年のカレンダーが入っていますよ!」と声をかけて配ると、断ってた参加者が戻ってきて、「やっぱりください。なんなら5部(笑)」と。パンフレットだけだった上海と比べて、カレンダーがあると配布スピードが早く、実用性があり1年間見てもらえることを考えると、このカレンダーは非常に強い販促ツールになるのではと思います。

弊社では、中国との提携先業者も多数ございますので、このようなカレンダーはもちろん、何でもお申し付けください!!

と、自社の宣伝で最後を締めるのもいかがなものかと思いますので、昆明で撮影した写真をいくつか紹介して終わりにします♪

                                                                   名前の通り、昆明の都。若者が集まる眠らない地域

                                                                                 同じく昆都内。クラブが多くミナミより若者のパワーが溢れてました

                                                                      意外と美味しかったりします。ポテトチップスのような味

                                                                 60元(約700円)の仕事。聞くと普段は何もしてないとのこと                                                             時々のこの稼ぎで十分生活できる不満も欲もない地元民

                                                                   雲南省のブースでは物販も。きのこは昆明の名産

                                                                         ホテル前から観る、昆明市内の様子

-END-

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大阪ネットワーキングレセプション」に参加しました

2011年10月21日 | その他

ちょっと肌寒い感じで、そろそろ半袖は終了か!? いやいやもうちょっと粘りたい。 

と言う天候の中、20日(木)夕方から大阪市が主催する「大阪ネットワーキングレセプション」と言うイベントに参加してみました。なかなかにアツそうなイベント・・・・・!!!


 

この日は、「アジア環境ビジネスシンポジウム」をメインに大阪市のビジネスパートナー都市から参加者が集まりました。国際イベントです。中国からは、上海、天津からお客様がいらっしゃっていました。こう言う時は、英語がすごく重要と感じます。これから、勉強しないと!


 

ちなみに、私にとってイベント参加目的の一つは、交流会がどう言う形で行われるかを見学すること。交流会の進め方、テーブルセッティングの仕方など。 

立食形式で頂いたお料理やケーキがとても美味しくて、初めての方ともリラックスしてお話が出来ました。弊社がコーディネートさせて頂く中国でのセミナーでも、こんな美味しいお料理を出せれば盛り上がりそう!

今回のインベンドに参加させて頂いて、大変勉強になりました。来て良かった!(朱)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『逍遥関西遊』第5号が出来ました。

2011年09月30日 | 服務信息

3.11大震災以来、訪日観光客の足はあまり芳しくない状態のようですが、気を落とさず、頑張って行きたいですね。

弊社発行の中国語観光フリーマガジン『逍遥関西遊』の第5号が出来ました。

今回は個人ツアーの多い台湾・香港版を大陸中国語版から完全独立させ、個人客向けの内容としました。

台湾や香港の旅行客が大好きな、大阪のラーメン店もクーポン付きでご紹介。

旅行者のニーズに応えられるような誌面作りを続けて行こうと思っています。

誌面閲覧は、下記から。

2011年9月発行 『逍遥関西遊』簡体字版→ダウンロード(PDF版)

2011年9月発行 『逍遥関西遊』繁体字版→

ダウンロード(台湾PDF版)

ダウンロード(香港PDF版)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加