坂尻まさゆきの活動日誌

日々の活動や様々な催しについて綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年練馬区議会第3回定例会が閉会

2015-10-19 14:41:38 | 告知
 10月16日(金)に、練馬区議会第3回定例会が閉会しました。
 2014年度の練馬区一般会計、国民健康保険会計、介護保険会計、後期高齢者医療会計の決算が区長から提出され、これらを中心にして42日間の論戦が展開されました。

 とや英津子区議が練馬区議団を代表して一般質問に立ちました。

 9月に安倍政権が強行した戦争法について、練馬区はこれまで国が決めることだ、という姿勢で賛否を明らかにしてきませんでした。しかし、この法律は自治体にとっても他人事ではなく、自治体も動員されるものです。
戦争法は、日米ガイドライン実行法であり、ガイドラインでは、地方公共団体も活用するとされています。その点を取り上げるとともに、参議院の審議で、自衛隊が自衛とは無縁な毒ガス兵器もクラスター爆弾も、果ては核兵器までも法分上は輸送可能なことなどを指摘しました。

 圧倒的多数の憲法学者、弁護士など、法律の専門家が安保法制―戦争法は憲法違反だと断定しています。国民の反対運動がこれまでにない規模で膨らんでいる問題であり、全国で反対や慎重審議を求める意見書を採択した地方議会も265以上にのぼります。

 練馬区としても意見を上げるべきではないか、と問いただしましたが、区側は「高度な政治判断が必要」とこれまでとまったく変わらない答弁を繰り返し、国に意見を申し上げる考えはないと答えました。

 子どもの貧困問題も取り上げました。生活保護基準の引き下げが就学援助の基準にも連動し、昨年比で約800人も援助認定が減少しています。収入が変わっていないのに、援助が打ち切られてしまったわけです。こうした世帯への対応はしているのか、基準を引き上げるべきではないか、と問いました。

 区は、認定基準が変わったのだから減るのは当然、という態度で、打ち切られた人に対しては現在何も考えていない、という非常に冷酷なものでした。前定例会では「貧困の連鎖を断つことが重要」と言っていたのに、これでは口だけだと言われても仕方がありません。このままのわけにいかないので、継続して取り上げていきたいと思います。

 一方でまちづくりでは、都市計画道路を10年で整備率8割まで引き上げる、としています。大型道路をガンガン造るという事です。実行するとなれば道路のために立ち退きを迫られる人が続出することになります。
 これから先、既存の道路や橋、公共施設の改修、改築だけでも莫大な予算が必要になると見込まれているのに、区民無視の道路計画を進めることは非合理的と言わざるをえません。

 区の意向を押し付けるのでなく、区民から現実にあがっている要望を最優先にして実現を目指すことこそ重要です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

当選しました!

2015-04-30 22:41:29 | 告知
おかげさまで練馬区議に無事当選することができました。
2800票、定数50人中49位と薄氷を踏むような勝利でしたが、ともかく晴れて新人候補から新人区議に昇格です。これで6人の日本共産党練馬区議団が実現し、一歩前進することができました。

たくさんの方にご支援頂き、押し上げていただいた結果であり、これから期待にたがわぬ仕事をしなければと、改めて気を引き締めているところです。

演説では、練馬区の福祉切り捨てにストップをかけ、充実へ転換しようと訴えました。公約実現へ、先輩議員とともに団結して全力をあげる決意です。

安倍暴走政治ストップ、とりわけ戦争する国づくりにストップをかける審判を訴えました。
このたたかいは、5月に法案が出されるだけにこれからが正念場になります。これからの子供たちに戦争する国を手渡すわけにも、前途ある若者を殺し合う戦場に行かせるわけにもいきません。日本の「安全」「平和」を大義名分に、他国の人を傷つけ殺し町を壊すなど言語道断。そんなことをすれば、災害救助活動などで文字通り国民のために頑張ってきた自衛隊を貶めることになると思います。

これは区議としてというより、いち共産党員として、いち国民としてなんとしても阻止したいと思います。

選挙戦を通じてたくさんの方にお力添えいただきました。このなかで30人ぶりに再会した友人が事務所に来てお手伝いしてくれたことは一際うれしいものでした。長い付き合いの友人が自分の家族に、さらに職場でも私への支持をお願いしてくれたことも感謝に耐えません。こうした力の結集があってこその議席獲得です。

これからしっかり議員として職責を果たしたいと思います。まだまだ至らないところがある私ですが、今後共よろしくお願い申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍暴走と練馬の福祉切り下げにストップを

2015-04-18 17:03:04 | 告知
明日19日(日)から区議選告示です。

午後2時~平和台ライフ前にて、私・坂尻まさゆきの第一声街頭演説をおこないます。
近隣の皆様、しばしご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

さらに同日、池内さおり、来たる!
16:00平和台駅前、16:45練馬春日町駅前に、池内さおり衆院議員が応援に駆け付けくれます!
もちろん私もお話しします。ぜひお出かけください。


普通に働いている人、頑張ってきた高齢の人たちこそ社会・経済を支えていると思います。そうした名も無き多数の方々を応援し暮らしを豊かにすることが大事です。そのうえで戦争がなく平和であることは大前提です。

この立場を守って区政で奮闘したいと思います。今日までたくさんの人たちに支えられながら活動してきました。明日からの一週間訴えに訴えぬき、頑張り抜いてなんとしても勝利をつかみたいと決意しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ開設~いよいよ区議選本番!

2015-04-13 20:13:18 | 告知

更新を滞らせており、大変失礼しています。
ホームページを開設しています。ぜひご覧ください。

http://sakajiri-masa.com/

いよいよ26日の区議選告示が目前になりました。練馬区政が問われるだけでなく、安倍政権の暴走、
とりわけ戦争立法を許すのかどうかが大問題です。
日本を守るためでなく、アメリカの戦争のために自衛隊を巻き込むわけにはいきません。自衛官だって家族があり一人一人がそれぞれの人生を持った、守るべき国民です。戦争の道具ではありません。
だいたい、集団的自衛権が使えなくて日本の存立が根底から脅かされるような事態は起こったことがなく、安倍首相の願望、野望が出発点になっています。
戦後70年、戦争することなく発展してきた日本の歴史を、たった一内閣の決定で、覆させるわけにはいかないと思います。

すぐ戦争だ!という話にはならないとしても、法制上それが可能になるだけでも大問題です。何が何でも戦争への道をストップさせなければ!

同時に、練馬区政の転換です。前川区政は保育、医療、介護を後退させながら、無駄な道路作りに邁進しようとしています。
切実な区民要求に背をむける区政を、自民公明に民主党、維新も賛成している状況です。

県議会と政令市議選での勝利をテコに、練馬でも日本共産党の前進を勝ち取り、福祉切り捨ての流れを変えたいと思います。

泣いても笑っても投票日まであと13日です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解散総選挙で審判を!

2014-11-13 14:01:48 | 告知
にわかに解散総選挙の風が吹いてきました。
報道では12月2日公示・14日投票、あるいは9日公示・21日投票ということですが、2日公示だと
2年前の前回総選挙とほぼ同じ。因果なものです。

こうなったのも、アベノミクスなど安倍政権の政策と国民との間のねじれが重なり、政権が追い
詰められたからです。まったく暮らしはよくなっていないのに増税を実施し、それ以降経済は大
後退に入りました。好循環どころではありません。

また、憲法破りの閣議決定で集団的自衛権へ踏み込んだものの、所信表明で一言もこれに触れな
いという態度をとり、関連法の提出は先延ばしに。しかし、反対運動は青年も立ち上がり、今なお
広がっています。

原発も川内原発再稼働に突き進んでいますが、この一年以上原発稼働ゼロのもとで電力不足など
起きておらず、再稼働は鹿児島県知事が言ったような「やむを得ない」ものでは決してありません。
再生可能エネルギーの普及に本腰をいれないことこそ問題であり、原発にしがみつく理由はいっぺ
んたりともないのです。

沖縄では今米軍新基地建設をめぐり、県知事選挙が白熱しています。仲井真陣営は大義を持たず、
オナガ氏に対する卑劣なデマ攻撃に出ている。

こうしたあらゆる問題での矛盾から、多数の議席を持っているにも関わらず行き詰まり、解散が
急浮上したものと思います。数があったからといっても道理がなけれいば政権に安穏と居座って
いることはできないのですね。

まだ確定ではありませんが、解散となった暁には昨年の選挙に続けさらなる躍進を目指したい。
今度は小選挙区候補でなく区議予定候補として、東京10区で今秀子さんと日本共産党押し上げに
頑張る決意です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加