日本共産党酒田地区委員会のブログ

アメリカ従属、大企業財界の支配から、独立・民主・平和の日本を。
 国民が主人公の日本をつくろう

セルフネグレクトへの対策は 酒田市議会共産党議員団

2017-07-17 | 「活動ニュース」より


セルフネグレクトとは「成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。必要な食事をとらず、医療を拒否し、不衛生な環境で生活を続け、家族や周囲から孤立し、孤独死に至る場合がある。防止するためには、地域社会による見守りなどの取り組みが必要とされる。自己放任。」とされ、今、若い人や高齢者が陥りうる身近な問題となっています。

市原栄子市議はセルフネグレクト対策として「高齢者虐待防止法では、セルフネグレクトを虐特に含めていないが本人の健康や安全が侵害されるとして虐待に準じた取り組みをすすめる自治体も出てきている。またサポート医制度を導入している自治体も出ておりそういった取り組みが出来ないか。また、虐待マニュアルの中にセルフネグレクトも位置づけ、取り組みを強化すべき。また現在策定中の第7期高齢者福祉計画の中でも対策を明文化していくべきではないか」と質問しました。

市はセルフネグレクトについては今後も取り組みを強めたいとし、市原市議の提案について前向きに検討するとしました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知県安城市図書館は直営 ... | トップ | 種子法廃止による酒田市農業... »
最近の画像もっと見る

「活動ニュース」より」カテゴリの最新記事