日本共産党酒田地区委員会のブログ

アメリカ従属、大企業財界の支配から、独立・民主・平和の日本を。
 国民が主人公の日本をつくろう

山形県・酒田市風力発電事業 環境影響評価準備書に対する審議会を開く

2017-06-28 | 「活動ニュース」より


22日市原栄子市議が所属する酒田市の景観審議会が行われ、山形県と酒田市が自然公園内に計画している風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する意見交換が行われました。

市原市議は「風力発電事業は、今まで2回自然公園内ということで景観を理由に許可してこなかった。県の自然公園関連の条例の変更もない。このことをみれば事業を進める理由がないと考える」と意見を言いました。
他の委員からも「クロマツ林の景観にそぐわない」「威圧感を感じる」などの意見が出ました。

 自然エネルギーの活用は進めていくべきであると考えますが、やみくもに開発するのではなく、自然を残していく場所、事業を進める場所をきちんと分けて進めていくべきと考えます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらなる運動の前進へ さよ... | トップ | 愛知県安城市図書館は直営 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む