日本共産党酒田地区委員会のブログ

アメリカ従属、大企業財界の支配から、独立・民主・平和の日本を。
 国民が主人公の日本をつくろう

映画「標的の島 風(かじ)かたか」6/24~ 鶴岡まちなかキネマ

2017-06-21 | たたかいのページ・その他



詳しくはこちらから

この記事をはてなブックマークに追加

沖縄・辺野古新基地工事 翁長知事差し止め訴訟へ

2017-06-21 | しんぶん赤旗


沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐり沖縄県の翁長雄志知事は7日、国を相手取り工事差し止めを求める訴訟を起こす方針を発表しました。

 護岸工事を行うには本来、政府は海底の岩礁を破砕する許可を知事から得なければなりません。しかし政府は、前知事から得た許可が3月末に期限切れになったにもかかわらず、更新申請せず無許可工事を強行しています。県は再三、許可を受けるよう行政指導してきましたが、政府は応じていません。

 県庁で記者会見した翁長知事は、提訴に踏み切った理由について「許可のない岩礁破砕行為が行われないよう法的措置を求める必要があると判断した」と説明しました。
 政府の対応について「なりふり構わず埋め立て工事の着手という既成事実をつくろうと躍起になっている」と批判。
 「豊かな生物多様性を誇り、かけがえのない財産である辺野古の海を埋め立て、耐用年数200年ともいわれる基地を建設することは到底容認できない」と述べました。

 今後、20日開会の県議会定例会で提訴に必要な議案を提出。7月14日予定の最終本会議で可決されれば、提訴する方針です。同時に工事を停止させるための仮処分の申し立ても行います。

170618 しんぶん赤旗日曜版

この記事をはてなブックマークに追加

酒田 6月補正予算の在り方は市が主役となっているか

2017-06-19 | 「活動ニュース」より


6月議会代表質疑市原栄子市議がただす

5日、市議団を代表して市原栄子市議が代表質疑を行いました。
 市原市議は、6月の補正予算は国、県などの補助事業の採択及び事業執行に伴うものであるが、3月の新年度予算の審議から3か月もたっていない。3月議会で審議してきた平成29年度予算は、酒田市の各種計画の中で進めるべきものを29年度どのように取り組むかを示したものであるはずだ。

今回の事業も当初からみこめるのではないか。6月補正の意義はどこにあるのか。この短期間での補正について、市の事業計画が国に振り回されているといったものを感じる、と質問しました。

 丸山市長は「当初予算に盛るためには国や県からの内示が1月末までなければ6月補正になる」と、国などの内示時期が当初予算に影響していることを認め、県に対しては「県内の市町村会を通して当初に間に合うように要請をしている。当初予算に間に合うものは声を出していく」と答弁しました。

市原市議は「市民生活にとって緊急、かつ重要な事業に取り組むことに異論があるわけではないが、市職員、そして議会で時間をかけて議論した当初予算であり、県だけでなく必要であれば国にもきちんと意見をすべき」と強く求めました

この記事をはてなブックマークに追加

異議あり安倍改憲発言恐れずに顔を上げて 池田香代子さん

2017-06-19 | 「活動ニュース」より
    ドイツ文学翻訳家九条の会世話人 池田香代子さん

 日本国憲法施行70年に合わせて「改憲宣言」をするなんて。安倍首相は本当にこの憲法が嫌いなんですね。99条に規定された、憲法の尊重擁護義務を順守する気はさらさらなく、国の根幹をなす憲法に対する敬意がない。知性のなさの表れではないかと思います。

 憲法9条の第3項に自衛隊を書き込んでも、自衛隊と9条の矛盾が憲法の中に持ち込まれるだけです。しかも「安保法制」で限定的集団的自衛権を行使できることになった自衛隊を、憲法で認知してしまえば、安倍政権下では「限定的」という縛りなど風前のともしびです。

 2004年に数人で『戦争のつくりかた』という絵本をつくりました。街には監視カメラが増え、周りに悪い人がいないかお互いを見張る。そんなふうに書いたことが、今はもうすでに広がっています。「共謀罪」もそう。戦争でも何でもやりやすい世の中にされようとしているのです。
 この上、憲法9条を変えるなどという危険な道をすすませるわけにはいきません。

 なんだかもう、モラルの底が抜けたという感じ。何を言っても大丈夫というおごりが今の政権にはあります。ただそれは、小選挙区制というゆがんだ選挙制度と、政党助成金によって「1強」として君臨しているだけ。正統性の面では、とてももろい体制です。
 あまりにもくだらないことが多くて、脱力してしまう時もあるのですが、それでは相手の思うツボです。ドイツでは「あんな人たちが政権をとるわけがない」などとナチスの動きをぱかにしているうちに、政権をとられてしまいました。くだらないとばかにするのではなく、一つ一つちゃんと考えていかなければいけません。
   
 長い苦しいたたかいが続くでしょう。でも、世論調査では憲法も沖縄も原発も、個々の問題では「ダメなものはダメ」と分かっている人の方が多いのです。
 私たちは、あきらめる必要などまったくありません。恐れずに、顔を上げて、前に進んでいきましょう。  聞き手堤由紀子
170615 しんぶん赤旗

憲法と平和を守る酒田飽海地区実行委員会がおこなった、13・15日のスタンディング







この記事をはてなブックマークに追加

酒田で「共謀罪廃案」の緊急スタンディング

2017-06-14 | 「活動ニュース」より



「何をしたら罪に問われるか」がわからない 
13日午後6時からホテルリッチ交差点でが行われました。これは憲法と平和を守る酒田飽海地区実行委員会が呼びかけたものです。
 35人くらいの人が参加し多くのクルマが行き交う場所で、プラカード、横断幕で宣伝を行いました。

 次回は15日にもおこないます。
 「何をしたら罪に問われるか」がわからない―こんな恐ろしい社会は断固拒否しよう(13日東京・「共謀罪」法案の廃案をめざす集会での志位委員長のスピーチ)

この記事をはてなブックマークに追加

国連特別報告者ケナタッチ氏語る 共謀罪法案「表現の自由制約」を懸念

2017-06-08 | 「活動ニュース」より


国連プライバシー権に関する特別報告者 ケナタッチ氏一問一答 「不都合な事実」に耳傾けよ 
 安倍政権が参院での採決を狙っている共謀罪法案。国連のジョセフ・ケナタッチ特別報告者が同法案について「プライバシーや表現の自由を制約する」として懸念を示し、政府に説明を求めていることが大問題になっています。同氏は5日、編集部の取材に電子メールで回答。採決を急ぐ日本政府の姿勢を厳しく批判しました。        安川崇記者

 特別報告者は国連人権理事会が指名する独立した専門家。具体的な人権テーマについて各国を調査し、人権理事会と国連総会に報告します。

 プライバシー権に関する特別報告者を務める同氏は日本政府について「完全に沈黙を守っている」「特に失望させられるのは、国連人権理事国の一員である日本が、友好的で建設的な批判に耳を傾けることができないことだ」と指摘。今後「適切と判断すれば、日本についての私の所見を国連総会と国連人権理事会への報告書に盛り込む」とのべました。

人権理事会の″目・耳・声″
 -日本政府はあなたを「個人」とし、国連の総意を反映しないと言つていますが…。

 安倍晋三首相への書簡を出した際、私は個人の資格で行動したのではありません。書簡は国連のレターヘッドのある便籐に書き、ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所により公式に送付されました。私は人権理事会の決議で授与された権限を、正式な国連の資格のもとに遂行しています。

 日本政府は、グテレス国運事務総長が「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動する」と安倍首相に述べたとしています。これは不正確でミスリーディングです。事務総長のウェブサイトによると、彼が首相に伝えたのは「特別報告者は人権理事会に直接報告する独立した専門家だ」ということです。

 国連の公式サイトにも、特別報告者の機能を含む一連の手続きが「国連の人権擁護機能の中心的な構成要素」だとあります。特別報告者は同理事会の目であり耳であり、声の一部です。その発言を「私的な個人の行動」だとして退けることはできません。

 沈黙続ける日本に失望
 -日本政府からこれまでに何らかの説明を受けましたか?

 シンプルに言って、ノーです。私は(共謀罪法案に関連して)プライバシーを保護する措置の必要性を示しました。それについて日本政府からの反応はありません。私が尋ねた具体的な保護措置について、今のところ完全に沈黙を守っています。

 -日本は国連人権理事会の理事国選挙の際、「特別報告者との有意義かつ建設的な対話の実現」を誓約したと思うのですが…。

 日本が国内で、理事国選挙で述べたことと全く違う方向に振る舞っていることに深く失望します。

 日本政府はこの法案を90日以内で採決しようとしています。私が本質的な問題について示した懸念に取り組まないための言い訳をしながらです。

「不都合な事実」を口にするのが特別報告者の必要な責務です。
 ある政府が事実を「不都合」と感じた場合、突如として特別報告者は国連の代表ではなくなり、あらゆる種類の侮辱が報告者に対して投げつけられます。

 このような行動をとるのは日本政府だけではありません。しかし特に失望させられるのは、G7の一員であり人権理事会理事国である日本が、友好的で建設的な批判に耳を傾けることができないように見えることです。

 現時点で、日本政府の誓約はリップサービスにとどまっています。日本は他の民主的な政府と同様に、私の懸念に直ちに取り組むことができるはずです。

 ―今後、どんな行動を考えていますか。

 私は友好的かつ確固とした態度で、日本市民に対する私の義務に従います。適切と判断すれば、日本についての私の所見を国連総会と国運人権理事会への報告書に盛り込みます。日本政府と国会が建設的な対話を望むのを待ち、助力するつもりです。
   170611 しんぶん赤旗日曜版





この記事をはてなブックマークに追加

酒田市立八幡病院7月に認可申請へ 住民の声無視する診療所移管に反対しましょう

2017-06-08 | 「活動ニュース」より


 5月25日に開催された総務、民生の各常任委員会協議会に、市立八幡病院等の移管統合について報告がありました。

 市立八幡病院の統合後の名称は、地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構日本海八幡クリニックとする。

 今後の日程として、6月に病院機構運営委員会幹事会に、定款と中期目標の変更を提案し、7月上旬には、総務省に定款変更の認可申請を行い、その後の12月議会で病院機構の定款と第3期中期目標の変更が提案される予定です。

 また、八幡病院に入院されている患者さんについては、患者・家族に説明したうえで、希望も考慮して、転院先を決定する予定で、病棟については、12月いっぱいで閉鎖するとしています。
尚、職員については、来年1月から日本海病院と酒田医療センターに人事交流の予定です。

住民は病院の存続望む

 日本共産党八幡支部が行ったアンケートでは、入院病棟がなくなることに多くの不安の声が寄せられました。多くの住民は入院病棟の廃止に反対しています。住民の声を無視した酒田市立八幡病院の診療所化をやめさせましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

緊急「共謀罪」廃案スタンディング 憲法と平和を守る酒田飽海地区実行委員会

2017-06-07 | たたかいのページ・その他
酒田市民のみなさん、
『共謀罪』法案強行されようとしています。
これを廃案に追い込むため、緊急のスタンディング行動を行います。
ぜひ、あなたにも参加をしてほしい、と思います。
プラカードなどを持参してください。
「スタンディング」は誰でも、いつでもできる行動です。
スタンディングでアピールを広めましょう。

日時 6月 13日(火)、15日(木)
時間 両日とも、18時~19時

場所 ホテルリッチ&ガーデン酒田前 交差点


主催お問合わせ先
0234-24-7422 飽海地区平和センター 
0234-26-3751 日本共産党酒田地区委員会


もっと見る

この記事をはてなブックマークに追加

八幡病院の診療所化は阻止、黒字なら国保税を下げろ 酒田市議団共産党演説会で決意

2017-06-05 | 「活動ニュース」より


 日本共産党山形県委員会は5月28日、鶴岡の出羽庄内国際村で田村智子参議院議員・党副委員長を迎えて演説会を行ないました。

 田村氏は安倍政権の介護サービスの切り捨てや白身が国会で取り上げた残業代未払問題について述べるとともに、参院で審議が始まる憲法違反の「共謀罪」法案について、「安倍政権の政策に反対する市民の活動を萎縮させる法案だ。この法案を廃案に追い込み、安倍政権許すまじの声を広げましよう」と語りました。

 当日は、ふなやま由美衆院選東北比例予定候補、長谷川つよし衆院選山形3区予定候補も挨拶をしました。また、10月に行われる鶴岡、酒田市議選の予定候補者の紹介が行われました。

斎藤周市議は「住民の声を聴かない八幡病院の診療所化は絶対に阻止しなければならない。地域医療を守っていく先頭に立って頑張る」と決意を述べました。

市原栄子市議は「国保で予算が組めないからと値上げをしながら決算で大幅な黒字が出だのに市民に還元せずに基金に積んだ。『黒字なら国保税を下げろ』と言えるのは共産党市議団だけ」と議会での共産党議員団の存在意義を語り決意表明をしました。

この記事をはてなブックマークに追加

田村智子参院議員迎え日本共産党演説会 鶴岡市で

2017-06-05 | 「活動ニュース」より


解散総選挙 高橋ちづ子議員とふなやま由美候補の当選を

田村智子さんの訴えから 
先ほど山形市内で「演説デビュー」を果たしました。山形は20数年ぶりです。山形で開かれた母親大会の実行委員として参加して、パワーをもらった記憶があります。

5月3日、私は日中友好議員連盟の一員として羽田空港に集合していました。その日安倍首相が読売新聞に「憲法9条に3項を加え、2020年までに改憲を行う」と発表をしました。しかし自民党の高村副総理は知らされていなかった見え、読売新聞を熟読していました。
国会で小池さんが質問に立ち「これまで自民党は、改憲草案では9条を書き換えて国防軍を持つといってきたが自民党の改憲草案を撤回するのか」質問すると、自民党席はシーンとして、安倍首相どんな答弁をするか聞き耳を立てていました。

今回の安倍首相の改憲発言は党の副総理も知らない、自民党内での事前の話し合いがない、私はこれを見て独裁者の発言ではないかと思います。
この改憲案の出所が実は「日本会議」だったことが明らかになっています。一国の総理大臣が右翼団体の操り人形になっているということではないでしょうか。

社会保障も良くならない、アベノミクスを何年やっても暮らしは良くならない、草の根の運動を進めましょう。共謀罪法案、原発、戦争法の共同のたたかいを進めましょう。野党連合政権をつくりましょう。そのために共産党を大きくしてください。

衆院選比例東北ブロックから現職の高橋ちづ子さんと、ふなやま由美予定候補の2人当選させ安倍政権を退場させましょう。

この記事をはてなブックマークに追加