松岡徹の「一生懸命」

日本共産党・熊本県議「松岡徹」の日々の体験・活動、「県政だより」などを発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

県議の海外視察などについて、議長に申し入れ

2014-09-11 12:59:03 | 日記

 今日から、9月定例熊本県議会が開会しました。会期は10月6日までです。前川収議長に、「県議の海外視察」「請願者の請願説明の扱いについての改善」について申し入れました。県議の海外視察は、(予想どうり)意見の一致は見られませんでしたが、請願者の扱いの改善については、議長も、「いろいろ配慮する必要はある」ということでした。

以下申し入れ文
熊本県議会議長 前川収様
2014年9月11日 
    県議会議員(日本共産党) 松岡徹

 県議会改革のための尽力に敬意を表します。
県議会の活性化・改革については、6月19日、民主県民クラブ・公明党・無所属改革クラブ・新社会党・日本共産党・無所属議員(2名)で、8項目の申し入れを行っているところです。
8項目についての検討・具体化をあらためて要請するとともに、以下の2点について、検討・改善を要請します。

1、県議会議員の海外視察については、「凍結」を継続すること
熊本県においては、子ども医療費無料化、少人数学級実施学年が、「全国最低」という実態にみられるように、県財政の事情により、県民のための施策を削減、抑制している現状にあります。財政運用では、こうした状況の改善に優先的に対応することが求められています。
 県議が、外国についての知識・見聞を広め、深めることについては、公費の新たな支出によるのではなく、自らの責任・努力によってはかるべきです。

2、請願者が、請願の趣旨を説明する際、請願者の説明席を設けること、説明時間を適切な範囲に延長すること。
県議会に請願をした方々から、「議員(委員)の前に立って、後ろに執行部が大勢いて、まるで裁判所の被告席のようだ」「せめてもう少し、説明の時間が欲しい」との声が寄せられています。
国民の請願権は、憲法第16条に基づくものであり、請願権の行使者である請願者に対して、県議会として、尊重・配慮をはかるべきです。
憲法第16条 【請願権】
 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、 平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。


この記事をはてなブックマークに追加

クルーズ船、熊本港へ3回目。外国船は初めて

2014-09-10 17:31:06 | 日記

 熊本港へのクルーズ船の入港としては3度目。外国船としては初めて。小樽→ウラジオストック→熊本→屋久島→台湾というコースで「シルバージスカバラー」が、今日(9月10日9入港、乗客は、阿蘇、熊本城観光を行います。これまで、「にっぽん丸」(2・2万トン)、「ぱしふぃっくびいなす」(2・6万トン)が熊本港に入港していますが、今回の「シルバー   」は、より小ぶり(5218トン)ですが、港は見物客でにぎわっていました。
 1500億円をつぎ込んできた熊本港について、「人流」(観光、商業など)での発展、県・市民に親しまれる港としての利活用を提案してきましたが、こうした面での熊本港の役割発揮を期待しています。


この記事をはてなブックマークに追加

大矢野原演習場での日米共同訓練、オスプレイ参加中止を―防衛大臣に申し入れ

2014-08-28 17:42:09 | 日記

 大矢野原演習場(熊本県美里町)での日米共同訓練、訓練へのオスプレイの参加、分基地化中止の申し入れを、25日、西部方面総監部で、小野寺五典防衛大臣あてに申し入れました

申しいれ文は以下

防衛大臣 小野寺五典様

            2014年8月25日

                   日本共産党熊本県委員会

                   委員長       日高伸哉

                   県議会議員     松岡徹

                   日本共産党宇城地区委員会

                   委員長       山本伸裕

                   日本共産党熊本市議団

                   団長        益田牧子

                   日本共産党熊本県地方議員団

 

 大矢野原演習場での日米共同演習、オスプレイの参加中止等についての申し入れ

 

1、オスプレイの飛来・訓練、日米共同訓練中止を

①沖縄県の米軍普天間飛行場のオスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)の訓練分散の対象の一つとして、熊本県内の大矢野原演習場(山都町)があげられていると伝えられています(8月2日「産経」)。

さらに、地元紙「熊日」(8月16日付)は、12月、陸上自衛隊西部方面隊と沖縄駐留米海兵隊が、大矢野原演習場で、日米共同実動訓練を計画していること。それへのオスプレイ参加が検討されていると報じています。

 また、防衛省が2014年度に購入する最新式の地対艦誘導弾16台を西部方面隊に集中配備することも明らかになっています。

 オスプレイの佐賀空港配備発表に続く、こうした動きは、県民の安心安全にとって重大この上ないことであり、多くの県民から、「これから、日本は、熊本はどうなっていくのか」「集団的自衛権行使がなされるなかでの熊本での軍事力の強化、訓練基地化は、攻撃した相手側から、熊本が報復攻撃の対象になるのでは!心配だ」等々の声が寄せられています。

②オスプレイの分散訓練は、大義も道理もなく、県民の安全を脅かすもの

*貴職は、7月7日の記者会見で、「沖縄の負担軽減のために、本土での訓練移転を検討していきたい」と述べています。しかし、これは沖縄の実態を偽るものです。

政府は沖縄東村高江で、リパッド(着陸帯)建設を進めており、計画の6ケ所中、すでに2ケ所を完成させています。

*米軍嘉手納基地では、在来機のF15などが移転しても、外来機が飛来・訓練し、2013年度の年間騒音発生回数は、前年度比で、約9000回増加しています。

*オスプレイは事故を繰り返しており、オスプレイが、大矢野原演習場で訓練し、熊本

の上空を飛来することは、県民の安心安全を極度に脅かすものです。

 オスプレイ(米海兵隊・MV22)の最近の「クラスA」事故

         *クラスA事故  200万ドル以上の損害または死者が発生

2013年6月21日 訓練で着陸時に地表が燃えて胴体に引火、機体炎上

2013年8月26日 訓練中に着陸失敗、機体炎上

2014年5月19日 訓練中に後部ドアが開いて兵士落下、1人死亡

2014年6月27日 普天間基地で落雷により破損

  

*オスプレイが事故を多発させるのは、「ヘリコプターと固定翼機併せ持つ」構造に起因しています。

「プロペラの向きを変えるときに機体が不安定になる」「主翼の両端に2つのプロペラとエンジンがあり、電気系統が長く複雑で、故障しやすい」「飛行中にエンジンが停止した場合、安全に着陸する『自動回転』(オートローテーション)機能を持っていない」(日本の航空法では、この機能がない回転翼機の飛行はできない)」などの点が問題視されています。

*オスプレイの被害は、事故だけではありません。オスプレイが発する低周波音が、普天間基地周辺では、心理的・物的影響の基準値を超えています。ペースメーカーへの影響なども指摘されています。

また、離着陸時の激しい吹き降ろし(ダウンウオッシュ)による事故、離着陸時に排出する高温の排ガスによる火災も指摘されています。人口密度が高く、森林面積も広い日本での訓練、飛行などとんでもないことです。

*日米両政府は、オスプレイの配備に当たり、「安全」に関する日米合意(2012年9月19日)を交わしています。

「可能な限り学校や病院を含む人口密集地を避ける」「基地外では、プロペラを上方に向けた『ヘリモード』や、プロペラを傾けた『転換モード』では飛行しない」「22時以降の訓練飛行は、『運用上必要と考えられるものに制限』し、『必要最小限』とする」等ですが、これらを乱暴に踏みにじる違反飛行が、沖縄では常態化しています。

③安倍内閣は、憲法9条を内閣の解釈変更によって、180度変えて、日本を「戦争を

する国」にしようとしています。そうしたなかでの日米共同訓練は、日本の自衛隊が米

軍とともに、海外で戦争をすることの訓練にほかなりません。そんな危険な訓練を大矢野原演習場で実施することなど、断じて容認できません。

熊本県には、約1万人の自衛隊員が居住しており、その家族も、県民として、生活し、働き、学んでいます。熊本県民のなかから「戦争による死者」を1人も出してはなりません。県民と県土が、報復の武力攻撃やテロに見舞われる事態は、絶対あってはなりません。

  日本共産党は、県民と県土を戦争に巻き込む、日米共同訓練、オスプレイの飛来と訓練、軍備増・強化に厳しく反対します。

 

2、日本共産党は、次のことを強く求めます

①日米共同訓練の中止すること。中止すればオスプレイに訓練参加の検討など必要ありません。

②大矢野原演習場をオスプレイの分散訓練場とする「計画」を撤回すること。

③西部方面隊への地対艦誘導弾(SSM)の集中配備など、九州、熊本の軍事化を中止すること。

 

以上


この記事をはてなブックマークに追加

県庁新館ロビーで、原爆写真展

2014-08-21 14:25:22 | 日記

熊本県庁新館ロビーで、原爆写真展(被爆2世・3世の会)が実施中です。期間は明日までです。


この記事をはてなブックマークに追加

第1回立野ダム現地調査が迫ってきました

2014-08-09 17:44:42 | 日記

 「立野ダム現地調査」が迫ってきました。第1回目の現地調査です。これから歴史を刻むことになります。実行委員長は、南阿蘇在住のくわみず病院の松本医師です。17日、10時、旧立野小学校集合、午前中、現地調査、正午ごろからバーベキューです。ぜひ参加してください。


この記事をはてなブックマークに追加