~新しい扉の向こうへ~

スピリチュアルな世界と地球文明の真実を学びたい。
目に見えるものだけが全てではないのだから。

★評議会 : 夜明けの訪れ

2017年07月23日 | ☆スピ系メッセージ その他

きらきら星へようこそ...☆より転載させて頂きます。



評議会 : 夜明けの訪れ

June 25, 2017
ロン・ヘッド経由
Via Ron Head
The Council Comes the Dawn

今まで皆さんは、何度も数多くの言葉で、皆さんの周りの世界はひとつの鏡である、と伝えられてきました。そしてそれは、最も頻繁に、皆さんの個人的な自己を意味する言葉として受け取られてきました。何故なら、皆さんは、皆さんはある意味では不充分だったと考えながら、皆さん自身をさらに良くする術を探求してきたからです。

しかし、皆さんの周りの世界は、ただ単にひとりの個人としての皆さんが築き上げてきたものではないのでしょうか?生きているありとあらゆる個人が、その内容と形が存在しないように、意識的にまたは無意識に貢献してこなかったひとつの世界である、と話すことにしましょう。

幾つかの物事は皆さんが生み出し、別の物事は皆さんが許してきました。しかし皆さんは、ある意味では皆さんの世界のあらゆる物事に同意してきました。今まで話してきたように、皆さんは共同創造者です。皆さんは明示します。皆さんは、明示することができません。そして人それぞれがこれを行う時、ひとつの世界が姿を現わします。

そのため、わたし達が以前に尋ねたように、世界の中で何が続いているのでしょうか?このすべての狂気は何なのでしょうか?

皆さんは、ほとんどの皆さんが、このすべては何も新しいものではないことに気付いています。それは、今まで隠され、取り繕われ、無視され、誤魔化され、秘密にされてきた物事の、皆さんの視野への暴露です。そのような日々は、率直に言うと、過ぎ去りました。そのパイプラインの中のすべての汚泥が、確認できるように明るみへと押し出されています。そしてそれは、心地よい景色ではありません。

今まで起こってきたことは、ほとんどの皆さんが皆さんの知性の中で皆さんが手にするものを認識しないこと、このゲームが充分に長く続いてきて、今後皆さんはそれを終わりにすることを、皆さんが数々の水準で同意してきたことです。

皆さんは、目覚めているところです。個人として、その通り、しかしまた、ひとつの集団として。そして皆さんは学んでいるところであり、そしてこれからは、皆さんは事実通りとても力に溢れていることを思い出すことになるでしょう。わたし達は、少しの間、この主題に戻ることになります。

今、行われなければならないひとつの物事は、皆さんは皆さんの役割を自覚する必要がある、ということです。

今後皆さんは、もしも皆さんがそれを好み、創り出されている物事に対して意識的に掌握するなら、こうした物事を認めながら、その物事を創り出すことを止めることはありません。ひとりの怪物が、後部座席に乗っています。そして彼がそこに腰掛けてもうこれ以上それを認めないと決断することを皆さんが認識するまで、彼はその乗り心地を楽しみ続けるでしょう。

さらに言うと、彼は、‘他の人々の’後部座席の中にいる、‘他の人々の’怪物ではありません。彼は、皆さんの怪物です。何故わたし達はそう話すのでしょうか?何故なら‘他の人々の’怪物は、皆さんが何を行おうとも、今後も離れる理由を持つことはないからです。皆さんの怪物は、ただ皆さんに従うだけです。もしかすると、彼を‘わたし達の’怪物と呼ぶことは、より後味が良く、適切なのかもしれません。

わたし達は、ここで非難について伝えている訳ではありません。わたし達は、それに対する影響力を持つために、真実を自覚することについて伝えています。

それでわたし達は、皆さんが今の皆さんの世界の表層に向かって泳いでいる姿を確認する悲惨で恐ろしく、凄惨で、さらには同義に反するすべての物事は、数万年もの間皆さんに対抗して演じられてきたこの忌まわしいゲーム、そのゲームを終わりにしようとする皆さんの決断に役立とうとして、そのように行っている、と話しています。その通り、わたし達は、皆さんに対抗して、と話しました。

そのゲーム会場を皆さんに説明することにしましょう。一方には、何百万、さらには何十億もの競技者がいます。もう一方には、比較的少数の競技者がいます。しかし、その少数者はひとつの秘密を握っています。その秘密は、自分達は自分達に対抗する数多くの競技者達の力を利用する方法を認識している、というものです。

彼らは、彼らの敵対者達の凄まじい力を認識していますが、しかし既にその知識を隠すこと及びそれを利用することの両方において、熟練の域に達しています。彼らは、自分達が勝つ方法を心配せず、ただ勝つだけです。彼らは、ルールを順守しません。彼らが認める唯一の善は、彼ら自身の利益だけです。彼らは虚言を弄し、欺き、殺害し、あるいは他に必要などのような物事も行います。

何故なら、彼らの頭の中では、その目的が、彼らが行う事が必要だと気付くことができるあらゆる物事を正当化するからです。彼らの方法論は、彼らの‘チーム’に彼ら自身への依存心を創り出すことです。彼らは、数々の困難を創り出します。彼らは、怖れを創り出します。彼らは、必要性を創り出します。次に彼らは、解決策を提示します。妙な話になりますが、その解決策は、いつも彼らをさらに大いに支配的な地位にさせたままにして、その反対側を少ない支配力のままにします。

彼らは彼らの敵対者にその敵対者自身の弱さを募らせて、代償を支払わせます。彼らは、その敵対者に敵対者自身の崩壊を高め、操作し、代償を支払わせることさえできました。今、それはもう充分です。

わたし達は皆さんの力という主題に戻ることになると伝えたことを、憶えていますか?ここが、わたし達がそれを行う場所です。そのゲームを説明するために長い時間が掛かりました。今後は、皆さんがそれに勝つ方法を皆さんに説明するために、かなり少ない時間しか掛からなくなるでしょう。

まず、皆さんはひとりの個人ではなく、数十億で構成するひとつの集団であることを、忘れないでください。次に、利用されているその力は皆さんの力であることを、忘れないでください。今まで世界がそうなってきた状況と所有するものを、確認してください。

“我々が演じてきた役割に目を向けよ”。そして次に、個人である皆さんとして、皆さんの数十億の姿の中で、ひとつの決断を下してください。“わたしはもうこれ以上そのようになることはない”。皆さんがなることを望む役割を決め、皆さんの集中力と注意をそうなることに向けてください。それが、‘皆さんの力を取り戻せ’、という教えが実際に意味する内容です。

もしも皆さんが行進し、組織化する等々を望むなら、それは大丈夫です。しかし、皆さん自身の意識を高めることは、実際に必要になるすべてです。皆さんは事実通りひとりではなく、そしてそれはこれからの日々の中で、非常に明白になるでしょう。

既に皆さんは、今皆さんが読んでいるメッセージの主旨と周波数の中のひとつの変化に気付いているかもしれません。皆さんの進歩の中で皆さんがいる場所のひとつの合図として、それを受け止めてください。しかしその一方で、わたし達は今、進歩を、皆さんの外部の何処かに向かう状況として話している訳ではなく、皆さんの内部について話していることを理解してください。

皆さんは、この中で大いなる支援を手にします。まさに、それがすべてのための最善の方法で起こることを、認めてください。皆さんが憶えておくべきもうひとつのことは、皆さんの自由は保障されているという程度のものではないことです。それは、皆さんが言うように、確定事項です。何故なら、今後皆さんは、今の皆さんではない物事に属する隠蔽を、装い続けることはなくなるからです。

There are two published books available on Amazon that contain the collected messages received by Ron Head (that’s me). The first is The Wisdom of Michael, available HERE, and the second is It Rings True, available HERE. A third book is being compiled now.

Copyright ©︎ Ronald Head. All Rights Reserved. You may copy and redistribute this material so long as you do not alter it in any way, the content remains complete, and you include this copyright notice and link:http://ronahead.com/

http://ronahead.com/2017/06/25/council-comes-dawn/



翻訳★森のくま
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2017-07-23



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★コブラ・・・Return to Ligh... | トップ | ★シェルダン・ナイドルニュー... »
最近の画像もっと見る

☆スピ系メッセージ その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。