~新しい扉の向こうへ~

スピリチュアルな世界と地球文明の真実を学びたい。
目に見えるものだけが全てではないのだから。

★PFC・・・特別夏至瞑想 6月21日(水) 13時24分 (日本時間)

2017年06月18日 | ☆コブラ(R/M) ・ PFC

Prepare For Change Japan より転載させて頂きます。


特別夏至瞑想

PFC はライトワーカーの結束を求めて、6月21日の夏至に特別な集団瞑想を全世界に呼びかけました。

呼びかけの英語原文: LIGHTWORKER UNITY NOW ! Join the Summer Solstice Meditation

特別瞑想の日時: 6月21日(水) 13時24分 (日本時間)

平日の昼間なので、社会人など時間の取れない方も多いかと思いますが、久しぶりの世界共通瞑想で忘れかけていた気持ちを思い起こしてみてはいかがでしょうか。

瞑想用の日本語ガイド音声(mp3)

フェイスブックからの参加表明はこちらです。

また、今回も世界共通のシンクロ瞑想を行います。PFCはサーバの大幅強化をしたようなので、今回は順調に稼働してくれることを期待したいです。当日までに、日本語のガイド音声も追加される予定です。

https://www.coeo.cc/meditate/?mid=736

★瞑想手順:

1. リラックスした状態になってください。

2. この瞑想を通じて、世界中に愛と光を広めたいというあなたの意図を表明して下さい。ライトワーカーは誰もが、差別や苦しみを無くし、戦争を終結させ、豊かさや平和に満たされる素晴らしい世界を、すべての人々にもたらしたいと考えています。そのライトワーカー全員の気持ちを一つに集結させたいというあなたの思いを、この瞑想に込めて下さい。

3. 銀河のセントラル・サンから、白く輝く光の柱が太陽系内に遍く光の存在たちを通り抜けながら、あなたの体に射し込み、そのまま地球の中心まで届くのをイメージして下さい。

4. 今度は地球の中心から、もう一本の白く輝く光があなたの体を通り、空に向かい、太陽系や銀河に遍くすべての光の存在に届くのをイメージして下さい。
今、あなたは二本の光の柱の中にいます。光が上下同時に流れています。この二本の光の柱を数分間そのまま維持して下さい。

5. この二本の光から虹の渦が生まれ、地球全体に広がり、さらに太陽系全体までに広がっていくのをイメージして下さい。虹の渦が、地球の支配システムを消滅させ、地上のすべての存在に幸せ、豊かさ、意識の覚醒をもたらすのをイメージしましょう。

6. すべての暴力が取り除かれ、地球も、そこにいる人々やすべての存在も癒やされるのをイメージしてください。北朝鮮、ベネズエラ、シリア、コンゴ、ウクライナなど、いまも紛争が続く地域の人々が武器を手放し、皆が兄弟であることに気付き、平和を取り戻すのをイメージして下さい。

7. 秘密宇宙プログラム、宇宙人の存在、隠蔽された高度な最先端技術、地球の権力構造や金融システムに対する支配や操作など、隠された真実がすべて公開された瞬間をイメージして下さい。それをすべて知らされた上で、人々が自由意志で賢明な判断を下し、平和な世界を取り戻す時代をイメージしましょう。

8. そして間もなくやってくる新しい黄金時代の中で、人々が本来携わっていた英知や能力を開花させ、新しい宇宙社会へと発展していく様子を思い浮かべて下さい。ほかの星々にいる私達の兄弟姉妹とも、自由に交流できる時代をイメージしましょう。

9. 地球のグリッド活動に携わっている人たちも、瞑想の中でセント・ジャーメインの紫の炎や、AN転換の白い炎を地球に導く人たちも、美しい地球を取り戻せるように、互いに手を取り合って地球を癒やしていくのをイメージしましょう。


平和と解放はすぐそこまで来ています!

訳注: 自然で分かりやすい日本語表現になるように、原文の意図を保ちながら、一部の文章を再構成させ、表現を変えました。




翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/06/summer-solstice-meditation.html?m=1









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★大天使ミカエル 2017年5月29日 | トップ | ★6月11日:ブロッサム・グッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。