~新しい扉の向こうへ~

スピリチュアルな世界と地球文明の真実を学びたい。
目に見えるものだけが全てではないのだから。

★7月のエネルギー 2017年06月30日

2017年07月01日 | ☆スピ系メッセージ その他

連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」より転載させて頂きます。


7月のエネルギー
2017年6月30日


満たされようとする要求が感情的に強くなっていくでしょう!愛、プロテクション、安定、安全を求める気持ちが高まってくることから、あらゆる関係性、つながりに意識が向きます。パートナーがいない人は、「誰か心から愛せる人がそばにいてほしい」と言いたくなるかもしれません。

来る10日の満月あたりは、私も吠えそうになるかもしれないので注意しますね(笑)7月は情熱に流されやすいエネルギーがあります。

「もっとパワフルな自分になりたい」
「もっとお金が欲しい」
「もっと主導的立場になりたい」
「もっと認められたい」
「もっと自分のことを聞いてもらいたい」
「もっと褒めてもらいたい」
「もっと愛してもらいたい」etc.etc.

スープ鍋の底をかき混ぜたように、もっと私に、私、私の感情が舞い上がってくるでしょう。自己中的なさまざまな感情にかき混ぜられた挙句に、下旬ごろには、スープ鍋の底にそれらの感情はまた落ち着きを取り戻すことになるでしょう。

相手はどう感じているのか、気持ちを十分に察することができるように冷静さを失わない感情バランスを心しておきましょう。そのためには、自分のスペースを大切にして、マイペースを忘れないようにしてください。こころの感情バランスが整っていると、「ああ、私は無限の愛で満たされているんだ」と、どんな状況下にあっても気づくことができます。

7月は感情面でのバランスを意識的に都度チェックしてください。それさえできていれば、大きなチャンス到来を見逃すことはありません。まさにミラクル的なチャンスがぼんぼんと、立て続けにやってくる可能性が潜んでいます。スピーディになに事も起きていますので、考えすぎて躊躇したり、気持ちを切り替える柔軟性がなかったりすると、あれよ、あれよという間にチャンスは通り過ぎいきます。いさぎよく新しいことに飛び込む勇気をもってください!

大幅な進展や成長も期待できます。ただし、感情管理がベースです。ツインソウルと思えるほど意気投合し、互いに満足できる人と出会う可能性もあります。

それにしても、夏至を過ぎたころから、好みの面で変わってきていませんか?食べ物にしても、友人関係にしても、優しさと調和を優先するようになってきていませんか?女性性のエネルギーに切り替わったからです。うまく共同創造できる相手かどうか、再検討してみるのにもよい時期です。

敏感な人は、今まで我慢できた職場の雰囲気にもうこれ以上耐えられなくなってくるかもしれません。さまざまな面でこれからは、男性性の強い雰囲気には耐えられなくなってくるでしょう。パワハラなんてとんでもございませんわ!

誰もあなたを止めてはいません。自分で選んでそれを選択しているのです。そこにい続けるか、去るか、責任はあなたにあります。

敏感さというのは、けしてわがままではありません。世の中の政治家たちが皆、感受性が強くて敏感な人たちばかりだったら、世の中はこんなことになっていないはずです。先ほど述べたようなあまり自覚できない感情面での摩擦によって、敏感な人は体調の崩れを波のように繰り返しやすい時期がしばらく続くようですので、このことを念頭に入れておきましょう。

平和的で優しさのある女性性と、勇気と強い心をもつ男性性のバランスを進化する魂は必要とします。

地球全体が今、大きなエネルギーシフトの真っ最中です。聖なる光を個々が放つことによって、3次元地球に想像以上の変化をもたらす可能性がますます広まりつつあります。しかし、両極端に現実化しやすいこともたしかですので、常に高次の光と共にあらんことを!

個人レベルも同様に想像以上の変化を引き寄せやすくなってますので、あきらめかけていた望みを、もう少しのあいだ持続させるチャンスを与えてください。


連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」
愛知 ソニア : http://sonia.thd-web.jp/e23952.html



行間を詰めさせて頂きました。 管理人








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★大天使ミカエル : 2017年6月5日 | トップ | ★イエス:愛に意識を集中して... »
最近の画像もっと見る

☆スピ系メッセージ その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。