見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

深川八幡祭り2017

2017-08-13 23:46:35 | なごみ写真帖
「深川の八幡さま」とも呼ばれる富岡八幡宮の例大祭(深川八幡祭り、2017年8月11日~15日)が行われている。今年は三年に一度の本祭りで、今日は丸一日かけて「各町神輿連合渡御」が行われた。

朝、とりあえず八幡宮に行ってみようと永代通りに出てみると、門前仲町の交差点から東は全面交通止めになっていて、各町の神輿が待機している。今年は大神輿が53基だという。あれ?神輿の一覧表(番付みたいな)には55番まであったのに、と思って、よく見ると4番と42番は欠番だった。なるほど。町内ごとに異なるデザインの半纏を着たかつぎ手が、神輿1基につき数十人から百人くらい待機している。朝早いこともあって、私のような普段着の見物客は少ない。これは見る祭りではなく、参加する祭りなのだなと感じた。

神輿は八幡宮の西側から順番に進んでくる。八幡宮の鳥居前で90度向きを変えて、神職にお祓いを受け、ついでにくるりと回ったり、激しく上下動したり、デモンストレーションしてから、東(木場)の方向へ進んでいく。



次にどの町内の神輿が来るのか、巡行の順番を記したチラシやパンフレットを見ればいいのだが、あいにく持っていない。こういうときは、神輿の一覧表をプリントした公式Tシャツを着ている人がちらほらいるので、そっと視線を送る。このTシャツ、背中にプリントされているので、本人のためにはならないが、周囲の人間には大変ありがたい。

↓私の町内会(永代二丁目南)の神輿。深緑色の半纏がめずらしく、オシャレなのだ。



西に進んで最初の交差点で「富二(富岡二丁目)のおもてなし」の看板を掲げた壇上から、容赦なく水が浴びせられる。深川八幡祭りは、別名を「水かけ祭り」とも呼ばれるのだ。



BGMは主に太鼓だが、お囃子も出ていた。少人数なのに笛の音がよく通っていた。そしてテンポがすごく速い。



神輿の出発を半分くらい見届けたところで、いったん家に戻り、小休止。神輿は大門通りを北上し、深川資料館通り~清州通りを経て清州橋を渡り、再び永代橋を戻ってくるので、12時頃、橋の様子を見に出かけた。先頭の神輿が現れた頃は大混雑だったが、何しろ50余基もあるので、次第に人も減り、ゆっくり見物することができた。

橋の前後には消防庁の職員が待ち構えていて、威勢よく水をかけてくれる。これは西の橋詰(新川側)。





橋の上は風が通って涼しかった。大勢で足を踏み鳴らすと、心なしか橋が揺れる気がする。永代橋は、江戸時代に、この深川八幡祭りの人出に耐え切れず、崩落した歴史があるが、まあ今の橋は大丈夫だろう。



永代二南の神輿は、先頭に車椅子に乗ったおじいちゃんがいて、介添えの人は、神輿におじいちゃんの顔を向け、後ろに車椅子を引きながら、そろそろと進んでいた。あと、この集団は女性が多くて、二つに割った竹(?)をカチカチ鳴らして、賑やかにリズムを取っていた。



永代通りに戻った神輿は、再び八幡宮の鳥居の前まで行き、神職に水をかけてもらう。そのあとも、意気軒高と東へ進んでいくので、もう1周するのか?と目を疑ったが、練り歩きながらそれぞれの町に戻るらしい。私も家に戻って涼んでいると、午後4時頃、町内の神輿が帰ってきた。ご苦労様でした。

おまけ:総代の半纏は、背中に八幡宮のハトが八の字を描く。かわいい。



提灯。「八幡宮」の文字が楷書のものと行書(草書?)のものがある。我が家の近所は後者が多い。



しかし、こんな広範囲の町を束ねたお祭りが成立するって、東京も捨てたものじゃないねえ。楽しかった。
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信仰の場の復元/祈りのかた... | トップ | 見どころは中国絵画/ボスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

なごみ写真帖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。