見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

2016秋@大徳寺曝涼(むしぼし)再訪

2016-10-11 22:06:12 | 行ったもの(美術館・見仏)
■大徳寺本坊

 10月の第二日曜に京都・大徳寺で行われる宝物曝涼(むしぼし)に行ってきた。ちなみに3年前の初訪問の際の記事はこちら。↓

2013秋@大徳寺曝涼(むしぼし)の至福
2013秋@大徳寺:高桐院宝物曝涼展、黄梅院、龍源院

 前日は京都に宿が取れず、滋賀県の守山泊。明け方、目が覚めて窓の外を見ると、どしゃぶりの大雨だった。これは曝涼は中止か、と思って、しばらく二度寝してしまったが、明るくなると、雨だけは上がった様子。でもまだ雲は低い。無駄足になるかもしれないなあ、と気をもみながら、新快速で京都を目指す。大徳寺が目の前に迫ったバスの中で、窓にポツポツ雨粒が当たり始めたときは、万事休すかと思ったが、なんとか傘を開くことなく、本坊に駆け込む。玄関には、たくさんの靴が並んでいたが、前回も感じた通り、会場が広いので、そんなに混み合った感じではなかった。



 毎年、宝物の配置は同じらしい。前回の記録を参照しながら感想を修正/追加しておく。

【第1室】
・やっぱり、鴨居の上の『十王図』に驚く。
・高麗仏画『楊柳観音図』。第6室の楊柳観音図ほどは大きくない。
・牧谿筆『龍虎図』二幅。どちらも人相が悪い。その間に、机のような岩にもたれる『白衣観音図』があって三幅対の構成。
・美形の『維摩居士図』。

【第2室】
・左右の壁に『十六羅漢図』8幅ずつ。「明兆筆」の中に1点だけ「等伯筆」。
・牧谿筆の『虎』『鶴』『白衣観音』『猿』『虎』が並ぶ。第1室の虎に比べると、背を丸くかがめた姿勢。たおやかな白衣観音は宋代の美の理想という感じ。
・ここは襖絵も見どころ。

【第3室】
・書状、墨蹟が中心。大きな字で「茘枝(れいし)」が可笑しかったが、禅語では悟りの機縁らしい。

【第4室】
・鴨居の上に南宋時代の『五百羅漢図』百幅のうちの6幅。前回、「展示作品は毎年同じです」と聞いたけど、詳細を覚えていないので、確かめる術なし。
・頂相多し。臨済義玄とか虚堂智愚とか。
・狩野正信筆『釈迦三尊図』。『寒山拾得図』も好き。

【第5室】
・書状、宸筆。綸旨多し。
・襖(障壁)に猿回しが描かれている。

【第6室】
・小さい部屋に作品多数。
・長沢蘆雪筆『龍虎図』二幅と、その間に『大燈国師像』。
・明時代の『猫狗図』二幅。「狗図」は黒ぶち・茶ぶち・灰色のころころした子犬三匹に椿と太湖石、小鳥もいる。「猫図」は、前回キジトラと書いたが、サバトラかも。おすまし猫に牡丹、笹に雀。
・そして再び高麗絵画の『楊柳観音像』。これは本当に巨大。

【起龍軒】
・伝・牧谿筆『芙蓉図』。落款も署名もないのに、どうして牧谿と分かるのかなあ。
・利休の目利き添状は「宗易」の署名。

■高桐院



 次に、ここも一日限りの宝物曝涼をやっている高桐院へ。湿り気を含んで緑の鮮やかな竹林と苔庭のアプローチが美しい。書院の展示は、探幽筆『文殊・普賢像』、永徳筆『維摩居士像』が印象的。天正20年(文禄元年)の秀吉の書簡は、文禄の役(朝鮮出兵)に触れていて、けっこう生々しい。「然れば高麗国王、去る二日、内裏自ら放火せしめ逃げ退き候」等とある。

 茶室「意北軒」「松向軒」をさっと見て、本堂に向かう。方角を間違えて、思いがけず、銭選(銭舜挙)筆『牡丹図』二幅の飾られた部屋に、先に迷い込んでしまって慌てる。それから、ようやく本堂にたどりつく。

 本来の仏間の中央を塞いで、中央に『楊柳観音像』と左右に南宋の李唐筆『山水図』ニ幅が掛けられている。手前には濃い緑釉の香炉が置かれ、線香から煙が立ちのぼっていた。その前に太い青竹が渡されていて、観客が近づきすぎないよう、無言で諌めている。『山水図』は、向かって左に身をよじる巨木の図、向かって右に流れ落ちる滝の図。この配置は前回と同じだ。

 正面には、柱を背に、低い机を前に置いて、黙って見守るおじさんの姿。たぶん前回もお見かけした宇佐美松鶴堂の方だな、と思った。きちんと正座されていたので、一日中このままなんだろうか、と驚いたが、帰りがけに見たら足を崩されていたので、ほっとした。ちなみに、室内にはもうおひとり、学生ふうの若い女性の方も緊張した面持ちで正座しておられた。貴重な宝物を間近で拝観できる曝涼はありがたいけど、管理者の方は気が休まらないだろうなあ。

 前回、気づかなかったのだが、『山水図』の脇に木箱(保存箱)の蓋が飾られていて、蓋の裏に「平成弐年十一月廿八日修理完了/株式会社宇佐美松鶴堂請負/高桐院現在剛山識」(たぶん)と記されていた。また『牡丹図』の脇にも同様の蓋があり「昭和五拾年参月文化財保護法ニヨリ修理了/高桐院現在剛山宗忠代」と読めた。

 こうして二度目の大徳寺曝涼も堪能。外に出たときは、雲が切れて太陽が覗き、気温が上がっていた。またいつか来たい。どうか参観者が増えすぎませんように。この行事が続きますように。
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016秋@大徳寺・聚光院特別公開 | トップ | 2016秋@関西:若冲の京都、K... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。