見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

あおによし神鹿の社/春日大社 千年の至宝(東京国立博物館)

2017-01-30 23:36:16 | 行ったもの(美術館・見仏)
東京国立博物館 特別展『春日大社 千年の至宝』(2017年1月17日~3月12日)

 約20年に一度の「式年造替」が平成28年(2016)に60回目を迎えた節目を記念して、奈良・春日大社の名宝の数々を、かつてない規模で展観する。

 展覧会の構成は、まず大型モニタで緑豊かな境内の映像を見せ、横を見ると愛らしい小鹿の映像。そして最初の展示室にいざなわれると「神鹿の杜」と題して、鹿、鹿、鹿…。金地の『鹿図屏風』六曲二双には、宗達ふうの鹿の群れ。細見美術館所蔵のラブリーな『春日神鹿御正体』も来ている。「鹿島立神影図」や「春日鹿曼荼羅」は各種あり。南北朝~室町時代の作が多いが、陽明文庫が所蔵する最古の『春日鹿曼荼羅』(鎌倉時代)も出ていた。白鹿ではなくて、普通の鹿の毛並みで描かれている。藤田美術館の『春日厨子』は、凛とした神鹿の人形を収め、白い狩衣の四人の神官が従う。鹿の頭上の天井には龍?

 絵巻『春日権現験記絵』(原本)が早くも登場。現在の展示は巻20で、春日の神が怒りを発し、春日山の木々が枯れ果てたが、神火が星のように飛んで社に入ったという場面である。ご神火は(たぶん)描かれていなくて、長大な画面の右端と左端に、何やら指さして噂しあう人々が描かれている。画面の中ほど、鳥居の下には、平和そうな鹿の群れが描かれているのも面白い。後期は巻12に入れ替わる。なお、絵巻の閲覧に使われたという「披見台」も出ていたが、「屏風のように立てて使用された」という説は初めて聞くもので、面白かった。閲覧を許された者以外が覗き見できないように、手元を隠したのだろうか。それとも風除け?

 そして、突然、狭い視界に春日大社御本殿(第二殿)がぬっと現れる。ほぼ実物大の復元だそうだ。左右の御間塀の壁画も見どころ。扉の前には、螺鈿の美しい八足案(机)と、その机の下に丸盆が二枚重ねて置かれていた。軒先には瑠璃灯篭の復元品が輝いている。原品(鎌倉時代)は展示ケースの中。

 続いて「平安の正倉院」と題して、さまざまな神宝類を紹介。12世紀(院政期)の品が多い。品のよい花鳥文を散らした平胡簶(やなぐい)は藤原頼長が使用したもの。『金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)』には、雀とブチねこ(なぜか大きさが同じくらい)で装飾されている、宋画に「捕雀猫図」という主題があるのだそうだ。

 次に「春日信仰をめぐる美的世界」には「春日宮曼荼羅」が多数。かつて根津美術館で見た『春日の風景』展の記憶が、少しずつよみがえってきた。最大画面を誇る、奈良・南市町自治会所蔵の「春日宮曼荼羅」は、多くの鹿が描かれていて楽しそう。若宮の神楽殿には、童形の若宮神が姿をのぞかせている(小さくて分かりにくいが、あとの方で拡大写真がある)。このセクションは第二会場に続き、仏画や彫刻の文殊菩薩像、地蔵菩薩像などもある。春日大社の第一殿から第四殿の神々は、釈迦、薬師、地蔵、十一面観音の化身とされ、若宮は文殊の化身とされたのだ。円成寺の十一面観音菩薩立像も来られていた。

 奈良博の『春日龍殊箱』も見ることができた。前期は外箱、後期は内箱だそうで、早めに行ってよかった。それから地味だが、伝・経覚筆『三社託宣』の書軸にも注目。いま売れている話題の新書『応仁の乱』に登場する興福寺僧の書跡である。こなれた達筆。

 「奉納された武具」には、鎌倉~南北朝時代の刀剣、大鎧と胴丸など。「神々に捧げる芸能」には、古い舞楽面や伎楽面が多数出ていて楽しい。「貴徳鯉口」など、あまり他所で見ないものもあった。「崑崙八仙」という曲、一度見てみたい。会場には春日若宮おん祭の超ダイジェストビデオも流れていたが、この祭礼もいつか体験してみたいものだ。最後は「春日大社の式年造替」で、文書資料に加えて、獅子・狛犬の四ペアが並んでいた。平成28年(2016)まで、御本殿の第一殿から第四殿の軒下に据えられていたものだ。第一殿のペアが最も古く(鎌倉時代)、それぞれ顔つきや姿態が異なるのが面白かった。

 なお、展示品の解説ボードに高い比率で「鹿」マークが添えられているので、途中で係員さんに聞いてみたら「あれは作品のどこか(絵や文字など)に鹿がいるという印です」「マークは4種類ありますが、絵の違いは意味がありません」とのこと。なんだ~。でも、マークのある作品(工芸品)で、どこに鹿がいるんだろう?とぐるり回ってみると、裏側にいたりするのは面白かった。

 たまたま直前に読んだ『スキタイと匈奴 遊牧の文明』によれば、スキタイの民は鹿を神聖視していて、その理由は、鹿の角が生え変わることにある(=再生を意味する)と書かれていた。鹿島から春日に鹿の信仰を伝えた人々も、同じことを感じていたのだろうか。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代の兵制から軍閥まで/〈... | トップ | おん祭徹底ガイド/雑誌・芸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行ったもの(美術館・見仏)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。