見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

2016年10月@関西:正倉院展(奈良国立博物館)

2016-11-04 22:44:59 | 行ったもの(美術館・見仏)
奈良国立博物館 『第67回正倉院展』(2016年10月22日~11月7日)

 今年も正倉院展に行ってきた。前日の土曜日からJR奈良駅前に宿泊。翌日、ちょっと気を抜いて、朝8時頃、奈良博に到着したら、折り返し列の最後尾くらいに並ぶことになった。そして、さらに折り返した外側の列がぐんぐん伸びていく。係員さんが気を使って、必ず二人ずつ詰めて並ばせているので、いつもより人口密度が高い気がした。

 8時50分頃、列が動き出し、どうやら待ち時間なしで会場に入ることができた。二階に上がったところで会場案内図をさっと確認する。帰ってから気がついたが、この図(PDF)、ホームページで公開されるようになったのか。ありがたい。今年の見もの『漆胡瓶』は第1会場(東新館)にあることを把握。会場内はそこそこ混んでいたが、まあ例年並みなので、心を落ち着けて、基本的に最初から見ていく。

 まず「聖武天皇ご遺愛の品々」で、象牙製の尺、鯨骨製の尺、銅鏡とその箱。板締め染めの屏風『鳥木石夾纈屏(とりきいしきょうけちのびょうぶ)』は、どことなく西域の香りを感じさせる。そして『漆胡瓶』は1998年以来、18年ぶりの出品だそうだが、私は東博の『皇室の名宝』で2009年に見ているはずである。草花や鳥・蝶・鹿などを描いた愛らしい文様は、かなり見えにくくなっており、白黒写真やエックス線透過写真のほうが、往時の華やかさをうかがわせる。重さ760グラムというのは、この大きさとしては軽い作りだろうか? 同じ重さに作ったレプリカがあれば、持ち上げてみたい。

 「献物に関わる宝物」として各種の箱や台など。イグサを編んだ楕円形の箱は弁当箱みたいだった。『縹地唐草花鳥文夾纈絁(はなだじからくさかちょうもんきょうけちのあしぎぬ)』は20センチ四方ほどの断片だが、水色地に蔓草模様と水鳥(鴨?)がプリントされていて可愛かった。『赤紫臈纈絁几褥(あかむらさきろうけちあしぎぬのきじょく)』は絣のような幾何学模様だと思っていたが、図録で拡大写真を見たら、小さな魚と水鳥が連続プリントされている! あとは管楽器など。

 第2会場(西新館)の最初の部屋は「聖武天皇一周忌斎会と法会の荘厳」の特集だった。『大幡残欠』『大幡の脚』『大幡脚端飾』等の展示品は、錦や組紐でつくられた、それ自体美しい布製品なのだが、これを頭の中で組み合わせると、途方もなく巨大な「大幡」が現れてくる。全長13~15メートルに及んだと推測されている。その他、天平伽藍の供養と荘厳に用いられた品々では、鈴鐸類(鈴、鈴形の玉)が小特集されていて面白かった。梔子形とか杏仁形とか、瑠璃玉つきの鈴というのもあるのだな。

 西新館の後半では『撥鏤飛鳥形(ばちるのひちょうがた)』3件が印象的だった。象牙を削って作った小鳥(3センチくらい)に彩色を施す。1羽は青く、2羽は赤っぽい色だった。腹の部分に2つの穴を穿ってあるので、糸か紐を通して衣服に縫い付けたのか。詳しい用途は不明だというが愛らしい。文書類は、写経所の環境改善を求める上申書が出ていて面白かった。仕事着を新しいものと交換してほしいとか、月に五日の休暇を確実に与えてほしいとか、三日に一度、薬として酒を飲ませてほしい、とか。解説によれば、下書きであることは明らかで、実際に提出されたかどうかは不明と慎重な見解である。確かに、憂さ晴らしの戯れ書きだっかもしれないなあ。
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末は滋賀:つながる美・引... | トップ | 山下裕二先生 vs 山口晃画伯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。