見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

2013北海道神宮例祭の三条神楽

2013-06-17 22:58:38 | 北海道生活
6月14日~16日は札幌まつり。本来、北海道神宮の例祭である。神宮では15日に「三条神楽」が奉納されるというので見に行った。

どこで演じられるのか、境内を探したが、それらしい人だかりがない。まさか?と思って、本殿を覗いてみたら、中に舞台があって、折り畳み椅子の観客席もたくさん用意されていた。まだ席は少し空いているようだが、入っていいのか迷う(しかも靴脱ぎ場が無いので、土足で?)。おそるおそる警備員さんに聞いてみたら「どうぞ」というので、中に入って空席に座る。やがて、音楽が始まり、刀を構えた舞人が登場して、こわもての舞を舞う。



一曲終わったあとで、演目のめくり札があることに気付いた。最初の演目は「悪魔祓」。以下「榊」「久奈戸」「先稚児」「羽返」「捧げ」(ここで休憩)「鳥形」「深山錦」「花献」「五穀散」と続いた。神楽と聞いて、私は岩見神楽のような派手で勇壮なものをイメージしていたが、むしろ繊細で雅な女性舞や、田楽みたいにコミカルでのどかなものが多かった。

↓白い扇を返しながら舞う「羽返」。白拍子っぽいなあ。


↓演劇的な構成の「深山錦」。このキツネは、あとで役立つ刀を授けにきた神の使いらしい。


最後の「五穀散」では「東方に向かって粟を撒く」云々、と唱えながら、東西南北と天に向かって五穀を撒き、豊穣を祈願する。そのあと、舞人が舞台を下りてきて、観客に小さな紅白餅を配ってくれる。

↓私もいただきました。すぐ食べても美味かった。


ところで、どうして「三条神楽」なんだろう?と思って調べてみたら、実は新潟県三条市に伝わる伝統芸能(出雲神楽系統)のことだった。『三条神楽 田島諏訪神社』のサイトに、現在伝わる32種の舞が紹介されている。でも「久奈戸の舞」が三人舞だとあるけれど、北海道神宮のは四人舞だったから、少しアレンジされているのかも。

また『北海道デジタル図鑑』の「芸能」のページによれば、三条神楽は1890(明治23)年に伝わったもので、円山開拓の功労者である上田前七が、率先して三条神楽を修得し、村内の青年たちにも習わせて伝承したと記されている。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1910年と2009年の旅人/北朝... | トップ | 右翼と保守/第2回鈴木邦男シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。