見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

さまざまな「あの日」/東アジアの終戦記念日(佐藤卓己、孫安石)

2009-09-05 16:56:27 | 読んだもの(書籍)
○佐藤卓己、孫安石編『東アジアの終戦記念日:敗北と勝利のあいだ』(ちくま新書) 筑摩書房 2007.10

 7月30日、佐藤卓己さんと川島真さんのトークセッションを聞きに行き、引き続き、『1945年の歴史認識:「終戦」をめぐる日中対話の試み』(東京大学出版会、2009)を読んだ。その過程で、そうだ、この本をまだ読んでいなかった、と思い出した。いや、そのうち読もうとは思っていたのだが、私は複数の著者をそろえたアンソロジーは、あまり好きでないので、つい先延ばしにしていたのである。佐藤卓己さんの単著『八月十五日の神話』はもちろん読んでいる。

 本書は、編者を加えて9人の著者が、東アジアの各国・各地域における、さきの戦争の「終戦」の迎え方と、その後の継承のされ方(記憶と忘却)を検証している。たとえば、北海道(および千島・樺太)、沖縄、北朝鮮、韓国(南朝鮮)、台湾、中国。驚いたのは、上海では、すでに8月10日頃から「日本の敗北」が多くの人々に公然と伝わっていたことだ(堀田善衛、山口淑子の証言)。

 樺太はラジオ普及率が高く、全島で「玉音放送」を聴くことができたが、前線の兵士は必ずしもそうでなかったようだ。ある回想録によれば、15日夜、無線機調整中に偶然ラジオニュースを受信して終戦を知ってしまうが、「師団命令がない以上、停戦交渉を行うわけにはいかず」16日以降も戦闘が継続された。私はこの、8月16日以降のソ連軍の侵攻については、同軍の非道として習った(高校の授業で)覚えがあるのだが、本書を読むと、軍隊というのは因果なものだなあ、と思った。停戦命令が前線に届いたのは18日の夕方だという。「天皇の詔書のみでは戦闘を終わらせるわけにはいかない」のが日本軍の軍規だった。

 沖縄では、6月23日、沖縄守備軍司令官牛島満の自決によって組織的戦闘は終結し、多くの住民はすでに「敗北」を受け入れていたが、戦闘は続いていた。そして、沖縄放送局が爆破されて、ラジオ放送が中断してたため、そもそも沖縄では「玉音放送」は物理的に不可能だった。このことは、私たちが「玉音放送=8月15日=終戦」という図式を、無批判に国民の神話として取り上げようとするとき、こぼれ落ちていくものが何か、再考する糸口を与えてくれるように思う。

 日本の植民地であった台湾、朝鮮の8月15日も興味深い。特に、元容鎮氏が、京城放送局における終戦の迎え方を検証して、「朝鮮は日本という他者を失ってしまった」と書いている点に注目したい。長い間、朝鮮にとって、植民者・日本は「憎悪の対象であり、克服の対象であり、そして、生き延びるための協力対象」であった。むしろ、単に憎悪の対象であったなら、戦後の「手打ち」はもっと簡単だったろうと思う。やっぱり、植民地支配が残す傷って複雑で深い。

 また、沖縄、北朝鮮、台湾など、戦後、激しい政治体制の変化を経験した地域では、歴史(体制)の曲がり角ごとに「終戦」の公的な記憶がつくり直されていく姿も興味深く思った。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理想の家庭生活/すずしろ日... | トップ | 沙翁に捧ぐ/文楽・天変斯止... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。