元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「いつになる?」(2016/9/18)

2016-09-18 11:40:40 | 日記
きょうは2016/9/18(日)です。

「いつになる?」(2016/9/18)

「いつになる? 『小池新党』 結成は? 『解散風』は 吹き始めるか?」-。

きょうは「小池百合子東京都知事が初の女性首相になる可能性はどのくらいあるのか?」という「素朴な疑問」についてあえて取り上げてみることにしようと思います(→参考:2016/9/16付)。連日テレビなどでは東京都の豊洲新市場の盛り土問題が繰り返し繰り返し取り上げられています。そしてこれからは東京オリンピック・パラリンピック関連の報道なども増えていくことが予想されます。何にしてもごく普通の多くの人たちにとってはテレビなどで小池百合子都知事が輝いて見える場面が減ることはなかなかないのだろうと思います。

やはり最近は日本で史上初の女性の内閣総理大臣が誕生する現実的な可能性が高まっていると受け止めている人たちが増えているのだろうと思います。確かに小池百合子都知事が日本国の中心である東京都で次々と「実績」を上げていけばごく普通の多くの人たちが小池都知事のことを次の首相候補として期待することになったとしても少しも不思議なことではないと思います。そして永田町周辺でも衆議院議員や閣僚などとして確かな能力に裏付けられた「実績」を積み重ねてきた新しい女性首相候補が何人か誕生することになるのだろうと思います。実は自民党を含めたほぼすべての主要政党が女性首相候補を掲げて総選挙に臨むようになる可能性もそれなりに高くなってきているのです。

現時点では仮定の上にさらに仮定を重ねた上での話ですが、最近の日本の政治をめぐる動きはいわゆる「小池新党」が誕生する現実的な可能性を高めているように思われます。日本社会で女性が活躍するようになればなるほど、そして永田町周辺の既成政党に対する不信感が高まれば高まるほど、いわゆる「小池新党」が誕生する現実的な可能性が高まっていくように思われます。いわゆる「小池新党」が結成されるとしたらいったいいつになるのでしょうか? そして「永田町周辺」に向かって「西新宿周辺」から正体不明の「新しい風」が吹き始めてそれが「解散風」を加速するようになるのでしょうか? 少なくとも現時点においてはそれらに対する答えはハッキリとはしません。しかし、ごく普通の多くの人たちがいわゆる「小池新党」にますます期待するようになればその時期を予想することはそれほど難しいことではなくなるのだろうと思います。

あくまでも念のために言っておきますが、いわゆる「小池新党」なるものは現時点では正体不明の存在です。しかし、ごく普通の多くの国民の永田町周辺の既成政党に対する強い「失望」と新しい政治の誕生を心から望んでいる人たちの数が増えればいわゆる「小池新党」はその「受け皿」になる可能性は高いと思われます。少なくとも現時点では「正体不明」のいわゆる「小池新党」なるものはどんなに少なくとも日本の政治の台風の目になる可能性が高くなってきているのです。この問題についてはまた取り上げることにします。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net

(http://twitter.com/jchiba_net1)、Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「一票返す?」(2016/9/17) | トップ | 「埋め尽くされる?」(2016/9... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。