元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「『あること』と『別のあること』」(2017/3/20)

2017-03-20 15:22:33 | 日記
きょうは2017/3/20(月)です。

「『あること』と『別のあること』」(2017/3/20)

「『あること』と 『別のあること』 同時でも 実現できる 場合は多い」-。

外遊中の安倍晋三首相は3/20未明(日本時間)にドイツ北部ハノーバーに到着しています(→メルケル首相と共に世界最大級の情報通信に関する産業見本市の開催前の催しに出席。日独首脳会談は3/20夜(日本時間)の予定。ちなみに安倍首相の外遊は3/19-3/22の日程でドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの4カ国を訪問予定)。また3/20午後に日本とロシアによる外務・防衛大臣による会合(いわゆる「2+2」)が東京で開かれます(→なお3/20午前には岸田文雄外相とロシアのラブロフ首相、稲田朋美防衛相はのショイグ国防相とそれぞれ会談)。例によって例のごとく「外遊」は政府・与党にとっては実績を積み重ねるための道具になっています。

東京都議会の築地市場から豊洲市場への移転問題を調査する調査特別委員会(いわゆる「百条委員会」)は3/20午後に石原慎太郎・元都知事の証人としての尋問が行われました(→参考:2017/3/18付、2017/3/3付、2017/2/25付etc.)。いくら多くの証人を呼んで厳しく尋問をしたとしてもそれだけでは真実は何かということはなかなか分からないということには注意が必要になります。きょうのところのコメントは以上です 。

さて話は少しだけ変わります。繰り返しになりますが、政治の現場では「あること」を実現しようとすると「別のあること」に悪影響を与えてしまうこともあるのです。もちろんこれは政治に限った話ではないと思います。しかし、それでもやはり、政治の現場ではそういうことがあるのです。もちろん「あること」と「別のあること」が絶対に同時に実現させることができないという場合もあります。この場合には「あること」を実現させるということは「別のあること」を実現させることができなくなるということを意味することになります。あえて言い換えれば、「あること」を実現させるということを選べば「別のあること」を実現することができなくてもそれはやむを得ないということになるのです。しかし、やり方を工夫しさえすれば「あること」を実現させても「別のあること」が必ずしも実現することができなくなるというわけではない場合も少なくないのです。必ずしも「あること」を実現させても「別のあること」を犠牲にしなくても済ますことができるにもかかわらず、やり方を間違えてしまうと「あること」を実現させようとして理不尽にも「別のあること」を犠牲にしてしまうということもあるのです。その責任をしっかりと自覚するべきであるということをあえて強調しておくことにします。

繰り返しになりますが (→参考:2017/3/19付、2017/3/17付)、例えば、いくら被害者側と加害者側の双方が「いじめ」ではないと言っていても、「第三者」の目から見れば明らかにそれが「いじめ」であるというようなときに、「第三者」がそれは「いじめ」であるなどと指摘することによってある人が必死に我慢して守ってきたその人の大切な居場所などを壊してしまうこともあるかもしれないのです。あるいは、「第三者」の目から見れば明らかにそれが「セクシュアルハラスメント(→セクハラ)」や「パワーハラスメント(→パワハラ)」であるというようなときに、「第三者」が不用意にそれは「セクシュアルハラスメント(→セクハラ)」や「パワーハラスメント(→パワハラ)」であるなどと指摘することによって「セクシュアルハラスメント(→セクハラ)」や「パワーハラスメント(→パワハラ)」を受け流してダメージを最小限に抑えようとしていた「被害者」を理不尽にもさらに不利益な状況に追い込む危険性を高めてしまうこともあるのです。確かに「いじめ」や「セクシュアルハラスメント(→セクハラ)」や「パワーハラスメント(→パワハラ)」はなくさなければならないものです。しかし、「いじめ」や「セクシュアルハラスメント(→セクハラ)」や「パワーハラスメント(→パワハラ)」をなくすためならば何を犠牲にしても構わないなどということにはならないはずなのです。特に政治の現場ではあるものを実現しようとする場合には別のあるものに悪影響を与えないような方法を探して実現しなければならないのです。この問題についてはまた取り上げることにします。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net
Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「悪影響は…」(2017/3/19) | トップ | 「明らかになる?」(2017/3/21) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。