元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「『ファースト』なのは…」(2017/8/9)

2017-08-09 08:29:15 | 日記
きょうは2017/8/9(水)です。

「『ファースト』なのは…」(2017/8/9)

「有権者 見劣りすると 受け止める? 『ファースト』なのは 『コネ』ではないか?」-。

各地に大きな被害を与えた「長寿」の台風5号は8/9未明に温帯低気圧に変わりました。自然災害の規模の大きさとその予測の難しさを改めて実感させられているという人たちは多いのではないかと思います。そしてインターネット環境の充実や高機能のスマートフォンなどの普及によって自然災害の被害の様子が一昔前よりもずっと速くずっと多くの人たちの間で共有されやすくなっているということを実感している人たちも少なくないのではないかと思います。何にしても自然災害の脅威に備えることは必要不可欠です。

さて話は変わります。相変わらずマスメディアでは「なんとかファースト」や既存の野党内の「新党」結成を目指す動きについて好意的に期待感を持って伝える傾向が見られるようです。確かに今現在の日本の政治には大きな閉塞感が漂っています。そしてその閉塞感を打破する可能性が少しでもある動きならば何でも好意的に受け止めるという人たちも確かに少なくはないのだろうと思います。しかし、約20年間に渡って永田町周辺を見続けてきた人間の一人としては、最近の動きはこの約20年間に渡って何度も繰り返されてきたすぐに消えていった「選挙」での「風」を期待してでっち上げられたいくつかの「新党」を懲りずにまたまたでっち上げようとしているようなバカバカしい動きにしか見えないのです。くどいようですが、「風」が吹くと「新党」をつくるような「お仕事」が本当に日本のためになるのかは私には大いに疑問なのです。

「なんとかファースト」は本当のところはいったい何が「ファースト」なのでしょうか? もしかすると、例えば、小池百合子都知事などのような有権者の間で評判の良い人物との「コネ」が「ファースト」なのでしょうか? あるいは、自分たちの当選や再選が「ファースト」なのでしょうか? 既存の野党内の「新党」結成を目指す動きは本当のところは何のための「受け皿」なのでしょうか? もしかするとこのままでは次の選挙で当選したり再選したりすることができる可能性が非常に低いと判断して既存の政党を見限って脱走する人間たちのための「受け皿」なのでしょうか? 率直に言わせてもらうのならば、今の時代になっても「政権交代のための受け皿」とかなんとかという中身の全くない単純な発想しかすることができない人間たちはあまりにも知的レベルが低くてあまりにも有権者を愚弄しているとしか言いようがないのです。

もしかすると一昔前に「国民の生活が第一」などということを声高に叫んでいた「政党」や「新党」があったような記憶が残っているという人たちもまだ残っているのかもしれないと思います。当時「国民の生活が第一」と声高に叫んでいた人間たちの場合は、その実現可能性はともかくとしても、少なくとも単なるスローガン以上の「中身」は存在したのです。しかし、それにもかかわらず、最近マスメディアが大きく取り上げている「なんとかファースト」などは恐ろしいほど「中身」が完全に空っぽなのです。もしもそれなりに「中身」があったとしても、小池都知事と全く無関係というわけではないという程度の「なんとかファースト」や、そもそも何か関係があるのかないのかよく分からない「新党」についてはごく普通の多くの有権者は小池都知事などと比べれば見劣りするものであると受け止めることになるのではないかと思います。そう考えると、「なんとかファースト」や既存の野党内の「新党」はごく普通の多くの有権者の期待を本当に集めることができるのかどうかが私には疑問になってくるのです。何にしてもこの問題についてはまたすぐに取り上げることにします。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net
Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『風』吹くと…」(2017/8/8) | トップ | 「『買収』できる?」(2017/8... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。