元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「操られたか?」(2016/11/5)

2016-11-05 14:41:16 | 日記
きょうは2016/11/5(土)です。

「操られたか?」(2016/11/5)

「『怪しげな 知人』は指図 していたか? 『大統領』は 操られたか?」-。

きのう11/4に韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は知人で女性実業家のチェ・スンシル(崔順実)容疑者が職権乱用の共犯などの疑いで逮捕されたことを受けて国民に向けた談話を発表しました (→参考:2016/11/4付、2016/11/1付)。そして朴大統領は改めて韓国国民に謝罪した上で検察当局の捜査に応じる考えを示しましたが、辞任はしない考えを示しました。大統領の支持率は過去最低の約5%に低下しているなどと伝えられ、韓国国内では大統領の辞任を求める声がさらに強まっています。

どうやら韓国国内はもはや大統領が辞任しない限り国民の反発が収まらないような異常な状態になっているようです。あくまでも念のために言っておきますが、いくら大多数の韓国国民が大統領を糾弾することに賛成であったとしても、大統領が「有罪」かどうかということは多数決で決めることはできないはずなのです。いくら大多数の韓国国民が「有罪」であると強く思い込んだとしても法治国家では犯罪というものは法と証拠に基づいて判断されるものであるはずなのです。そのことだけはあえてここで指摘しておく必要がありそうです。

どういうわけか韓国国内では事件の事実関係が決めつけられていてまるで「結論」が既に出ているかのような怪しげな空気が漂っているようです。くどいようですが、どんなに少なくとも現時点においては事件の詳細な事実関係やその真相はまだ分からないということをあえて強調しておくことにします。その上で、やはり韓国の大統領の「怪しげな知人」が本当に大統領に指図をしていたのかどうか、そして韓国の大統領が実際にその「怪しげな知人」に操られていたのかどうかということが最大の注目点になるのだろうと思います。

もしも韓国の大統領が事実上「怪しげな知人」の「操り人形」になっていたのだとしたら韓国国民にとってはそれだけで許しがたい背信的な裏切り行為だと受け止めることになるのだろうと思います。たとえ韓国の大統領が法に触れるようなことは一切していなかったとしても「怪しげな知人」に操られていたということはそれだけで多くの韓国国民の大統領に対する信頼を決定的に失わせるのには十分なものになるのだろうと思います。しかし、それでもやはり、大統領が「怪しげな知人」の「操り人形」であったということと刑事訴追との間にはかなりの距離があるということだけはあえて指摘しておく必要があります。この問題についてはまた取り上げることにします。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net

(http://twitter.com/jchiba_net1)、Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『知人』らは…」(2016/11/4) | トップ | 「何が変わる?」(2016/11/6) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事