元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「『別の顔』」(2017/2/13)

2017-02-13 12:45:33 | 日記
きょうは2017/2/13(月)です。

「『別の顔』」(2017/2/13)

「落ち着かず 口数減って 大人しい 『大統領』の 『別の顔』見た?」-。

きのう2/12朝(日本時間AM7:55頃)に北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました(→弾道ミサイルは北朝鮮西岸から東方向に発射されて高度550kmに達した上で約500km飛行して日本海に落下したと推定されるという。北朝鮮は2/13朝(AM6:30頃)に朝鮮中央通信を通じてキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いの下で戦略弾道ミサイル「北極星2型」の発射実験に成功などと発表)。これを受けて安倍首相とトランプ大統領は2/12昼(日本時間PM0:40頃)に滞在中の大統領の別荘で北朝鮮の弾道ミサイル発射について共同で声明を発表しました(→参考:2017/2/12付)。そして安倍首相は日米首脳会談終了後の2日間に渡るトランプ大統領の別荘での日程を終えて2/12夜(日本時間)に帰国の途につきました。

何度も繰り返していますが、私は、トランプ大統領の「暴言」や「理不尽な批判」を封じるための有効な手段について関心を持っています(→参考:2017/2/11付、2017/2/10付、2017/2/9付、2017/2/8付、2017/2/7付、2017/2/6付、2017/2/5付)。そして今回の日米首脳会談の合意によってトランプ大統領の「暴言」や「理不尽な批判」を封じるしくみをつくることが不可能ではなくなったと見ています。多少の批判を恐れずにあえて乱暴にたとえるのならば、安倍首相とトランプ大統領の「個人的な信頼関係」は大統領の「暴言」や「理不尽な批判」を封じるための「スイッチ」として利用することができると思います。また「麻生太郎副総理とペンス副大統領との間の分野横断的な対話」には大統領の「暴言」や「理不尽な批判」を「浄化」する「フィルター」のような役割を期待することができるのです。そして言うまでもなく「スイッチ」と「フィルター」が正常に作動させるためには「日米同盟の重要性の再確認や強化」などという「電源」が必要になります。

当然と言えば当然のことなのかもしれませんが、北朝鮮による弾道ミサイルについての日米共同声明の発表では、安倍首相が主導的な役割を果たしていました。安倍首相の隣にいたトランプ大統領からは得意の「壁」や「雇用創出」の話をしているときのような「いつもの迫力」が消えていたことがとても印象に残っているという人たちも少なくないと思います。なんとなく落ち着かずに口数が減って大人しいトランプ大統領はいつもとは「別の顔」を見せていました。おそらくトランプ大統領は安倍首相をかなり信頼しているのだろうと思います。そしてトランプ大統領は安倍首相を頼りにすることがこれからも何度もあるのだろうと思います。共同声明発表の場面だけを見れば私の言う「スイッチ」はかなり効果的なものになりそうだと予想することができるのです。

これからトランプ大統領が国際会議の場にデビューすることになれば、どの国際会議に行ってもトランプ大統領に対する風当たりはかなり強いはずです。ひどい場合にはほとんどすべての参加者がトランプ大統領の「敵」という状態になることもあり得るのです。そんなときにトランプ大統領にとっては信頼している安倍首相が数少ない頼もしい「味方」になるはずなのです。トランプ大統領は「暴言」や「理不尽な批判」を繰り返して数少ない「味方」を失うようなことを本当にするでしょうか? もちろん日米両首脳間の「個人的な信頼関係」という大統領の「暴言」や「理不尽な批判」を封じるための「スイッチ」が確実に大きな効果を示すことができるのかどうかについてはまだハッキリしたことは言えないと思います。しかし、なんとなく落ち着かずに口数が減って大人しいトランプ大統領の「別の顔」を見た人たちは「スイッチ」の効果にそれなりに期待しているのではないかと思います。きょうのところはこれ以上の深入りは避けてこの問題についてはまた取り上げることにします。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net
Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「積み重ね」(2017/2/12) | トップ | 「何してた?」(2017/2/14) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。