元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「トップの『器』」(2017/7/14)

2017-07-14 16:52:28 | 日記
きょうは2017/7/14(金)です。

「トップの『器』」(2017/7/14)

「危機のとき トップの『器』 よく分かる! 能力示し 危機乗り越える?」-。

九州北部の記録的な豪雨被害が拡大しています(→参考:2017/7/13付、2017/7/12付、2017/7/11付、2017/7/10付、2017/7/9付、2017/7/8付、2017/7/7付、2017/7/6付)。豪雨の被害が発生してから1週間以上になります。これまでに福岡県と大分県で30人の死亡が確認され、いまだに10数人の行方が分かっていないそうです。九州北部でも連日猛暑になっています。くどいようですが、豪雨の被害があまりにも大きいためにまだ十分に全体像が明らかになっていないのです。一刻も早い行方不明者の捜索、救出・救援が必要ですし、復旧・復興に向けて動き始める必要もあります。そして7/14には東海地方で豪雨になっています。被害が心配です。

さて話は変わります。最近の報道各社の世論調査結果で獣医学部新設の問題などのために安倍晋三内閣の支持率が大幅に急落して波紋が広がっています(→参考:2017/7/13付、2017/7/12付、2017/7/11付、2017/7/10付、2017/6/29付、2017/6/22付、2017/6/18付、2017/6/17付、2017/6/16付、2017/6/14付、2017/6/13付、2017/6/11付、2017/6/10付、2017/5/26付、2017/5/18付)。どうやら安倍晋三首相の決断によって野党側が求めていた安倍首相が出席する衆議院予算委などでの閉会中審査が実現することになったそうです。繰り返しになりますが、私としては、一連の問題での政権側、特に首相官邸の(最高レベルの)対応があまりにもまずかったために内閣支持率が大きく低下してしまったのではないかと見ています。ですから安倍首相がこの「危機」を打開するために自ら動き出したということについては高く評価したいと思います。

くどいようですが、政権側がそれぞれの問題の初期段階から「客観的な証拠」を示しながらきちんとした形で反論を示していたならばここまで政権に対するダメージは大きくならなかったはずなのです。つまり今現在の「危機」は政権側、特に首相官邸の(最高レベルの)の「自滅」に近い状態が引き起こしたものであると言ってもいいのです。あくまでも一般論ですが、危機のときほどトップの「器」というものがよく分かるものです。安倍首相は指導者としての能力を示してこの「危機」を乗り越えることができるのでしょうか? 安倍首相が「客観的な証拠」を示しながらきちんとした形で反論することができるのならばこの「危機」を乗り越えることは不可能ではないのです。たとえ遅くなっても「客観的な証拠」の効果はそれほど大きく衰えることはないはずなのです。その上で、あくまでも念のために言っておきますが、もしも安倍首相の対応が「Too little, too late」などということになれば逆効果になってしまいます。果たして安倍首相は指導者としての能力を示してこの「危機」を乗り越えることができるのでしょうか? 何にしても危機のときほどトップの「器」というものがよく分かるものです。

相変わらずどこかの勘違いした人間たちの勘違いにはひどいものがあります。どこかの勘違いした人間たちは「今度こそ間違いなく外国国籍を放棄して日本国籍を選択した」ということを示す「戸籍謄本」ではない「客観的な証拠」を公開するとかなんとかと大騒ぎをしているそうです。率直に言わせてもらうのならば、そんなことよりも、日本国の政治指導者の1人としてふささわしい「専門知識」や「政治的な能力」を間違いなく持っているということを証明することができる「客観的な証拠」のようなものをどうしたら公開することができるのかということを真剣に考えるべきです。今さら「戸籍謄本」とか「戸籍謄本のようなもの」を公開したとしても「専門知識もなければ政治的な能力もないただの無能な人間」であるという評価を覆すことはできないのです。やはりこんな状態ではかつては「強力な地盤」だった東京都でも「旧民主党」が絶滅の危機に瀕しているということに大いに納得することができると感じている人たちも少なくはないと思います。くどいようですが、危機のときほどトップの「器」というものがよく分かるものです。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net
Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「『滅亡』へ?」(2017/7/13) | トップ | 「脅威があるときは…」(2017/... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。