元衆議院東京2区の泡沫候補・千葉 潤のきょうのひとこと

ただいま準備中です。http://blog.goo.ne.jp/jchiba_g

「残りあとわずか」(2017/12/1)

2017-12-01 22:45:23 | 日記
きょうは2017/12/1(金)です。

「残りあとわずか」(2017/12/1)

「『平成』も 『今年』も残り あとわずか 様々なこと 振り返るとき」-。

きょうは12/1です。2017年も残りあと1か月になりました。そしてきょう12/1に「平成」が残りあと約1年5か月になることが事実上決まりました。12/1に皇室会議が開かれて天皇陛下の退位をめぐって意見集約がなされました。その結果、天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが固まったそうです。私としては、結果的に多くの国民が天皇陛下のお気持ちを「忖度」することができたのであれば良かったと心から思います。コメントは基本的にはこの一言に尽きることになります。

その上で、あえてもう一言付け加えるのならば、「平成」という時代は、天皇陛下によって日本国憲法に規定されている「象徴天皇」の在り方や役割が確立した時代だったのではなかったかと思います。私としては、「平成」という時代に生きて「象徴天皇」の在り方や役割が確立していく歴史的な過程を見ることができたのは幸せな経験だったと思います。これからは様々な機会に「平成」の時代に起こった様々なことを振り返ることになるのだろうと思います。何にしても「平成」も残りあとわずかになりました。

2017年の「新語・流行語大賞」の年間大賞として「インスタ映え」(→SNSのインスタグラムに投稿する画像の見栄えをよくすること)と「忖度(そんたく)」が選ばれたそうです。確かに「インスタ映え」は今年2017年の世相をよく表していると思います。そして「忖度(そんたく)」は今現在の日本の政治に対するごく普通の多くの人たちの信頼度をよく表しているのではないかと思います。私としては、今の時代は「今そこに在るもの」を「あるがままの姿」で捉えることが難しいことが気になります。

何にしても今年2017年も「平成」も残りあとわずかになりました。これからしばらくの間は様々な機会に様々なことを振り返ることが増えるのだろうと思います。きょうのところはこれ以上の深入りは避けることにしておきます。

=======================================

(twitter:http://twitter.com/jchiba_net
Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加