自由自律(日本国&仙台&東京)・千葉 潤(無所属、jchiba)のきょうのひとこと

「他人事」のようにコメントしていた元総理大臣やマスコミとは別の視点で政治関連の動きをコメント。

「悪いと知らず?」(2017/8/13)

2017-08-13 21:53:26 | 政治・時事

きょうは2017/8/13(日)です。

「悪いと知らず?」(2017/8/13)

『殺人』は 『殺人罪』で 処罰する! 悪いと知らず 人間殺す?」-

米バージニア州シャーロッツビルで8/12に銅像撤去に抗議する集会を開いた白人至上主義グループとそれに抗議するグループが衝突する事件が発生しました(→車1台が群衆に突っ込んで1人が死亡。素手や棒などで殴り合って30人以上がけがをした模様。なお撤去が計画されているのは南北戦争で奴隷制度の存続を主張した南部の州の連合軍の司令官だったリー将軍の銅像)。バージニア州は非常事態宣言を出して警戒していたそうです。この事件を受けてトランプ大統領は互いに憎しみ合うことをやめることや社会の結束などを訴えていました。ちなみにトランプ大統領の言葉に説得力があったのかどうかなどということはそれぞれの人たちによって判断は違ってくるのだろうと思います。何にしても人種の問題は米国社会の「アキレス腱」の一つです。

さて話は変わります。きょうも日本の政治や日本社会で深刻な問題となっている「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちに対するとんでもない勘違いについてもう少しだけ考えてみることにしたいと思います(→参考:2017/8/12付、2017/8/11付)。最近の日本社会ではどういうわけか「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちの言っていることがまるでいつでもすべて正しいかのようなとんでもない勘違いが広がっているのです。繰り返しになりますが、「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちの言っていることは本当にいつでもすべて正しいのでしょうか? 多少の批判を恐れずにあえて率直に言わせてもらうのならば、「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちの言っていることがいつでもすべて正しいなどということがあるわけがないのです。言うまでもなく「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちは「神」ではなく人間なのです。人間というものはついつい感情的になって大切なことを見失ってしまったり判断を間違ってしまったりすることもあるのではないかと思います。

私に言わせれば、例えば、「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などという「当たり前のこと」はほとんどの人たちはよく分かっていることなのではないかと思います。どんなに少なくとも「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などということを常に叫び続けていなければ多くの人たちが「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などということを忘れてしまうなどというわけではないのだろうと思います。そしていくら「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などということをよく分かっていて「暴力」や「戦争」だけは避けようと懸命に努力し続けても、結果的に「暴力」や「戦争」に巻き込まれてしまうということもあるのではないかと思います。「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などと繰り返し叫んでいれば本当に「暴力」や「戦争」をなくすことができるのでしょうか? 多少の批判を覚悟の上であえて率直に言わせてもらうのならば、「暴力はいけない」「戦争をしてはならない」などという「当たり前のこと」をいくら繰り返し叫んだとしてもそれだけでは「暴力」や「戦争」はなくならないのです。まずはこのことをしっかりと確認しておく必要があります。

例えば、もしも「暴力」や「戦争」をなくそうと本気で思っているのならば、とにかく「暴力」や「戦争」だけは絶対に避けようとして懸命に努力し続けても、結果的に「暴力」や「戦争」に巻き込まれてしまうというような「悲劇」をなくすためにはいったい何が必要になるのかということを真剣に考える必要があるのです。言うまでもなく「暴力」や「戦争」を「合法化」すれば「暴力」や「戦争」は野放しになってしまいます。ですから「暴力」や「戦争」を「違法」の状態にしておくことは当たり前すぎるくらい当たり前のことなのです。あくまでも念のために言っておきますが、例えば、いくら国家が「殺人罪」をつくって厳しく処罰したとしても社会から「殺人」はなくならないという「現実」から目を背けることになってしまうのならば、社会から「暴力」や「戦争」をなくすことができる可能性が完全にゼロになってしまいます。悪いということはよくよく分かっていても最終的には人間を殺してしまうことになる…。悪いと知らずに人間を殺してしまうような人間はいったいどのくらいいるのでしょうか? まずは「現実」をしっかりと見据えることが必要不可欠なのです。くどいようですが、「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちの言っていることがいつでもすべて正しいなどということがあるわけがないのです。言うまでもなく「被害者」「被爆者」「被災者」などと呼ばれている人たちは「神」ではなく人間なのです。人間というものはついつい感情的になって大切なことを見失ってしまったり判断を間違ってしまったりすることもあるのではないかと思います。きょうのところはこの程度にとどめることにしておきます。

=======================================

 (twitter:http://twitter.com/jchiba_net

Facebook:http://www.facebook.com/jchiba1968)

 

(ホームページ版:http://www.jchiba.net/)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「二度となくなる?」(2017/8... | トップ | 「Uターン?」(2017/8/14) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。