「実我始祖也」

カフェ「神奈月」集まって「実我始祖也」を語ろう
歴史を面白く学びながらルーツを研究していきたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

氏族と平民の名字

2017-06-16 11:25:39 | 実我始祖也
#手あみ人形

江戸時代(1603~1868)には名字はほぼ固定していました。が「苗字帯刀」によって


武士と一部の庶民をのぞき名字を名乗ることは許さてていませんでした


そして、公卿、武家、神主、医者、庄屋、学者などの


特権階級の名字はほぼ固定しました。



先祖が武士で、帰農したような家には名字の伝えがあり、



農民もほとんどが隠し名字を持っていました。また、江戸の庶民はあらゆる階層にわたって



名字を持っていて私的には名字を名乗ったが公的には名乗らず、



町人たちは名字の下に「屋」ヲつけて屋号にシていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代名字の由来 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL