浜人ブログ

ビーチサッカーの素晴らしさを伝えます!

第11回全国ビーチサッカー大会 沖縄報告

2016年10月17日 | サッカー
1日目から16チームが4グループに分かれて、総当たりのリーグ戦の2試合が行われました。天気は強風に雨のダブルパンチで私は2本の傘を壊してしまうほどでした。
そんな中でも選手達はトロピカルビーチを精一杯走り回ってくれました。


2日目
予算の最終試合と、グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進出してベスト8が行われました!
中でもアヴェルダージ熊本とソーマプライア沖縄の戦いは、PK戦へもつれ込む接戦となり、お互いのチームの意地がぶつかり合う素晴らしいゲームでした。
天気は少し不安定ですが、晴れ間も覗き気温もぐっーと上がってきました。


最終日
セミファイナル
流石にベスト4に残ったチームは、何処が優勝してもおかしくない実力を兼ね備えています。
フュージョンと東京レキオス
ドルソーレ北九州とソーマプライア沖縄
これぞビーチサッカーを魅せてくれました!感動しています。


ファイナル
激戦を制してファイナルのステージに立ったのは、フュージョンとソーマプライア沖縄!
圧倒的ビーチのタレントで挑んだフュージョン、日本代表のオズ選手と後藤選手にブラジル人でボタフォゴの10番を背負うベルナルド選手に昨年のポルトガルワールドカップでMVPに輝いたタヒチのタイアルイ!
対するソーマプライア沖縄の凄さは結束力と日々の鍛錬

両極端のチームの闘いの行方は3ー3から延長戦にまでもつれ込み最後はPK戦へ

最後に勝利の女神が微笑んだのはフュージョン!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国ビーチサッカー大会 開催... | トップ | 志摩ビーチサッカーフェスタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL