「音楽&オーディオ」の小部屋

クラシック・オーディオ歴40年以上・・身の回りの出来事を織り交ぜて書き記したブログです。

遠方からのお客さま

2016年12月10日 | オーディオ談義

たしか3か月前の9月の頃だったと思うが、倉敷市にお住いの方(仮にKさんとしておこう)からお手紙が届いた。

当方のブログをいつも読んでいただいており、内容に共感を覚えてペンを取り上げられたご様子。自分と丁度同じ団塊の世代として、長年にわたるクラシックとオーディオへの熱い思いが綴られていた。

現在は「ボザーク」を真空管アンプで駆動されているが、昔はタンノイ・オートグラフとEMTのプレイヤーでモーツァルトを楽しまれるとともに、先だってこのブログで推奨した西部劇「<リバティ・バランスを射った男>は最高でした。」と末尾にあった。

わざわざお手紙までいただくなんてと、いたく恐縮し、すぐに返信のお手紙を差し上げたが、とても音楽や映画の嗜好が合っていそうなので「一度お会いしてゆっくりお話ししたいですね。」と、結んでいたところ、その後順調に話が進んで12月10日(土)に別府まで試聴にお見えになることが決まった。

いやあ、これは楽しみ~。

日程は1泊2日で、「どこかホテルを紹介していただけませんか」とのことなので、家内に「おい、どこかいいホテルを知らないか?」、すると「どうせなら、あまりお構いもできませんけど家に泊まりませんかと言ってみたら」、「それもそうだな~」、これでめでたく話がまとまった(笑)。

さあ、遠路はるばるお越しになるお客さんに対する「最高のおもてなし」は、我が家の現状で出し得る限りのベストの音を聴いていただくことしかない。

ここ1か月あまり、普段よりもさらに気合を入れて準備に余念がなかったが、つい最近の4系統のシステムの練り上げも、もちろんその一環だった。

そして、8日(木)から最後の詰めに入った。

焦点はスピーカーの「グッドマンAXIOM 150マークⅡ・イン・ウェストミンスター」である。

この組み合わせはおそらく世界広しといえども我が家だけだろうから、ずっとKさんの記憶に残る音になってもらわねば困る(笑)。

スピーカーは駆動するアンプ次第でいかようにも変身するので、現用中の「PX25シングルアンプ」をベストコンディションに持っていかねばならない。

           

独特のクセがあって鳴らしづらいことで有名な「PX25」(直熱三極管)だが、「北国の真空管博士」によって独自の改造をしてもらい、すっかり生まれ変わった我が家のエース級である。

まず、出力管を日常使っている「PX25」(GEC:ナス管)から、とっておきの「PP5/400」(最初期版:英国マツダ)に変更した。

日頃使うのは勿体ないので「お盆と正月」用に使うと決めている球だが(笑)、こういうときこそ本来の出番だろう。過去にたびたび使っているので整流管をひっこ抜いて1時間ほどエージングすれば大丈夫のはず。

次にドライバー管(いずれも直熱管)の選択である。どんなにいい出力管を使ってもドライバー管次第で生きもすれば死にもするので、とても神経を使う存在である。

このアンプはμ(ミュー:増幅率)の違いによって、スイッチひとつでいろんなドライバー管が切り替えられるようになっているのでとても便利。

まずμの値が5前後のドライバー管は2種類持っていて、「112A」(デフォレ)、「3A/109B」(STC)、次いでμが10前後のドライバー管は3種類あって、それぞれ「LS7」(GEC)、「3A/107B」(STC)、「3A/110B」(STC)。

これらの5種類の球を順次差し替えながらベストの音を探っていったが、これこそ真空管愛好家にとって至福の時間といってもいいだろう(笑)。

すると面白いことに気が付いた。

「AXIOM300」や「AXIOM80」などの普通の箱を駆動するときは「112A」や「LS7」などのやや重心が下がった音が良かったのだが、ウェストミンスターを駆動するとなると低音域に不安が無くなるので、STC(ロンドン・ウェスタン)独特のやや重心が上がって高音域に繊細な表現力を持つ球の方が相性が良かった。

ドライバー管と出力管との相性もスピーカー次第で決まるというわけだが、当たり前のことだがすっかり忘れていた(笑)。

そういうわけで、ベストは「3A/109B」(STC)に決定したが、やはり「PP5/400」は「PX25」に比べると、臨場感の演出が一枚上のようで改めて感心した。こんなに違うのなら、ずっとこの球で聴くとしよう、どうせ限りある命だし~(笑)。

これで、ようやく準備万端整ったが、実はもう一つ誰もがアッと驚くような奇策があるのだが、長くなり過ぎるので次の機会に紹介しよう。

あとは、聴いていただくシステムの順番や曲目の選択に思いを馳せているが、実際にお目にかかって臨機応変に決めていくことにしよう。とりわけKさんはモーツァルトのピアノ協奏曲がお好きなようなので、「22番の第3楽章」をぜひカサドシュ(フランス)の演奏で聴いていただこう。

あの4分ほど経過したところの、思わず息を呑むような霊妙な美しさを湛えた旋律を聴くたびにいつも目頭が熱くなってしまうが、この部分はカサドシュの演奏じゃないと絶対にダメ(笑)~。

本日(10日)の午後にご到着の予定で、はたして我が家の音がお気に召すといいのだが・・。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。       
 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレイヤーは審判役を兼ねて... | トップ | モーツァルト礼讃 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む