「音楽&オーディオ」の小部屋

クラシック・オーディオ歴40年以上・・身の回りの出来事を織り交ぜて書き記したブログです。

DECAA(デッカ)のリボン型ツィーター

2017年03月28日 | オーディオ談義

どうやらオーディオの好みも周期があるようで、仰々しい低音を敬遠するようになってから3年ほど経つが、それに反比例するかのように中高音域にはウルサくなった。

透明感がある、瑞々しくて麗しい、繊細かつ美しい艶に満ち溢れた高音域を求めて連日悪戦苦闘しているが、オークションでも日頃から「高品質のツィーター」のアンテナを張っていたところ、いきなり目に飛び込んできたのが「デッカのリボン型ツィーター」だった。

デッカといえばEMIと並んでイギリスを代表するレコード会社だが、その名前を聴いただけで古い音楽ファンにとっては一流の演奏者と優れた音質の記憶がすぐに蘇り、思わず胸が震えてしまうほどの存在感がある。

記憶の中にはウッスラと、どなたかの「デッカのツイーターの素晴らしさ」を謳った記事が残っている。

入札する前に二人の仲間に相談したところ、「DECCAの製品は見た目も音も良いですよね。私も一時はデコラに憧れました。レコードに関しても録音・プレス共にビカイチで、DECCA社は正にイギリスの良心と言えるでしょうね。」

もうお一方は「滅多にオークションに出ない稀少品ですよ。よくぞ見つけましたね。〇〇さんの代わりに私が入札したいくらいです。」と一押し。

リボン型といえば1年ほど前に最高級ともいえる国産某社のツィーターをゲットしたが、鳴らし方の工夫が足りなかったせいもあろうがとうとう音色が気に入らず、オークションで売り払ってしまった。ただし、購入価格よりも高く売れたのがご愛嬌だった(笑)。

さて、デッカのツィーターのオークションでの画像と解説はこうだった。

             

・DECCA DK30R(ペア)を出品いたします。

・付属品等:写真の本体+ホーン2本と元箱です。

・動作状態:出品前、5000~2万Hzのサイン波をスイープして入力してみましたところ、「チィー」という音が2本とも歪む事なく綺麗に出ました。

・外観:ヤニ汚れ、たばこ臭はございませんが、経年による小傷、薄汚れはございます。ドライバー本体とダイヤフラムの外観は、大変綺麗です。

・動作保証等:40年ほど経っている古い製品になりますので、保証はございません。

これって、もしかして名器「デコラ」に使われていたものかもしれない。これまで20年近くネットオークションにハマってきたがデッカのツィーターは初対面である。思わずヤル気にスイッチ・オン(笑)。

すぐに出品者に質問。
 

「ご教示ください。 リボン型は一般的に能率が低いのですが、デッカはどのくらいでしょうか。」

すると、

「リボン型でも一般的に能率は90db以上あるのが普通ですが、ホーン型、ドーム型のトゥイーターに比べ、刺激音が無く、聴感上、聞こえていない様な音が出ますから、能率が低く感じるのだと思います。DK30Rですが、大きなホーンが付いていることも影響してか、一般的なPIONEER、フォステクス等の能率90dbを超えるリボン型より音は大きく聞こえます。」

具体的な数値、たとえば「98db」とかの数字が欲しかったのだが、ま、いっか~。


さっそくデッカの「相場」の情報収集に取り掛かってオーデイオ機器の中古品販売で有名な「〇〇堂」さんの販売履歴を調べてみると「〇〇万円」で「ソールドアウト」だった。

高っ!

程度もまあまあだし、この7割程度で手に入れば上出来だと踏んで上限価格を設定。

そして、おそらく熱心さに神様が微笑んでくれたのだろうか、何と「〇〇堂」さんの5割以下という信じられない価格で無事落札(笑)。

ただし、喜ぶのはまだ早い、とにかく現物を見て、そして鳴らしてみなければ手放しで喜べない。

品物が届いたのは23日(木)の19時頃だったが、運動ジムで疲れ果てているのでもうダウン寸前。梱包を解く気力も失せてバタンキュー。いくらオーディオ好きといっても睡魔には勝てない(笑)。

翌日はヤル気満々、朝一でセットに取り掛かった。きちんと音が出るのか、左右の能率差がどのくらいあるのか不安と期待が交錯する中での音出し。

はじめにパイオニアのDIVIDING NETWORK「DNー6」(2ウェイ:クロス4000ヘルツ)を使ってみた。
        

フィリップス(口径30センチ)との組み合わせだったが、これは残念なことにアウトだった。能率に大きな差がありフィリップス(100dB)の方が断然高過ぎて音のバランスが悪い。

しかし、きちんと音が出ることが分かってほっと一息。

今度はまったく違ったやり方でアプローチ。

まずフィリップス側のSPコードにムンドルフ(ドイツ)のゼロ抵抗コイル(0.15mH)を挿入して「9000」ヘルツ(6db/oct)あたりでハイカットする。

その一方、デッカの方のSPコードにはウェスタンのブラック仕様の「オイル・コンデンサー」(2.19μF)を挿入して「9000」ヘルツ(6db/oct)あたりでローカットする。

したがって、システムは2ウェイ方式により2台のアンプを使うことになる。

周波数帯域(~9000ヘルツ)

プリアンプ(出力2系統のうち1系統使用) → パワーアンプ「PX25シングル」 → 「フィリップス」

周波数帯域(9000ヘルツ~)

プリアンプ(出力2系統のうち1系統使用) → パワーアンプ「171シングル」(インターステージトランス入り) → 「デッカ」

              

出てきた音を聴いて思わず息を呑んだ!!!

以下続く。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。        




 


この記事をはてなブックマークに追加

男性は女性よりなぜ早死に?

2017年03月26日 | 復刻シリーズ

今回の「復刻シリ~ズ」は7年前に登載した「男性はなぜ女性より早死に?」である。それでは以下のとおり。

周知のとおり男性はXYの染色体(女性はXXの染色体)を持っているが残念なことにそれは基本仕様ではなく、生まれたときに片方にそのY遺伝子という貧乏くじを引いたばかりに女性よりも短命になっているという話である。

    「本が好き」〔光文社月刊誌:2008年6月号)    

本誌に「できそこないの男たち~Yの哀しみ~」(36頁)というのがある。著者の福岡伸一氏は青山学院大学理工学部(化学・生命科学科)教授。

2009年7月17日時点で日本人男性の平均寿命(生まれたばかりの男子の平均余命)は79歳であり、対して女性の平均寿命は86歳。ゼロ歳の時点ですでに7年もの差がある。

「女性の方が長生きできる」
この結果はすでに人口比に表れている。現在、日本では女性の方が300万人多いが、今から50年たつとその差は460万人にまで拡大する。

男女数の差は年齢を経るほどに拡大する。80歳を超えると男性の数は女性の半分になる。100歳を超える男性の数は女性の5分の1以下にすぎない。中年以降、世界は女性のものになるのである。

どうして男性の方が短命であり、女性のほうが長生きできるのだろうか。

☆ 
男の方が重労働をしているから

☆ 
危険な仕事に就くことが多いから

☆ 
虐げられているから

☆ 
男の人生の方がストレスが大きいから

いずれももっともらしい理由だが、7年もの平均寿命の差を生み出す理由としては薄弱である。

著者が着目したのは上記の理由がいずれも環境的要因に限られていることで、むしろ生物学的な要因
に原因があるのではと焦点を当ててさらに検証が進められていく。

その結果、世界中のありとあらゆる国で、ありとあらゆる民族や部族の中で、男性は女性よりも常に平均寿命が短い。そして、いつの時代でもどんな地域でも、あらゆる年齢層でも男の方が女よりも死にやすいというデータが示される。

結局、生物学的にみて男の方が弱い、それは無理に男を男たらしめたことの副作用
とでもいうべきものなのだという結論が示される。

その証として、取り上げられるのが日本人の死因のトップであるガン。

ガンは結構ポピュラーといっていい病だがそれほど簡単にできるものではない。細胞がガン化し、際限ない増殖を開始し、そして転移し多数の場所で固体の秩序を破壊していくためには何段階もの「障壁」を乗り越える必要がある。

つまり多段階のステップとその都度障壁を乗り越えるような偶然が積み重なる必要があって、稀なことが複数回、連鎖的に発生しないとガンはガンにはなりえない。

それゆえに、確率という視点からみてガンの最大の支援者は時間
であり、年齢とともにガンの発症率が増加するのは周知のとおり。

もうひとつ、ガンに至るまでに大きな障壁が横たわっている。それが個体に備わっている高度な防禦システム、免疫系
である。

人間が持つ白血球のうちナチュラルキラー細胞が、がん細胞を排除する役割を担っているが、何らかの理由でこの防禦能力が低下するとガンが暴走し始める。

近年、明らかになってきた免疫系の注目すべき知見のひとつに、性ホルモンと免疫システムの密接な関係がある。

つまり、主要な男性ホルモンであるテストステロンが免疫システムに抑制的に働く
という。

テストステロンの体内濃度が上昇すると、免疫細胞が抗体を産生する能力も、さらにはナチュラルキラー細胞など細胞性免疫の能力も低下する。これはガンのみならず感染症にも影響を及ぼす。

しかし、テストステロンこそは筋肉、骨格、体毛、あるいは脳に男性特有の男らしさをもたらすホルモンなのだ。

男性はその生涯のほとんどにわたってその全身を高濃度のテストステロンにさらされ続けている。これが男らしさの魅力の源だが、一方ではテストステロンが免疫系を傷つけ続けている可能性が大いにある。

何という「両刃の剣」の上を男は歩かされているのだろうか。

以上が「Yの哀しみ」の概略。

結局、「男性がなぜ女性よりも早死に?」の理由は「男性に生まれたばかりにYというありがたくない染色体を無理やり持たされ、男らしさを発揮した挙句に早死に」というのが結論だった。

しかし、何やかや言ってみても今度生まれ変わるときはまた男性に生まれたいと願っているが、皆さまはどう思われますか?(笑)

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。        


この記事をはてなブックマークに追加

新たなオーディオ交流

2017年03月24日 | オーディオ談義

これまでいろんなお宅を訪問させていただいて「音」を聴かせていただいたが、その結果はあまり芳しいものではなかった。

大いに気に入って、このまま(このシステムを)持ち帰って我が家で鳴らしてみたいと思ったことは一度もないし、「まあまあ」と思ったのがおよそ3割程度、あとの7割はタダでくれるといっても要らない代物だった(笑)。

のっけから過激な発言だが何が言いたいかというと、それほど音に対する感受性は各人でマチマチだということ。もちろん自分の耳だけが正しいと唯我独尊のように思ったことは一度もない。

そういうわけで、つい先日、大分市内のまったく見知らぬオーディオ愛好家の方から「ブログを拝見しました。参考のために一度試聴させてください。」と、メールが届いたときも我が家の音は自分で勝手にいいと思っているだけなので、実際にお聴きになってガッカリさせたとすると、「お気の毒だなあ」と、そちらの心配の方がつい先に立ってしまった。

ブログに書いてる内容と現実のギャップは確実に存在するし、「聴かぬが花」で想像の世界に留めておくのが一番だと思うが、ま、反面教師という言葉もあるし、それでもいっか~(笑)。

メールを受け取ってからお互いに日程調整をし、実際にお見えになったのは1週間後の小春日和となった3月中旬の午後のことだった。

予定が13時半だったので、12時半ごろに自宅の周囲を(昼食後の)ウォーキングをしていたところ携帯が震えた。「現在、目印の〇〇商店のところに来ております。」

「エッ、そのまま待っててください。すぐに行きますから。」

何しろ初めての見知らぬ土地だから道に迷って遅くなってはいけないと、きっと早めにお見えになったに違いない。とても丁寧かつ慎重な方のようである。

「いやあ、どうもはじめまして~」

お見えになったのはお二人だった。さっそくオーディオルームにご案内して、自己紹介。

すると、年恰好も似ていてお互いに3歳以内に収まっているし、職業の方も3名とも元公務員と分かった。道理で醸し出す雰囲気が何だか皆よく似ている、というわけですぐに意気投合(笑)。

しかも、お二人さんともとても年期の入った真空管アンプ・ビルダーさんだった。うち、お一人は製作したアンプをオークションに出品され700件を越える取引をされているほどでたいへんな場数を踏まれている。

お好みの音楽のジャンルを伺ってみると、お二人とも「ジャズ系です。」

そうですか・・・。

これは余談になるが「大分は日本のスペインだ」と喝破したのは評論家の大宅荘一氏だが、スペインといえばフラメンコとギターだが、いずれにしてもややウェット気味のクラシックのイメージとは程遠い。

大分の県民性は開放的で熱しやすいが、移り気なところがあって絶対安全だとされていた大物代議士がいきなり選挙で落選するという波乱がよく起きることで有名な土地柄だった。

それに革新系が強く、かっての村山富市元首相のおひざ元とあって、現在凋落の一途を辿る社民党だがいまだに人気があっておそらく全国一だろう。

これはおそらく大分の海岸部の主要都市が乾き気味の「瀬戸内式気候」の圏内にあるせいで出来上がった気風かと勝手に推測しているが、風土的にも明らかにジャズに合っていそうだ。

以上、福岡で生まれ育った人間が長年大分で暮らして客観的に感じている印象である。

そういうわけで今回の試聴盤は「エラ&ルイ」「サキソフォン・コロッサス」そして「加藤登紀子詠歌集」に絞った。

さっそく試聴に入ったが、前もってインプットしていたシステムのプログラムは次のとおり。

          

鳴らすスピーカーは4系統とし、その順番は「AXIOM80」、「AXIOM 150マークⅡ」、「フィリップス」、そして最後がタンノイ「ウェストミンスター」。

当然「順番への思惑」がある。まず最初が肝心である。ぐっと興味を引き付けておいて二番目でさらに展開力を発揮し最後のウェストミンスターでトドメをさす(笑)。

しかし、この目論見はあえなくお客さんのリクエストで覆された。

「AXIOM80」をしばらく聴いた後で「今度はウェストミンスターを聴かせていただきませんか。」

やっぱりというか大型スピーカーの誘因力は凄い。

2時間ほどかけてひとおとおり聴き終ったが、元公務員とあって皆さま一様に慎重で口が堅い(笑)。

音がどうのこうのとハッキリ仰らないので、「どれが一番お気に召しましたか。」と、そっと水を向けると異口同音に「本格的にペアで聴いたのは初めてですがAXIOM80です。」

ヤッパリ(笑)。

「今度はアンプを替えてみましょうかね」と「171シングル」から噂の「6FD7シングル」へと繋ぎ替え。

「見事にAXIOM80の重心が下がりましたね」とお客さん。

「テレビ用の球ですけど中低音域の分厚いところが
とても気に入ってます。まだエージングの段階ですからこれからもっと音がこなれてくると思いますよ。」

初対面の緊張も何のその、肩が凝らずにとても楽しい試聴会だった。

「今度は私のほうから近日中にお伺いしますので是非試聴させてください。」とお願いすると、「はい、いつでもどうぞ~。」

交流圏が広くなればなるほどオーディオは面白くなる!

オーディオの新しい交流もまた良き哉~(笑)。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。       
 


 


この記事をはてなブックマークに追加

吸音材の入れ替え

2017年03月21日 | オーディオ談義

オーディオ仲間から借りた真空管の専門誌「管球王国」(2017・冬季版)に実に興味深い記事が載っていた。

                

それは「30センチ口径フルレンジユニットのチューニング法 大公開」(159頁)という記事で、5タイプのオールドユニットを実例として、そのチューニング法を詳しく述べてあり、我が家でも「口径30センチンフルレンジユニット」を愛用しているので、大いに参考にさせてもらおうと興味深く拝読した。

結論から言うと、記事の中で挙げてあった主なチューニング法は次のとおり。

 箱の裏蓋の木ネジを緩める

2 箱の内部にティッシュペーパーを張り付ける

 相性のいいパワーアンプを選択する

4 スピーカーを角材に載せる

といったところだが、一番興味を惹かれたのがのティッシュペーパーの活用で、ほとんどすべてのユニットの実験に用いられていた。

「たった2~3枚のティッシュペーパーを箱の内部に張り付けただけで音が変わるの?」といささか驚いたが、専門誌に登載するほどの専門家の言だから信用に値するだろう(笑)。

そもそも「吸音材の研究」は音質に多大の影響を与える割には、どうも“なおざり”にされている感が拭えない。

市販されているスピーカーの大半がユニットとエンクロージャーが一体型となっており、それらを購入する人が圧倒的に多い。したがってすべてメーカー任せとなり吸音材の研究がなおざりにされているのもよく理解できるが、ユニットとエンクロージャーは別物なので、それぞれ個別に対応するクセを身に付けないとオーディオの楽しみは半減すると言っても過言ではない。

「メーカー製のオリジナル・エンクロージャー何するものぞ」という気概が欲しい、
ま、要らん世話だが(笑)。

いずれにしても、本書を読んで我が家の自作のエンクロージャー(AXIOM80用)の吸音材はこれでいいのかとガンと頭を叩かれた思いがした。

           

これは1か月ほど前の製作当時の画像だが、1センチ厚ほどのフェルトを内部にびっしり張り付けている。このままでも音質には十分満足しているものの、もっと薄い吸音材に変えればさらに音が良くなるかもしれないという誘惑にはとても抗し難かった(笑)。

思い立ったが吉日「過ちを改むるに憚ることなかれ」と、すぐにフェルトをはぎ取った。接着剤ボンドで部分的に張り付けているだけだから簡単だった。

実際にはぎ取った量を見てみると両チャンネル分合せて大きなゴミ袋いっぱいになったが、これほどの量が箱の容積を占めていたのかと思うと、思わず背筋がゾッとした。

フェルトの代わりに張り付けたのが薄~いウール材でグッドマンの箱に使用してあったのを流用。ティッシュペーパー2~3枚で代用できるくらいだからこのくらいの厚さで十分。

            

これまたボンドで根気よく張り付けていって完成後が次の画像。

            

ちなみにX型の補強材は強度のupとともに箱の内部の定在波防止の役割も兼ねている。また、昔使用していた羽毛の吸音材(白色の袋)をユニットの真後ろに配置しているがこれはご愛嬌で精神安定剤だ(笑)。

さあ、問題は音だ。

はたして、これでどういう風に変わったか、ハラハラ、ドキドキの一瞬!

ここから先は「また、いつもの我田引水か」と言われそうだが
、特筆しておきたいこととして「音がメチャ明るくなった。これがAXIOM80本来の音だろうと思わせる。また周波数レンジが拡大し、音が軽やかになってより繊細な表現力が出来るようになった、それに低音域の量感が増えてサブウーファーが不要になった。」

と、いいことだらけ!(笑)

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。       
 

 


この記事をはてなブックマークに追加

音のエチケット

2017年03月20日 | 復刻シリーズ

 春日和の3連休(18~20日)ということで、「復刻シリ~ズ」2日つづきのサービスです。今回は8年ほど前に投稿したタイトル「音のエチケット」です。

それでは以下のとおり。

小さい頃からなぜかミステリーが大好きで、江戸川乱歩やコナン・ドイルにはじまって、名作「Yの悲劇」で有名なエラリー・クィーン、あるいは推理作家の登竜門といわれる江戸川乱歩賞受賞作品まで内外の話題作はほとんど読んでいるつもり。

もちろん謎解きの面白さに魅かれてのことだが、加えて雑学的にもタメになることが多い。

最近、偶然読む機会があって面白いと思ったのが次の本。

 「人生に必要なすべてをミステリーに学ぶ」(1994年:同文書院)  

著者は馬場啓一氏である。ご覧になった方もあるかと思うが、この中の「古今東西”音のエチケット”」が特に印象に残ったので紹介しよう。

さて「マフィアに”おなら”」とかけて何と解く。

ご承知かと思うが欧米では身体から発する音は全てエチケット違反である。おならに限らず、ゲップもダメ、お腹が鳴る音もだめ、ものを飲み込む音でさえもアウト。

これらを我慢するのは日本人にとっては結構大変なことだが、なにしろ生活上のルールだから彼らとお付き合いをする以上従わなければしようがない。

当然スープを飲む音もダメでバリバリとかバシャバシャと噛む音も絶対ダメなのである。欧米人には民族的歴史や経験の違いがあるのだろうが、彼らは固いフランスパンだって音もなく食べてしまう。

深田祐介氏のエッセイに部下にラーメンを音を立てて食べろと命令するのがある。ところがこの部下が英国人であったから、この命令がとてつもなく大きな意味を持ってくる。

取り澄ました紳士の代名詞である英国紳士に、音を立ててラーメンを食べさせようというのである。さあ、どうなる?

結果は英国人の負けで、彼はどうしてもズルズルと音を立てて食することが出来なかったのである。もちろん、英国人だってラーメンをズルズル食べることは可能である。

しかし、それは英国人である誇りとメンツを失うに等しい、というのがその部下の本音だったのであろう。彼の歯と口には音を立ててものを食するというデータがインプットされておらず、それを行うには民族としての誇りを失う必要があったのである。こうして「エチケット=マナー」には意外と深い意味が込められているのだ。

冗談でよくいわれるのは、もし日本が太平洋戦争に勝っていたら、食後に歯を楊枝でシーハーする作法を世界中の人々が学ばねばならなかっただろうという話で、この逸話はマナーというものには絶対的な基準というものがなく相対的な存在であることを示している。

戦争に強いアングロ・サクソン系のマナーが、幸か不幸か世界の一般的常識となってしまったのでやむなく我々東洋人もこれに右を倣えしなくてはならないのだ。

さて随分と寄り道をしたが「マフィアに”おなら”」への解答である。

リチャード・コンドンの書いた「プリッツイズ・ファミリー」でいつでも好きなときに低音から高音まで自由自在に音を発する”おなら”の名人が登場し、マフィア・ファミリーの余興の人気者になる。

西洋人にとって大切なルールを平気で破る芸をあえて賞賛することで治外法権といえば大げさだが”ムラ”的な存在であるマフィアと”おなら”とが、彼らの中で一本ちゃんとつながっているのが分る。

したがって「マフィアに”おなら”」とは、「ファミリー独自のルール=マナーでお互いに結束を確認し合っている」と解く。

これを敷衍すると、洋画をみていると登場人物がヒックをしたりゲップをしているシーンを時折見かけるが、あれはその人物がルールに従わない人間であることを暗示しており、またその場に相手がいる場合にはその人物を軽んじていることを示唆しているそうだ。

ところで先般、ネットでヤンキースの松井選手が居並ぶ外人記者の前で大きな音で”おなら”をして平然としていたとの記事をみかけた。本年で契約切れとなる松井には高額年俸に見合う実績が伴なっていないとかでシーズン当初から放出の噂みたいな記事が絶えない。

松井ほどの人物が西洋人のエチケットを知らぬはずがないので、これはそのウップン晴らしなんだろうか。それとも単に神経が図太いだけなんだろうか。真相は松井のみぞ知る。


読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。
    
                           

 


この記事をはてなブックマークに追加