「音楽&オーディオ」の小部屋

クラシック・オーディオ歴40年以上・・身の回りの出来事を織り交ぜて書き記したブログです。

持ち味を発揮する4系統のシステム

2016年12月06日 | オーディオ談義

「そもそも一つの家に4系統もシステムがあるなんて、ちょっとやり過ぎじゃないか。この人、どうやら音キチで真面目に音楽を鑑賞するタイプではなさそうだ。」と、どうも読者から思われていそうだが、けっして単なる音キチではありませんぞ。

それぞれに持ち味があって、とても捨てがたいだけです。ほら、ペットを何匹も飼っている家ってあるでしょう、あれと同じですよ(笑)。

これまでそれぞれのシステムをお互いに競わせるようにして音質向上を図ってきたところ、まだ道半ばだが最近どうにか恰好がついてきたので、この際システムの現況を記録しておこう。(2016.12.6現在)

          

まずスピーカー群だが、3系統のシステムにグッドマン(イギリス)のアルニコ・マグネット型のユニットが内蔵されており、画像右側から「AXIOM80」、「AXIOM300+スーパーツィーター」、「AXIOM150マークⅡ」(ウェストミンスターの箱入り)、そしてその上にあるのが「フィリップスの口径30センチ」(アルニコ・マグネット型)(空色の自作箱)。AXIOM80を除いていずれも口径が30センチのダブルコーン型ユニットである。

二つのDAコンバーターに組み合わせている真空管アンプは次のとおりで、各システムの持ち味を述べておこう。

第1系統

DAコンバーター「エルガー プラス」(dCS) → パワーアンプ「PX25シングル」(GEC) → スピーカー「AXIOM150マークⅡ」(箱はウェストミンスター)

このシステムの特徴は大型スピーカーが醸し出す「音のゆとり」にある。典型的なブリティッシュ・サウンドでけっしてレンジを欲張った音ではないが、こういう音でないと伝わってこない音楽があることもたしかである。

第2系統 

DAコンバーター「エルガー プラス」(dCS) → パワーアンプ「371Aプッシュプル」(ナス管) → スピーカー「AXIOM80」

※ 話題の「6FD7」アンプはただ今横浜市のSさんに貸出し中。

繊細な再生にかけてはこのスピーカーの右に出るものはない。ヴァイオリンの濡れたような響き、ボーカルの生々しさは相変わらず独壇場である。瀬川冬樹さん(故人)が仰っていた「繊細でふっくらした艶やかな響き」が目標だが、ふっくら感がもう少し欲しい気もするところ。

第3系統

DAコンバーターとパワーアンプは第2系統と共通、スピーカー「AXIOM300+スーパーツィーター」 

低音域から高音域までレンジの広さにかけてはこれが一番。スーパー・ツィーターが実に良く利いていて、シンバルの再生には惚れ惚れするほど。ソースのジャンルを選ばないのが強味。

第4系統

DAコンバーター「27ixVer3.0」(ワディア) → パワーアンプ「171シングル」(トリタン仕様) → スピーカー「フィリップス」

音がストレートに前に出てくる印象があって、音の鮮度とスピード感にたいへん満足。もう少し音に翳りが欲しい気もするが、この自作のエンクロージャーでは「ない物ねだり」だろう。

以上の4系統の中であえて横綱級といえば第1系統のシステムだ。

ずっと、持て余し気味だったエンクロージャー(ウェストミンスター)の中に、つい最近、グッドマンの「AXIOM150マークⅡ」を容れたところ、まるで水を得た魚のように本領を発揮し出したのである。

これまで50年近く、散々オーディオ道楽をやってきたが、やっと「理想とする音」に近づいたと言っていいだろう。

「フ~ン、どうせあんたが勝手にそう思うだけだろう。」と言われるのが関の山だが(笑)、ここで生き証人のお二人さんに登場してもらおう。

たまたま、別の用事で我が家にお見えになった大分市内在住のMさんとNさんだが、これ幸いとばかり我が家の最新のシステムを聴いていただいた。去る12月1日(木)のことだった。

順番に4系統のシステムを鳴らしてみたところ、すべて好評を博したが、とりわけこの第1系統のシステムを手放しで絶賛された。

「こういう素晴らしい箱に容れてもらえる150マークⅡは幸せ」 「音にゆとりがあって他のシステムとは次元が違う」 「音響空間を絶妙のホール感が満たしている」 「まるでヨーロッパの上流社会を思わせるような気品のある音」等々

「ウェストミンスター」の箱(内部改造)と、グッドマンの「AXIOM 150マークⅡ」のイギリス勢同士の組み合わせが、どうやら功を奏したようだが、「オーケストラ、ジャズもボーカルもうまく鳴らしている、これ一つあればもう他のシステムは必要ないんじゃない。」には、ほんとうに参った。

いや、けっして大げさではない。このブログはたぶんご両人ともご覧になっているので「真っ赤なウソ」を書くわけにはいかないんだから~(笑)。

これまでウェストミンスターの箱を手放そうかと何度も思ったが、やっぱり最後は「執念」がモノをいった
。それにしてもグッドマンさまさまだし、その素晴らしさを教えてもらった仲間にも感謝~。

最後に、つい先日、刑務所主催の木工製品の販売会があり、手ごろなオーディオラックがあったので購入した。服役者の手になるもので、更生の一助にでもなればと年に1回の開催にはいつも出掛けている。な~に、実は安価というのが魅力なのだが(笑)。

          

手前の木製ラックがそれで、名称は「カラマツ伸縮式ワゴン」(キャスター付き)となっていて、おかげでアンプ類が綺麗に収まって見場がチョッピリよくなった。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。       

 


この記事をはてなブックマークに追加

メル友たちからの反応

2016年12月03日 | 独り言
このところ「レコードは面倒くさい」「デジタル遺品」など、相次いで物議をかもしそうなブログを掲載したところ「メル友」たちからさっそく反応があった。

まず、

☆ 「レコードは面倒くさい」について

記事の発火点となった「I」さん(東海地方)から次のとおりメールがあった。
 
「レコードの記事の件ですが、<わかってないなー!>という、お叱りの意見がたくさんくると面白いですね。当方は、見物だけで、すみません(笑)。」

たしかに!

「面倒くさい」なんて発言はオーディオ愛好家にとって禁句だと思うし、レコードが本来の実力を発揮したときの凄さも十分理解できるので、お叱りの意見がたくさん来るかもと身構えていたのだが、まったくの音沙汰なしだった。まあ、いちいちこの程度の内容を相手するのも、それこそ「面倒くさい」ということだったのだろう(笑)。

しかも、「お叱り」よりも「ご賛同」の意見があった。県名不詳のMさんからは次のようなメールが届いた。


「LPは面倒くさい」はまったく同感なのでメールをしました。オーディオ関係のブログを拝見していると真空管関係、そしてアナログ関係がいちばん熱いようです。実は私もLPに格別な音質的優位を感じたことは殆どありません。

自宅での普通の機械で聴く範囲では取り扱いが面倒でパチパチノイズがつきまとうLPで聴こうという気にはなりません。もっとも、グレードの高いプレーヤーで再生すれば違ってくるかとは思いますがその差はさほど出るとは思えません

ただLPの場合は音質が変化するパラメーターが多いのでオーディオを楽しむという意味では上かもしれません。


さて扱いが簡単なCDさえも、HAP-Z1ESというハードディスクプレーヤーを導入してからは面倒になってしまいました。プレーヤーは1TBの容量なので約2000枚近くのCDファイルが格納できてスマホでのリモコンアプリの快適この上ない操作性の良さ、簡単に聴きたい曲にアクセスできる便利さを経験してしまうとCDを聴くのも面倒になってしまいました。

音質的にもHAP-Z1ESとDCD-SA1とを比較すると前者の圧勝です。是非ファイル再生オーディオに挑戦なさることをお薦めしたいと思います。聴き比べする時など便利なことこの上ないです。」

そうですか!一考の余地ありですね。
次に、

☆ 「デジタル遺品」について

先日、「朗読のCD-R」をいただいたSさん(新潟県)から次のようなメールが届いた。

表題は<男性は「別途、名前を付けて保存する」、女性は「上書き保存する」>

「デジタル遺品」を読みながら、次のようなことを考えました。

男性は忘れられない名前、思い出やメールは保存しておきますよね。女性は佐良直美の歌のように「いいじゃないの、今が良けりゃ」で、上書き保存なのです。

男性が亡くなって、残された家族がお父さんのパソコンを操作していたら、お父さんの忘れられない名前や画像が出てきて、「まあ、お父さんたら---」てなことになったとしたら。やはり、初期化しておくべきですね(笑)。」

成る程!


すぐに次のようなメールを送信した。

「メールありがとうございます。たしかに、女性は今が良けりゃいいという傾向がありますね。たとえば、クルマを駐車するときが端的な例です。前向きで駐車場に突っ込むのが女性、後のことを考えて出やすいように後ろ向きに入れるのが男性です。しかし、あっさり過去を捨てて上書き保存できる人種をときどきうらやましく思うことがあります(笑)。」


読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。
  
 
  



この記事をはてなブックマークに追加

デジタル遺品

2016年12月01日 | 独り言

早めの朝食を摂っていたら「歌手のASKAが覚せい剤をやってまた逮捕された」とテレビがやってた。

「クスリを一度でもやると脱けられないみたいね」と家内。

「そうだ、クスリをやってセックスするとメチャクチャ気持ちがいいらしいぞ。」

「フ~ン、あなたやってみる?」

「バ~カ」(笑)。

閑話休題

先々月(10月)の21日でブログを始めてからまる10年が経過した。その間、ほぼ2~3日おきに投稿してきたので登載した記事の数はおよそ1600件に上る。

多いか少ないかは読者のご判断にお任せするとして、過去に対してはなるべく振り返らない主義だが(そうはいっても無理だが)、これらの記事の中には明らかに記載ミスだったり、矛盾した内容もあったりなので、一区切りのこの機会に、ここ1か月ばかり過去記事の「加除修正」に取り掛かっている。

取り分けオーディオ関係の記事は今となってはひどい勘違いが多く「赤面もの」が沢山なので、つい「削除」(未公開の方に区分する)が多くなってしまう。

そういえば以前、ある読者から
「あなたのオーディオ関係の記事はちょっと“はしゃぎ過ぎ”という趣旨のご指摘を受けたことがあるが、たしかに仰る通りかもしれない。

「別に他人に迷惑をかけるわけでもなし、(オーディオは)自分さえ楽しければそれでいい。」とばかりに、主観的な内容に終始しているので読者の方々の多種多様な価値観と衝突することは容易に想像がつく。まあ、お互いに寛容の気持ちを持ちましょうねえ(笑)。

ちょっと話が逸れたが、だいたい「過去記事をいじるなんて、そんな無駄(加除修正)なことなどしなくてもいいんじゃない。誰もあんたの過去記事を見るような物好きはいないよ!」と、言わればそれまでだが、それが結構アクセスがあるんですよねえ。

たとえば(過去記事の)常連組のタイトルを挙げてみると「ユダヤ教徒が豚肉を食べない理由」、「サマセット・モームの短編小説<雨>」、「ちあきなおみ はなぜ歌わない」など・・。

意外にもオーディオ以外の記事が目白押し(笑)。

世の流れはもはやツィッターやフェイスブックに移行しており「もうブログの時代は終わった。」なんて話もちらほら聞くが、「フローよりもストック」という利点からブログはこれからも生き残っていく可能性が高いそうだ。

となると、縁起でもないが自分の息が絶えた後のことを考えて、このブログを将来どう始末しようかと考えておいてもけっして不思議ではなかろう。

「浅学菲才」の身で、この世にはさしたる功績を何も残せなかったが、せめてコツコツ続けてきたブログくらいは「自分の足跡」として残しておきたい気もするが、「絶滅危惧種」にあるオーディオマニアに関する記事だし、主のいないブログの管理なんて遺族だって迷惑千万だろう。

こういう「デジタル遺品」をどう処理すべきかは、自分ばかりでなく誰にでも共通するテーマとみえて、「デジタル遺品」でググってみると、次のような記事があった。

「写真や動画などの日常の記録から、株取り引きなどの資産運用まで、生活のあらゆる場面に浸透するパソコン。

死後、その管理をどうするのかが、いま問われ始めている。写真や日記など、パソコンに遺された膨大な“故人情報”とどう接したらよいか、悩む遺族も多い。

パソコンの利用者が、口座名やパスワード、データをどう処分してほしいかを生前に記す、専用の「エンディングノート」も登場している。

こうした中で、パソコンやネット上のブログなどを、生きた証としてとらえる人もいる。息子を病気で亡くした女性は、息子が開設したブログを引き継ぎ、更新を続けている。

息子が書き残した詩や言葉をアップすると、息子とのつながりを強く感じるという。口座情報から思い出まで、あらゆる情報が端末に集積される時代。パソコンを遺品としてどう遺せばいいのか、遺族はどう向き合えばよいのかを考える。」

以上、導入部を抜粋したが、結局遺言なしに放っておけばデジタル遺品の処理は遺族の胸三寸ということになるのだろう。おそらく
故人の思い出は次第に忘却の彼方だろうから後は「野となれ山となれ」だが、ふと思いついたのがこの「音楽&オーディオの小部屋」をどなたか引き継いでくれる人はいないだろうか?

な~に、「IDとパスワード」を教えてあげればいいだけの話。「ゼロからの出発」に比べると、かなりのアクセス数からスタートできるのでメリットがありますぞ。

「フン、引き継ぐぐらいなら新たに自分のブログを始めるさ。」が一般的なので、
おそらく無理だろうが(笑)、そこでふと思い出したのが「文章自動作成ソフト」だ。

2年前のブログ「近未来、モーツァルトの新作オペラが聴ける!?」(2014・5・18)でも、この分野でコンピューターの活躍を予見していたのを思い出した。

今や人工知能がクルマを運転しようかという時代になりつつあるが、たとえば文豪「ドストエフスキー」の過去の膨大な作品を人工知能に読みこませれば、文体などそっくりで新たな作品が創造できるのだ。

たとえばテーマとか筋書き、登場人物の性格、ページ数などのキーワードを打ち込めば、それに応じたドストエフスキー風の小説が個人の前に提示される時代がいずれやってくる!

しかし、たかがこの程度のブログをそこまでして残すほどの価値もあるまいというのが結局落ち着くところだろう~(笑)。

最後に、つい先日の「日経」で関連記事「デジタル遺品賢く対処」が載っていたのでお知らせしておこう。

          

ネット通販、ネット銀行などいろんな「パスワード」の一覧表の「直し場所」を、そのうち家族に教えておくことにしよう。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。     


この記事をはてなブックマークに追加

息を吹き返したエンクロージャー

2016年11月29日 | オーディオ談義

草木も眠る「丑三つ時」(うしみつどき:現代の午前2時半頃)に、冷え切った部屋でパチリと目を開き、むんずと起き上った男がいた。

ふらふらしながら階段を降りて、オーディオルームに入っていく。ゆっくりと大きなスピーカーに手をかけると前後にゴソゴソと揺すりながら動かしだした。どうやらこんなに朝早くからユニットの交換でもするつもりらしい(笑)。

この男、チョット変わっていて鈍感な部分と繊細な部分が同居しており、対人関係も含めて日常生活はやや鈍感気味だが、ことオーディオに関する限りやたらに神経質だ。

数か月前にオークションでSPユニットを落札し、玄関先でクロネコさんからその荷物を受け取ったのはいいものの、そのときの「重量感」が今でも気になって仕方がないらしい。どうやら「軽すぎる → マグネットが貧弱 → 重量感のある音が出にくい」という単純思考の枠から逃れられない様子。

このSPユニットはグッドマンの「AXIOM110」(口径25センチ:ダブルコーン)という古い代物だが、納めているエンクロ-ジャーの性質(たち)も悪かった。

タンノイのウェストミンスターという大型エンクロ-ジャーで、これがまた輪をかけたようにうまく鳴らすのが難しい。それかといってオリジナルのユニット(口径38センチ)に比べれば「AXIOM110」の方がまだマシ(笑)。

まあ、いささか持て余し気味というのがホンネだが、やはり大型エンクロージャーじゃないと出せない音があるのも事実なので「未完の大器」としていつも実験用の対象となっている。

作家「井上 靖」の小説に「あすなろ物語」というのがある。

多感な青春時代に読んで「少年の世界から大人の世界に入る道しるべ」として記憶に残っている方も多いと思うが、「明日は檜(ひのき)になろう」と懸命にもがきながらも、とうとう「檜になれない翌檜(あすなろ)の木」になぞらえた作家の自伝的な小説である。

このウェストミンスターは目下のところ我が家の「翌檜の木」にあたる。

今回は「AXIOM110」の代わりに「AXIOM150マークⅡ」(口径30センチ)を代わりに容れてあげて、晴れて「檜」になってもらおうという算段である。

後者の方がマグネット(アルニコ・タイプ)が大きくてはるかに重たいので、おそらくそれに比例して重量感のあるズシッとした響きになることだろう。重さにかけてはオリジナルのタンノイ・ユニットに比べても軽~く凌駕している。

           

画像をご覧になると一目瞭然で左側が今回取り付ける「AXIOM 150マークⅡ」、右側が取り外した「AXIOM110」。

「はたしてどういう音になるか」、胸をワクワクさせながら一心不乱に作業を進めた。いつも苦労するのが、補助バッフルに開けたネジ穴とエンクロージャーのネジ穴とを一致させること。「リーマー」などの機具を使って(補助バッフルの)ネジ穴を広げる作業を繰り返しながらようやく取り付け完成。

これがエンクロージャー内部の画像。

    
           

ようやく左右両チャンネルとも納め終えて、念のためエンクロージャーの裏蓋のネジ(18本)を締める前に簡単に音出しをしてみた。

ハラハラドキドキの一瞬だが、「ひかりTV」の「また君を愛してる」(坂本冬美)を聴くと、奥行き感があって深々とした音が出た。ホール感がとても素晴らしい。我が家のウェストミンスターの歴史上、これは最高の音に違いない。これでようやく念願の「檜」になれたぞ~!(笑)。

すべての作業が完了したのはきっかり6時25分だった。

よかった!これでNHKの「朝のニュース」(6:30~)の華、「和久田アナ」のご尊顔を拝することができる(笑)。

                        

そして朝食後には自作の空色の箱から抜けた「AXIOM 150マークⅡ」の穴を埋めるべく、「フィリップス」のユニット(口径30センチ)を収めた。こちらの方は作業が簡単で30分もあれば十分。

                  

「フィリップス」のユニットは世界各国の放送局のモニタースピーカーに採用されただけあって、色付けなしの「無色透明」という得難い個性がある。これはこれでとてもいい。

12月中旬に本州からお客様がお見えになる予定だが、これで万全の受け入れ態勢が整った!

最後に、冒頭の「丑三つ時」に起床の件だが、前日の夜7時に就寝しており睡眠時間は7時間半とバッチリ確保しているので、どうかご心配なきように(笑)。

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。       



 


この記事をはてなブックマークに追加

レコードは面倒くさい!

2016年11月26日 | 音楽談義

「レコードは面倒くさい!」なんてオーディオ好きにとっては「あるまじき暴言」だがまあ聞いてほしい(笑)。

先日のこと、いつも3日おきくらいにメールをいただく東海地方にお住いの「I」さんから
突然ですが、LPレコードの再生は終了することにしました。ガラード・オーディオクラフト・FRのプレイヤーシステムをオークションに出しました。「LP終了」の理由やオークションの結果(まだ取引終了してません)については後日報告させていただきます。」

エッと驚いた。すぐに次のような返信メールを送った。

「世間ではCDと入れ替わるようにレコードの再生が勢いを盛り返してきていますが、逆行する理由をぜひお聞かせください。当方はレコードをやらないので
我田引水の理由にもってこいのネタになりそうです(笑)。」

すると次のような興味深い理由が明らかになった。

「理由と言えば、使わなくなったからということなります。ここ半年で使ったのは1回です。同じ盤でLPとCDの比較をした時だけです。あー これは「理由」ではないですね。「結果」ですね。  

理由を順不同に述べますと次のとおりとなります。 
 
1 音楽を聴くまでに時間(手間)がかかることが面倒くさくなった。
 
2 音質の比較をしても、決定的な差は感じなかった。
 
3 ノイズ(スクラッチや傷)はCDの完勝。LPは洗浄機が必要。
 
4 LPは約200枚(ほぼジャズ)と少なく、中でも輸入盤はごく僅か。また、世にいう貴重盤は持っていない。ダイレクトカッティング盤が2枚あるくらい。その程度のレコードのために、洗浄機に何十万円もかけられない。
 
5 今後聴く機会が増えると予想されるクラシックをLPで聴く気は起きない。
 
6 今後のソースはCDとFMで十分。

以上のとおりだった。

このうち大半は自分と同じ理由なので納得。とりわけ2については一番大事なポイントだが、他家でもときどきレコードを聴かせていただくものの、音はたしかにいいがCDとの決定的な差を感じないので、幸か不幸かレコードに回帰する気がサラサラ起こらない。

また1の理由も大きい。実はCDでさえもこのところ聴くのが面倒くさくなりつつある。CDの出し入れ毎にいちいち立ち上がってCDトランスポートに近づくのが面倒だし、リモコンボタンを操作するのさえ煩わしく感じることがしばしばで、ましてやレコードとなると途中の頭出しなんか考えるだけでも億劫になる(笑)~。

その代わりというか、このところよく聴くのが「ひかりTV」(NTT)のミュージック部門。1か月1200円程度でいろんな音楽が聴き放題という代物だ。

          

たとえば「グレングールド」をマイ・アーティストに登録すると画像のように曲目がズラリと並んで放っておいても次から次に曲目が終了するごとに切り替わっていくのだから便利なことこの上なし。

音質はさすがにCDには追い付かないが、ほとんど遜色はない。目隠しで聴いたら何方(どなた)もこれがテレビの音とは信じられないだろう。

ただし、ひかりTVチューナーから「ひかりデジタルアウト」端子を使って光ケーブルでDAコンバーター「エルガー プラス」(dCS)に繋いで音だししているので、そのせいもあるのかもしれない。

ただし、いいことばかりではない。

たとえば、グールドの場合モーツァルトの「ピアノ・ソナタ」を聴くとしたら3つの楽章がバラバラに収録されているので、導入、展開、終結といった一連の流れの統一した鑑賞が出来ない。これはたいへん困るッ!

交響曲なども同じで各楽章がバラバラに収録されているので、残念なことにBGM的な聴き方しかできない。極めてマイナーな存在であるクラシック愛好家をまったく念頭に置かずに構成されていることがよくわかる。それとも既得権益を守りたい業界からの注文かもしれない。(CDなどが売れなくなるので)

その点、ジャズやポピュラー、歌謡曲はそもそも楽章が分かれておらず1曲ごとの単独収録なのでとても便利。

「エンヤ」(スコットランド)などは、100曲以上が連続して聴き流しできるし、歌謡曲も「プレイリスト」で単独収録できるので、聴く機会が多くなった。

坂本冬美の「また君を愛してる」なんかとてもいいですねえ!(笑)

読み逃げは許さん!右のランキングにタッチすること。      
 

 


この記事をはてなブックマークに追加