Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導や

2016年10月31日 | 日記
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導や鬱病防止のメンタルケアも行います。


産業看護師の募集は一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのはほぼ不可能です。


興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


そういうサイトなら、産業看護師の募集も数多く載っています。


看護師のための転職サイトの中に、祝い金をもらえるサイトが存在します。


転職してお金を受け取れるなんて得した気分ですよね。


しかし、祝い金を受け取るための条件がほとんどの場合にありますから、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。


また、祝い金を出してくれないところの方が充実のサービスな場合があります。


少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。


厳しい労働環境の中で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った看護師もいました。


たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてますます看護師の需要は高まり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。


前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。


そんな風に、再就職ができるのか、できないのかというのは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。


よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってきて、働く人も増加中です。


病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。


ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。


そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多くいるということです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産業看護師はそこで働く人の... | トップ | 看護師の勉強をするための学... »