Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看

2017年03月30日 | 日記
看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。


看護師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。


看護師の資格のための国家試験は大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。


未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。


異性から好かれる要素の多い看護師でも、独身の女性も多いです。


具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えますね。


晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、自分の出世を考えて結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。


どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人が少ない気がしますが、やはり一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。


看護師は病気の患者と接しますから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が少なくない様子が想像できますね。


他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均収入ならなんなく看護師が上回りました。


それから、看護師という仕事は医療機関を中心に需要が途切れることなくあります。


そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった得難い長所もあるわけです。


収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。


全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。


ですが国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。


公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。


準看護師だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 比較的、高い給料をもらえる... | トップ | かなり以前は、看護師はいわ... »