Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもら

2016年10月25日 | 日記
看護師としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。


それと関係があるのか、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。


ですが、とにかく忙しいです。


病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」と聞くことがあります。


給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最もいいと思います。


看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として実は、保育園があります。


こうした保育園を職場にするとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、適任の職場だと言えます。


ちなみに、どういった仕事かというと医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。


昔の看護師といえば、看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。


ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の看護師も珍しくなくなりました。


現場で求められる看護師の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。


本来女性が持っているような優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。


看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。


たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで待機すると無駄がないでしょう。


収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


看護師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。


とはいっても、メインで勤務している職場が看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護士の求人情報は豊富にあ... | トップ | 看護職員の方が仕事で転機だと »