Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝

2016年11月08日 | 日記
看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をもらえるサイトが存在します。


転職をしてお金を受け取ることができるのはラッキーですよね。


けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにする方が損しませんね。


それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実のサービスな場合があります。


かなり以前は、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に人々に捉えられていたようです。


でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であるということを知る人は多くなってきています。


何しろ看護師の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。


そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。


誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。


あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。


ですが、ここ最近においては少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。


ほんの少し前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では徐々に男性看護師も増加しています。


日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。


医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。


夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、夜中の少人数体制の中で患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近年、日本においてはインド... | トップ | かつての看護師は女性が担う... »