Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

看護師個人の都合などによって、常勤や

2017年05月16日 | 日記
看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の看護師は病院で働いています。


しかしながら、病院における看護業務の他にも、看護師の仕事は色々あります。


職場となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。


こうした職場で看護師として腕を振るう人も実際とても多いのです。


こうして、病院に限らずやる気があれば、仕事する場は多いので、ライフステージに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。


正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須です。


それが試験の受験資格でもあります。


ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、これらの学校に入学する事を目標にした予備校があるほど、難関なのです。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。


病院などで看護師という仕事に就いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なくないでしょう。


仕事そのものの失敗のみならず患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。


ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。


元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。


ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。


過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、待遇が良くなかったといった、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。


要因として現にあったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、ポジティブな印象を与える応募動機を表明してください。


看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって私は介護施設へ訪問しました。


その時、そこに勤務している看護師さんを見て、心を動かされたのが契機となりました。


大人になったら、あんな仕事をしたいと思ったことをきっかけに看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。


楽しいことばかりではありませんが、それなりに充実していると思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつも忙しく、様々な業務に... | トップ | 産業看護師は従業員の健康が... »