Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに

2016年09月18日 | 日記
引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。


まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。


この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。


しかし、看護師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も調べられているのです。


仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。


看護師になるための手段として、皆さんご存知のように、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。


学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、給料の面で専門卒より優遇されるということです。


それに対して、専門学校の利点は何でしょうか。


それは、学費が大学に比べて安いということと実習時間が多く設けられているため、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。


正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須です。


そもそも、卒業が受験資格になっているのです。


ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校受験のための予備校に通って勉強する人もいます。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。


一般的に、看護師として勤務する人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。


さらに、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。


自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。


世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は多くなってきているのです。


加えて、大会社になると看護師は医務室にもいて健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。


このような時は、この会社の正社員として入社することもありえるでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師の中でも国家試験をパ... | トップ | 皆さん想像がつくと思います... »