Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

昔から、看護師は高収入だというイメージが強いで

2016年09月15日 | 日記
昔から、看護師は高収入だというイメージが強いです。


現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より高収入を続けやすいことが目立ちます。


景気に左右されないのも強みでしょう。


高給が約束された安定した業種としては看護師を選ばない理由はないでしょう。


看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


普通の業務だけでも多忙を極めるのに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業しなければならなくなることが多いです。


しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。


さっきまで愚痴っていた人がすぐに笑顔になれるので、看護師のその様子はまるで女優のようです。


法律において、看護師というものは医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。


看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。


そうはいっても、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、経験豊富な看護師であれば、部分的に医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。


止まらない少子高齢化の影響。


とりわけ医療職に就く人たちがまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。


なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。


年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも看護師が足りていないのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。


看護士だと、求人はたくさんありますが希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。


看護師資格の保有者で就職できれば良いと思っている方は多くないでしょう。


なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う人が多いはずです。


希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病院という場所で働く看護師... | トップ | 看護師が上手く転職するため... »