Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが

2017年05月15日 | 日記
いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。


入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、病院に滞在することになります。


そこで、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代制を採っています。


他の交代制のお仕事と同様、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。


止まらない少子高齢化の影響。


医療職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。


そういった理由で現時点で看護師不足の状態なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。


毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一因だといえます。


看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進し、階級が上がることがあります。


階級として、婦長などは一般的にも分かりやすい役職だと思います。


しかし、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。


最近では、学生やパートの看護師も少なくありませんので、正看護師であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。


当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。


看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が深く関与しています。


どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。


専門職だけあって、看護師という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。


結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。


転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。


でないと、肝心の転職自体、できない恐れがあります。


例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 24時間交代の勤務、社会で... | トップ | 看護師個人の都合などによっ... »