Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみ

2016年10月18日 | 日記
夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。


でも、忘れてはいけないのが、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて給料の額が減ってしまうことが多いようです。


今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。


一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。


一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、もちろん、看護師も同様です。


町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。


これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。


最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。


職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。


実際に、私の妻もまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって悩みました。


能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。


これを行なう病院がかなり増えました。


病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測定し、評価をつけられるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


評価を行なうのは、毎月の病院や、一年に一度だけということもあります。


なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。


国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、着実に医療機関を利用する人口が増加しています。


ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。


ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師の勤務しているところ... | トップ | 一口に看護師の仕事と言って... »