Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

職場で担当する業務により、作

2017年04月21日 | 日記
職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。


そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。


そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。


なので、夜勤を希望したいと言っておけば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。


そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。


すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。


これにより、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。


お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。


きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。


看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、一にも経験、二にも経験となります。


万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。


様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。


昔の看護師といえば、看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。


ですが、ここ最近の傾向として一般的に「看護師」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。


実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師にとって大事なポイントになっています。


看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金を出してくれるサイトがあります。


転職してお金を受け取れるなんて得した気分ですよね。


ですが、お祝い金を出してもらうための条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。


それに、お祝い金がもらえないサイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数年ほど、看護師として働い... | トップ | どこの医療機関でも看護師は... »