Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。

2016年10月13日 | 日記
人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。


転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、雇用する側との面接になるでしょう。


面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。


しかし、そういった話の内容のほかに、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。


看護師としての能力に加えて、人としての良い部分もみてもらうことができれば、上出来です。


病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接しなければいけないので、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。


いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。


病院の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。


看護師に階級があるのをご存知ですか?階級が高いものは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長や総看護師長がトップにあたります。


階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが必要だと言えます。


当然ですが、階級が高い程、より多くの給料を受け取れるはずです。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。


ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。


なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。


看護師という仕事に就いていると、異業種に比べると高給です。


そういったことが起因しているかは定かではありませんが、着飾った人が多く見受けられます。


なのですが、多忙を極める仕事です。


勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。


収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最も理想的であろうと感じます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が看護師になった理由はま... | トップ | 看護師として働く人が転職し... »