Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみると

2017年01月03日 | 日記
転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。


慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、結果として、求人が大変多いわけです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。


今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。


結婚のタイミングで転職してしまう看護師もかなりの数います。


パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を検討すべきでしょう。


いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をしてしまうのが良いと思います。


イライラが溜まっていると子どもを授かりにくくなるので、注意しましょう。


給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が高くなるといえるでしょう。


あなたがもしも、良い給料で看護師をしたいというのなら勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。


夜勤の有無によって給料の差は大きくなります。


看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、6月、1月あたりが狙い目です。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、落ち着いて情報収集するのが安心です。


急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、募集案件が多数紹介される頃まで待機すると無駄がないでしょう。


多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは大きな問題です。


その原因として代表的なものは、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。


近年、看護師の医療行為が解禁されたことで看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、休みを取ることも難しいのが現状です。


また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的な認識では看護師は給料が | トップ | ナースが仕事を変えるタイミ... »