Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。けれども

2017年04月29日 | 日記
全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。


けれども国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料のアップ率も民間より高く、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合であると、看護師より平均年収が約70万円くらい下がります。


病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。


日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も行い、看護師の大半は激務をこなしているのが実情です。


男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、精神的に疲れてしまったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は理解できる話です。


一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置の方法が変わってくるのです。


配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。


今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、やる気も上がります。


看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。


面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。


雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことライバルがその分多数いると考えて、緊張感を失わず不足なく対策をたてて就職面接当日を迎えましょう。


身だしなみを整えきちんとした格好をして、元気にレスポンスすることを心がけてください。


以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。


ただ、それ程スムーズに、職場復帰が可能かどうかについては、当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。


結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。


子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻り就職をする人も少なくありません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格取得の難しさですが、看... | トップ | 病院は清潔感が大切ですが、そこ »