Krankenschwester der Arbeit

看護士についてのいろいろ・・・・

一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患

2017年05月26日 | 日記
一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。


患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を第一にすることが大切です。


職場の環境によっては、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。


キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も少なくないです。


看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。


看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を探すのは大事なことです。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が合うという人も存在するので、進んで転職するのも良いかもしれません。


看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。


面接担当官に悪印象だと、看護職員不足であるにもかかわらず不合格になる可能性があります。


当然のことながら、待遇が良い勤務先は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。


場にふさわしい端正な装いで、元気にレスポンスすることを心がけてください。


友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気を治療するため一度看護師を辞めています。


しかし、完治させた後は、現場に復帰して、医療施設で看護師として今も元気に働いています。


数か月間、仕事から離れていても、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。


私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。


看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。


どんな時やりがいを感じるかですが、元気になって退院していった患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。


そしてまた、患者さんのご家族に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、最高にやりがいを実感できます。


看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。


そういう訳で、仕事からやりがいを得られない場合は、看護師を辞めることを願ってしまうでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に、看護師は離職率が... | トップ | 職場を変わられるときにはご... »